おすすめのディズニー・ピクサー長編アニメ映画15選!休日にまとめて観よう

ディズニー映画はピクサーと共同制作しています。2016年3月12日公開予定の新作映画『アーロと少年』も待ち遠しいディズニー・ピクサー作品ですが、全作品観たことはありますか?昨年公開した『インサイド・ヘッド』もDVD/BDともに発売されていますし、見逃しているディズニー・ピクサー作品を観ておきたいですね!ここでは『トイ・ストーリー』から『インサイド・ヘッド』までの長編15作品をご紹介します!

『トイ・ストーリー』(1995)

《世界初のフルCG長編アニメーション映画!「史上最高のアニメ映画50」第1位!》


https://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-MovieNEX-%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC-MovieNEX%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-Blu-ray/dp/B00FF4I1JS/378-7356997-7953934?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ディズニー配給・ピクサー制作の長編アニメ映画第1弾で、監督はジョン・ラセター。1999年には『トイ・ストーリー2』、2010年には『トイ・ストーリー3』とシリーズ化されました。その後もスピンオフ作品が3作制作され、2018年にはシリーズ新作『トリ・ストーリー4』が公開される予定です!

〈観どころ&聴きどころ〉

少年アンディのお気に入りのおもちゃたち―実は彼らは生きていたのです!自由に動いて話せるおもちゃたちの大冒険を描いた「トイ・ストーリー」シリーズの見どころは何と言っても、個性的なおもちゃたちの動き!今はフルCGアニメの認知度も高いですが、この作品の公開当時はまだ“フルCG”の意味も意義もあまり浸透していませんでした。当時感嘆したのはスリンキー・ドッグの腹のバネの動きです!
また今でもシリーズで当たり前のように聴いている主人公ウッディーとバズ・ライトイヤー二人の声は、原語版ではトム・ハンクスとティム・アレン、日本語吹替版では唐沢寿明と所ジョージですね!このコンビはもう定番。もう一つの定番はテーマ曲「You’ve got a friend in me」で、ランディ・ニューマンとライル・ラヴェットのデュエット曲です。日本語版ではダイヤモンド☆ユカイが「君はともだち」として歌っています。

https://www.youtube.com/watch?v=nMN4JZ8crVY&feature=youtu.be

〈人気キャラとトリビア〉

『トイ・ストーリー』の人気キャラと言えばもちろん、アンディ一番のお気に入りのカウボーイ人形ウッディと、彼のライバルとなるスペースレンジャー人形のバズ!二人の友情物語でもあります。
この作品に登場するおもちゃには実際にアメリカで販売されている実在のものが多数あります!中でも特に印象的なものは、ホットウィールやMr.ポテトヘッド、動きが面白いスリンキーやバレル・オブ・モンキーなどなど―よく知っているおもちゃが動いてしゃべるなんて子どもたちにとっては夢のようですね!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15