2016年冬アニメおすすめ15選!これだけは見ておきたい作品まとめ

2016年冬・1月から3月にかけて放送されたアニメの中から、おすすめしたい作品を15作紹介していきます。 何を見たらいいか迷った方は、この15作の中から選択していただければ、満足いく結果になると思います。 たくさん見たいという方は、ジャンルもあまり被っていないので、是非15作見てみて下さい。

灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル Vol.1(初回生産限定版) [DVD]

細谷佳正, 吉野裕行, 島﨑信長, 落合福嗣, 小松未可子

東宝

http://www.amazon.co.jp/dp/B01AJGABJY?tag=iremono05-22

〈あらすじ〉

「目覚めよ」という声を受けて目を覚ましたハルヒロは、自分がどこともしれない闇の中にいること、そして名前以外の何も思い出せないことに気付く。同じ境遇の12人が揃って外に出ると、そこは赤い月が照らす地「グリムガル」であった。

グリムガルという世界で、生きていくことを強いられた、ハルヒロは、マナト、ランタ、ユメ、シホル、モクゾーと共に、パーティーを組むことに。
そして、義勇兵になるため、スキルを習得し、金銭を得るためにゴブリンと戦うが、一筋縄ではいかず・・・

ゴブリンとの生々しい命と命のやりとりを体感せよ!

当作品は、とてもリアルさを求めた作品となっていて、ファンタジーの世界ではあるものの、特別強いわけでもなく、普通の人間がスキルを習得し、少し強くなった程度です。
モブキャラとして、よく知られているゴブリンを倒すのも至難の業。
そんな、ゴブリンとの戦闘が、とてもリアルで生々しく、緊迫した命と命のやり取りに、息が止まるほどです。
人間であるハルヒロ達は、生きるために必死になることはもちろん、ゴブリンも必死に生きているんだというのが、ひしひしと伝わってきます。
今までには味わえない命のやり取りを、是非体感してみてください。

綺麗な世界観と曲に注目!綺麗な作画と世界観が好きな人におすすめ

風景や街並みと、細かいところまで綺麗に描かれていて、灰と幻想のグリムガルでしか出せない世界観となっています。
また、非常にゆっくり進むストーリーも際立っています。

そして、その世界観を強く表しているのは、綺麗な作画だけではありません。
作中に流れる挿入歌も、その一つです。

特に初めてゴブリンを倒した2話では、前半に生々しいまでの死闘を描き、その後、挿入歌「seeds」がフルで流されました。
挿入歌と綺麗な街並み、ハルヒロたちの行動のみで、会話などは一切ありませんでした。
更に、そのままEDへ。
これには、意表を突かれましたね。

近年では非常に珍し構成ですが、まるでジブリ作品の様で、素晴らしい作品です。

虹色デイズ

【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「虹色デイズ」1巻 (全巻購入特典:「全巻収納BOX」引換シリアルコード付)[DVD]

徳間ジャパンコミュニケーションズ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11