初心者向け!アンプの基礎知識から、自宅練習におすすめのギターアンプまでご紹介します!

そもそもアンプとは何なのかに始まり、アンプの基本的な使い方、選び方、自宅練習におすすめのギターアンプも多数ご紹介していきます! これを読んだら、基本の基本は身に付くかも?!

そもそもアンプとは

「アンプ」とは、「アンプリファイア」が略されたものであり、この言葉は「増幅」の意味を持ちます。
入力された電子信号を増幅してくれる機材、ということです。
アンプは、スピーカーとは違うものです。

スタジオでよく見るあれ


http://ecx.images-amazon.com/images/I/71NHhWiKmXL._SY355_.jpg

そう、これです。
かっこいいですよね!

この形のものを「 スタックアンプ」と言い、この上の部分を「アンプヘッド」、下の部分を「キャビネット」と呼びます。

「アンプヘッド」だけでは音は出ません。
「キャビネット」が、スピーカーとなります。

コンボタイプ


http://ecx.images-amazon.com/images/I/41JN1l8MEsL.jpg

コンボタイプとは、アンプヘッドとキャビネットが一体になったもののことです。
大きさもさまざまですが、アンプヘッドとキャビネットが分かれているものに比べたら、断然持ち運びが便利ですよね。

ではなぜ、わざわざ持ち運びにくそうなスタックアンプも普及しているのか?

コンボタイプでは、きまった音しか出せないでしょうが、「アンプヘッド」「キャビネット」が別になっていると、このアンプヘッドとこのキャビネットを組み合わせた音がいいんだ!
というように、個人の趣味によってカスタムをすることがでるんです。

あとは、「アンプヘッド」「キャビネット」が分かれていると、会場のキャパシティに合わせてスピーカーの数や大きさを選べるというメリットがあるようです。

あと、見た目もかっこいいですしね!
そんな理由か、というように思うかもしれませんが、これって実は、ライブステージでかなり大事なことではないでしょうか。

ステージ上では、小さいアンプでライプしているより、迫力のあるアンプを置いた方が雰囲気も出るというものです。

雰囲気は大事です!

1 2 3 4 5 6 7