短期間で出来る!シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方

柔らかな色合いがとっても可愛いドライフラワー♡お店で購入することもできますが、自分のお気に入りのお花を自分でドライフラワーにすることもできるんですよ♪でも「ドライフラワーを作るなんて時間がかかりそう」と思いませんか?これが「シリカゲル」を使えば簡単に作ることができるんだとか。今回はシリカゲルを使ったドライフラワーの作り方を詳しく解説していきます!

シリカゲルで作る簡単ドライフラワー♡

シリカゲルとは?

いきなり「シリカゲル」と言われても、ピンとこない人も多いかもしれません。
しかし、誰もが必ず一度は見たことがあるはず!
シリカゲルはおせんべいや海苔などの乾燥を防ぐために入っている乾燥剤のことです。
シリカゲルは純度の高い二酸化ケイ素で作られており、水分を吸湿することで空気を乾燥させる力を持っています。
加熱をすると何度も吸湿性を取り戻すので、シリカゲルは再利用もできるアイテムなんですよ♪

シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方【大きな花・花びらが多い花編】

まずはカーネーションなどの花びらが多いお花やバラなどの立体的なお花をシリカゲルでドライフラワーにする作り方をご紹介しましょう!

大きいお花は「粉末タイプ」のシリカゲルを用意

大きくて立体的なお花をドライフラワーにする時は「粉末タイプ」のシリカゲルを用意してください。
細かい粉末が花びらの隙間までしっかり入り込むので、お花のすみずみまで乾燥させることができます。
シリカゲルとお花の他に用意するアイテムはコチラ♡
・ハサミ
・ピンセット
・蓋つきのタッパーやガラスジャー(深めで大きいタイプのものがおすすめです)
これらを用意したら、早速シリカゲルでドライフラワーを作っていきましょう。

作り方はいたって簡単♪
まずは容器の高さ3センチ程のシリカゲルを入れます。
そして、ドライフラワーにしたいお花を茎2センチだけ残して切り、茎を中までしっかり埋め込んでください。
その後、上からもシリカゲルをかけ、しっかり蓋をし冷暗所で1週間保管すれば完成です。
上からシリカゲルをかける際は、花びらの隙間にまで入り込むように、ピンセットで花びらを動かしながらシリカゲルをかけていってくださいね。
保管して1週間経ったら、シリカゲルをよく落とすのも忘れずに♡

1 2