音楽小説のおすすめ10選☆本から聴こえる音楽に耳を澄まそう♪

今回は音楽小説を10選でご紹介します♪音楽をテーマにした小説は、若々しく、でも少しほろ苦いような話が多い気がします。吹奏楽やオーケストラの物語があったり、実際にある有名な曲にまつわる話だったり。どれも読んでいるうちに、頭の中に音楽が鳴り響いてきます。音楽好きの人も、特に興味がない人も、もっともっと音楽が好きになること間違いなしの選りすぐりの小説たちです。音楽小説以外にも興味がある人は『一度は読んでおきたい!おすすめベストセラーの海外小説まとめ』も合わせてご覧ください!ぜひ読んでみて下さいね。

1:くちびるに歌を 中田 永一/著

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%82%8B%E3%81%AB%E6%AD%8C%E3%82%92-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E7%94%B0-%E6%B0%B8%E4%B8%80/dp/4094088814?ie=UTF8&tag=iremono05-22

あらすじ

長崎県五島列島にある中学校の合唱部で、顧問の松山先生が産休に入ることになりました。代わりに一年間顧問をすることになったのが松山先生の友人、柏木先生。合唱部は今まで女子だけでしたが、美人の柏木先生目当てに7人の男子生徒が入部してきます。Nコンに向けて練習する生徒たち。柏木先生は課題曲「手紙~拝啓十五の君へ」を理解するために、彼らに15年後の自分へ手紙を書くようにといいます。その手紙から見えてくるそれぞれの思い、秘密と、男子部員がいることによる反目や恋愛。Nコンまでの日々が描かれます。

♪ここがおすすめ♪

実際にNコンの課題曲となった、アンジェラ・アキさんの「手紙~拝啓十五の君へ」がテーマ音楽です。
中学生から見た15年後というのは、今まで生きてきた倍。
おそらく想像も及ばない年月ですよね。
子どもたちの成長を微笑ましく見守ることができます。
何のために歌うのか…素晴らしい青春小説です♪

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%82%8B%E3%81%AB%E6%AD%8C%E3%82%92-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E7%94%B0-%E6%B0%B8%E4%B8%80/dp/4094088814?ie=UTF8&tag=iremono05-22

2:楽隊のうさぎ 中沢 けい/著

https://www.amazon.co.jp/%E6%A5%BD%E9%9A%8A%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%B8%AD%E6%B2%A2-%E3%81%91%E3%81%84/dp/4101072310?ie=UTF8&tag=iremono05-22

おすすめ

小学校でいじめられていた奥田克久は、中学進学後吹奏楽部に入部します。いじめから心を守るために身に付けた方法は、心を閉ざすこと。そんな克久でしたが、毎日毎日吹奏楽の練習に励んでいくにつれ、その気持ちも消えていきます。顧問のベンちゃんとともに普門館を目指す中学生たちの姿、克久の成長が生き生きと感じ取れます。

♪ここがおすすめ♪

中学の時に部活に打ち込んでいた自分、何もかもが輝いていたあの頃。
そういったことを思い出させる作品です。
全国大会の描写が素晴らしく、指揮者との一体感など目の前で演奏が行われているように感じます。
克久とその親、周りの人の成長物語を存分に楽しめます。

1 2 3 4 5 6