洋画ならではの大スケール!ハラハラするのに感動するSFサスペンス映画10選

SFといえばやはりスケールの大きな舞台やストーリー!けれどそんなSF作品の中でも、ハラハラするサスペンス要素もあり、ラストには感動すら覚える「SFサスペンス」というジャンルには良質な作品が多くあります。ここではハラハラメーター限界200%と、SFサスペンス要素、そして感動ポイントをまとめています。SFというジャンルが苦手な方にこそ観てほしい!

1)インターステラー(2014)

ノーラン兄弟による脚本で、クリストファー・ノーラン監督の長編映画11作目のヒューマンドラマであり、科学考証の正確さを高評価された本格SF作品。別の銀河系へ有人惑星間航行(インターステラー)する宇宙飛行士たちのチームが、人類存亡をかけて宇宙の未知に挑む物語です。

15361baa-a31a-4e52-b629-91b52417791d
www.amazon.co.jp

《ハラハラメーター》120% 宇宙の中で人の一生という限られた時間をどう活かせるか?父と娘の次元をも超えた絆に感動必至!「愛」は時空を超える!

【SFサスペンス要素】
パイオニアの一人マン博士との息詰まる生死をかけた争いがハラハラピーク!

①重力波と二進数
元宇宙飛行士のクーパーは、娘のマーフが自分の部屋の本棚の異変を幽霊の仕業だと言うのを、科学の力で解き明かそうと諭し、異変は重力波を使った二進数のメッセージではないかと考えます。二人がそれを解読して謎を追う過程にドキドキします!

②ワームホールとブラックホール
NASAが計画した“人類の新天地”となる星を探すラザロ計画のパイロットとなって、エンデュラス船で地球を飛び立ちます。ラザロ計画のパイロットとして水の惑星を見つけたミラー飛行士に会うため、ワームホールを通り抜けますが、水の惑星はブラックホール“ガルガンチュア”の周りを公転していました。ワームホールとブラックホールをアインシュタインの一般相対性理論に基づいて、SF映画として忠実に映像化した初めての作品です!

③特異点と五次元
人類を救うために、スペースコロニーを作るために必要なブラックホールの特異点のデータ。それを地球の三次元空間で解明しようとしているマーフに、ガルガンチュアに突入しデータを手に入れたクーパーは必死に伝えようとします。しかしクーパーが到達した未知の多次元空間ではマーフに直接伝えることはできないのです…四次元+「愛」こそが五次元の世界なのかもしれません!

2)ゼロ・グラビティ(2013)

アルフォンソ・キュアロン監督によるSFサスペンス映画で、宇宙を舞台にしたヒューマンドラマです。実際の宇宙空間に近い描写ではありますが、科学的考証より映画的演出をメインとしたため非常に緊迫したシーンの連続で、最後まで手に汗握るSFサスペンスの傑作になったと言えます。

b972ff51-44d2-49a0-b88e-bc987225cde8
www.amazon.co.jp

1 2 3 4 5 6 7