自然に泣けるアニメ11選!泣いてスッキリしたい人におすすめ

<2017年7月 最新情報を追記しました!>

おすすめの泣けるアニメを厳選して紹介します! 今回は、ストーリー・世界観に引き込まれているうちに、自然と泣けてしまう、そんなアニメを10作品集めてみました。重ための作品よりは、どちらかと言うと、明るさや心温まる要素が多い作品をチョイスしてみました!休日に泣いて、ストレス発散したい人におすすめです

プラスティック・メモリーズ(全13話)

51Sr8jX7ZTL

プラスティック・メモリーズ 1【完全生産限定版】(イベントチケット優先販売申込券付) [Blu-ray]

内匠靖明, 雨宮天, 赤崎千夏, 矢作紗友里, 豊口めぐみ

アニプレックス

http://www.amazon.co.jp/dp/B00VWX66E8?tag=iremono05-22

〈あらすじ〉

人間とアンドロイド「ギフティア」が共に暮らす近未来。

大学受験を失敗した、主人公ツカサは、親のコネのみで、安易にギフティアに関わる仕事に就くが、配属されたSAI社「ターミナルサービス課」で、待っていた仕事は、ギフティアの回収。

ギフティアには、見た目も心も人間と変わらないアンドロイドだが、81920時間・約9年と言う寿命が存在していて、その寿命を超えると、ギフティアは自我を保つことができなくなり、ワンダラーと化し、人を襲ってしまうことから、回収は最重要任務である。

ツカサは、パートナーとなったギフティアのアイラと共に回収をしていく。

親・子供・恋人など、色んな形で築き上げてきた関係がたくさんあり、その時間・想い出を、引き裂かなければいけないことに、ツカサは心を痛める。

回収時には、必ず契約者自らのサインが必要となり、ギフティアを所有する人間には、2つの選択が課せられる。

① そのままの外見で、人格を入れ替え共に暮らし続ける(記憶・想いでもリセット)
② お別れする。

会社の仲間たちと共に、哀しみを乗り越え、回収していく上で、経験を積み、未熟ながら成長していくツカサ。

だが、パートナーである、アイラの寿命も残りわずかだと知ることになり・・・

ここに、切なくて大切な瞬間が繰り広げられる。

人とギフティアの絆に泣ける!

さまざまな形で繋がる、人とギフティアの心と心。
その絆に泣かずにはいられません。

離れないといけないとわかっていても、離れたくない人。
思い出を胸に、哀しみに堪え、笑顔でお別れする人。
現実を受け入れられず、共に逃げ出してしまう人。
人格が変わっても、何度も一から関係を築いていく人。

たくさんの物語に、感動させられます。

同じく、人とギフティアの関係にあり、お別れが待っている、ツカサとアイラの関係にも大注目!

こんな人におすすめ!

この作品は、性別年齢問わず、誰にでもおすすめしたい作品です。

誰が見ても、間違いなく泣いてしまうのではないかと思っています。

普段、アニメを見ないという大人の方でも、感動間違いなし。

最初から最後まで、全13話泣きっぱなしになるので、ハンカチ・ティッシュは必須です。

作品概要

原作・脚本:林直孝
監督:藤原佳幸
ジャンル:SF・ラブコメ

林直孝さんによる、オリジナルアニメです。

〈キャスト〉

ツカサ:内匠靖明 ⇔ アイラ:雨宮天
ミチル:赤崎千夏 ⇔ ザック:矢作紗友里
カズキ:豊口めぐみ ⇔ コンスタンス:日野聡
ヤスタカ: 津田健次郎 ⇔ シェリー:愛美

四月は君の嘘(全22話)

515w5vrweJL

四月は君の嘘(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

新川 直司

講談社

http://www.amazon.co.jp/dp/4063713016?tag=iremono05-22

〈あらすじ〉

椿と渡と共に、平凡な日々を送っていた公生。

1 2 3 4 5 6 7