警察小説のおすすめ傑作10選☆これを読めば日本社会が丸わかり!

警察小説の傑作と呼ばれるおすすめ作品を10選でご紹介します。警察小説というと、何だか難しそうと思うかもしれません。でもテレビドラマでたくさんやっている警察ものと同じ!分かりやすくて面白いんですよ。警察内部の人間関係や確執、政府との関係などいろいろ学べることも多く、日本社会全体の話とも言えます。ぜひ手にとって、それぞれのキャラクターの魅力を見つけてくださいね♪もっと面白い小説を読むなら『面白すぎるおすすめのユーモア小説5選!落ち込んでいる時に読むと元気が出る♪』で紹介する小説もオススメです!合わせて読んでみてくださいね。

1:マークスの山 高村薫/著

警察 小説

http://www.amazon.co.jp/dp/4152035536?tag=iremono05-22

あらすじ

昭和51年、一家心中から一人生き延びた少年がいました。同じ時、ある男は獣と間違ってスコップで人を殴り殺しました。そして16年後、時を経て事件は混じり合います。マークスと名乗るものが起こす連続殺人。それを追う刑事、合田雄一郎は警察組織の様々な障害に阻まれながらも、真実に突き当たり、そして…。

【合田雄一郎シリーズ】

☆ここがおすすめ☆

これぞ、警察小説の傑作といえるでしょう。
直木賞受賞作です。
詳細に描かれる警察内部の話、合田刑事の思考、そして正体不明のマークス。
そして、著者の重厚な語り口調にぐんぐん引き込まれていきます。

http://www.amazon.co.jp/dp/4152035536?tag=iremono05-22

2:半落ち 横山 秀夫/著

警察 小説

http://www.amazon.co.jp/dp/4062751941?tag=iremono05-22

あらすじ

警察官である梶は、アルツハイマーである妻を殺したと自首します。簡単な事件かと思われましたが、殺害後自首するまでの二日間の足取りだけを黙秘します。つまり「半落ち」の状態。警察の都合から嘘の証言をさせられたり、真相にたどり着きそうな人も阻止されたりと隠蔽が続きます。梶は空白の二日間何をしていたのか、なぜ生き続けることを選んだのでしょうか。

☆ここがおすすめ☆

死んでしまった息子と、殺してほしいと言われて殺した妻。
梶さんの気持ちを推し測るといたたまれない気持ちになります。
そして、最後にただ一つだけ大切にしたいものとは。
感動で胸がいっぱいになります。

http://www.amazon.co.jp/dp/4062751941?tag=iremono05-22

3:慟哭 貫井徳郎/著

警察 小説

http://www.amazon.co.jp/dp/4488425011?tag=iremono05-22

あらすじ

連続幼女殺人事件を追う捜査一課長佐伯と、娘を亡くし宗教にはまっている廃人、松本の二人の話が交互に登場します。全く犯人にたどり着けず、それどころか自分自身のスキャンダルを暴かれ行き詰まっていた佐伯課長。突然自分の娘が行方不明になります。佐伯と松本、それぞれの人生はどうなっていくのでしょうか。

☆ここがおすすめ☆

佐伯と松本の二人の人物の関係に衝撃を受けます。
「まさか、そんなことだったとは!」と思わずにはいられません。
最後におさまりが悪い部分があるのですが、それこそが「慟哭」というタイトルに相応しいのかもしれません。
新興宗教についても考えさせられる物語です。

1 2 3 4