LET’S DIY!オシャレで雰囲気のある素敵なドアの作り方

お部屋のインテリアの要ともなる「ドア」。 ドア1つで印象がかなりかわるものです。こんなドアだったらな〜、って考えた事ありませんか? 今回は、そんな「ドア」を素敵にDIYしている事例をご紹介していきたいと思います。実はドアのdiyって意外とカンタンなんですよ!DIY初心者でもすぐに真似できるのでお試しください。ドアDIYに関する『ドアだって簡単にリメイクできる!おしゃれなデザイン方法を紹介♪』も参考になるので、合わせて読んでください!

作ってみよう!木製ドア(作り方)

まずは、ドアの構造からみていきたいと思います。

ドアの構造は様々ですが、1からDIYする場合「フラッシュ構造」で作るのが一番簡単かと思います。

フラッシュ構造とはどんなものでしょうか?

ベニア板2枚を角材2本で挟んで作ってある構造のことです。

中が空洞になっているので、「軽くて安い」んです。

材料
・角材(ドアの縦の部分用)×2本
(ドアの横の部分用)×5本
・ベニア板(ドアの両面分)2.7ミリ・・・2枚
・端材(ドアノブ受け用)1枚
・断熱材(スタイロフォーム)・・・入れなくても良い
・ボンド
・カリクギ
・好みのドアノブ
・電動ドライバーと穴あけ用ビット
・ビス

大里 仮釘K-1カリクギ K-1(135) 中身入数(約) 135本 (HP-495)
パーツハウス

1、まず、木枠を組んで、間にスタイロフォームという断熱材を入れて行きます。
スタイロフォームは、カッターで軽く切れ目を入れてから、手でぱきっと折ると簡単に切れますよ。
断熱材を使わない場合は、空洞のままでOKです。

2、ベニア板を片側だけ木工ボンドで接着します。
ボンドが完全に乾いたら、窓枠を裏側からカッターナイフで切ります。

3、もう片側のベニアも木工ボンドで固めます。

ポイント
ドアはボンドを塗る箇所が多く、早く塗らないと片っ端から乾いていってしまうので、可能であれば数人でいっきに作業すると効率よく仕上げられると思います。

1 2 3