1年中大活躍!空気清浄機の選び方&おすすめ空気清浄機5選

風邪が流行する冬は、空気中のウイルスをできるだけ除去しておきたいものですよね。ウイルスだけでなく、花粉やPM2.5対策にも空気清浄機は大活躍!空気清浄機は1年中使いたいアイテムです。しかし、いざ「買おう!」と思っても種類が多くてどれを選べばいいのかわからないという人も多いはず。そんなあなたのために、今回は空気清浄機の選び方&おすすめ空気清浄機についてご紹介していきます。

空気清浄機の種類を知ろう!

国内大手メーカーに多い「ファン式」


ファンを回し、空気をフィルターでろ過して空気をキレイにするファン式は、国内の大手メーカーの主流です。
ただし、モーターでファンを回すため、モーター音が気になるというデメリットもあるようです。

とっても静か「イオン式


イオン式の空気清浄機はプラスがマイナスに引き寄せられる原理を用いたタイプ。
高圧放電により、チリやホコリを集じんします。
電気の力だけなので、ファン式に比べ集じん力は落ちますが、音はとっても静かなのが特徴です。

空気清浄機ってどんな力があるの?

空気をキレイに「集じん」


チリやホコリだけでなく、花粉やダニ・PM2.5などの汚れた空気を集じんし、キレイな空気に変えるのが空気清浄機の役目。
国内大手メーカーに多いファン式は、ファンで空気を吸引し空気を清浄していくのでイオン式に比べ、集じん力が高まります。
最近販売されているものは集じんに合わせ、部屋の脱臭をする機能も搭載されているようです。

空気をキレイにしながら乾燥も防ぐ「加湿」


空気清浄と共に加湿器の役割も搭載された空気清浄機が主流になってきています。
加湿効果も本格的なものが多く、加湿と共にイオンが放出されるタイプのものも販売されているようです。
加湿することでチリやホコリの舞い上がりも防ぐことができますので、とってもおすすめの機能と言えます。

まだまだある!買う時に考慮したいポイント

フィルター&適用床面積


一般的な空気清浄機にはプレフィルター・脱臭フィルター・集じんフィルター・加湿フィルターが設置されています。
10年間交換不要というタイプのものもあれば、1年ごとに交換しなければならないというタイプのものまで様々。
交換が面倒という人は10年交換不要タイプのものがおすすめです。
ただし、お手入れはしっかりしなければいけませんよ!

また、適用床面積の広いものを選ぶのもポイントです。面積が広い程素早く空気をキレイにすることができます。

購入しようと考えている空気清浄機は「どんなフィルターを使っているのか、適用床面積はどのくらいか」というのも考慮ポイントにつけ加えてくださいね♪

コスト&大きさ


1 2 3