家庭菜園でハーブを育てる&楽しんでみよう♪

ハーブは育てる楽しみ・花を見る楽しみ・香を楽しむ。 フレッシュで・乾燥させて! お料理にリラグゼーションにインテリアとして・・・楽しみ方の幅も沢山あり、種類も豊富。 そして、育て方も比較的簡単なので、初めて家庭菜園をなさるにもお薦めです。 ご自身で育てたハーブでハーブティやお料理を楽しんだり♪ オリジナルのワインやオリーブオイルを作ってみませんか♪ 

ハーブって?

ハーブとは、ラテン語のHERBA(薬草)という言葉から由来。英語では、HERB。日本語では香草、薬草など。

薬用効果・栽培する楽しみ・お料理・芳香・美容・染料・リースやドライフラワーなどクラフトに、、、オールマイティな優れた植物です。しかも、栽培が楽なので早速 育ててみませんか♪

ハーブを育ててみましょう♪

・・苗から・・

種から育てる醍醐味もありますがちょっと難しいので、苗から育てることをお薦め致します。春になると沢山の種類の苗がお花屋さんや園芸店などに並びますので、お気に入りの苗を探してみて下さい。


・・挿し木で・・

種類によっては挿し木でどんどん増やすことが出来ます。
但し、夏や冬などの根が付きにくい時期は避けて春・秋に行いましょう。

ほとんどのハーブが挿し木で増やせます。丈夫に育った枝先をよく切れるカッターかはさみで斜めに切り、1時間ほど水につけて(水揚げ)、挿し床に穴を開けて挿し木をします。挿し床には水はけがよくて清潔な赤玉土(小粒)やバーミキュライトを使用します。挿し床専用の土もあるのでそれを使用してもいいですね。直射日光の当たらない場所で常に土が乾かないように注意して下さい。 3週間くらい経ったら、そっと挿し枝を引き抜いて、根の様子を見てみましょう。小さなひげ根がでていればOK! 根が10cm位になったら鉢やプランターに植え替えて定植させます。

【元気な枝先を斜めにカットして水揚げ】



image.feely.jp

【根が出てきたら、鉢やプランターに移植します。】


image.feely.jp

【成長と収穫を待つのみ♡】

1年草と多年草(宿根草)

種類によって、1年毎に植えなくてはいけない「1年草」と、一度枯れても根が生きていて翌年また出てくる「多年草」があります。

1年草:バジル・カモミール・ルッコラ・チャービルなど
多年草:ミント・オレガノ・ラベンダー・ローズマリー・レモンバームなど。

1 2