カラーボックスでお気に入りベッドを作っちゃお!事例&作り方まとめ

お気軽DIYの代表といえば「カラーボックス」を使ったDIYですよね♪扉を付けたり、色を塗ったり、組み合わせたりと自由自在でお値段が手ごろで強度もあるのが魅力的です。カラーボックスならキッチンのリメイクだってできるんですよ!(詳しくは『カラーボックスでキッチンカウンターが作れる!?』を参照下さい。)今回はそんなカラーボックスを使ったベッドの作り方をご紹介いたします。

カラーボックスってどんなもの?

カラーボックスってなんでこんなに安いんだろうって思ったことはありませんか?
それにはこんな理由があります。

カラーボックスは三六合板(3尺×6尺=約90×180cm)をカットして最も歩留まりが良い(無駄がない)寸法で作られる。そのため外形寸法は幅450×奥行300×高さ900mm以下が基準となっており、また低価格で提供することができた。

http://www.cbex-interior.com/html/colorbox.html

また、素材は主に木材チップを固めたMDFと呼ばれる合板なのでお手頃な上にそりがない家具に適した板でできています。
本当にぴったりですよね。使用するカラーボックスはニトリをはじめ、家具屋さんに足を運べばカンタンに安くで手に入れられます。高さも自由に選べるのもポイントですね!

ベッドにおススメのカラーボックス

いろんなメーカーのカラーボックスがあって、作りたいものに合うカラーボックスを選ぶのも楽しみの1つですが、ベッドに使うとしたらやっぱり丈夫なもの、というのがポイントですよね。
そこでおススメなのが「アイリスオーヤマ」のカラーボックスです。
アイリスオーヤマのカラーボックスは板が中空ではないので、どこでも釘が打てるということと、重さはありますがその分強度がバッチリです。

「アイリスオーヤマ」のカラーボックス

カラーボックス ベッド

ベッドのサイズは?

一般的にベッドのサイズはというとセミシングルで、80~85×195~200cm、シングルで、97×195~200cm、セミダブルは120~122×195~200cm、ダブルは、140×195~200cmとなっています。
また、気楽にベッド生活を楽しみたい!という方にはマットレスではなく敷布団で試してみるのもアリ!ですよね。
布団のサイズは2段ベッド用の布団なら97×195cm、シングルなら100×210cmが一般的です。
そこで今回はシングルサイズのマットレスや布団で作ったらすぐ試せるサイズのベッドの作り方をご紹介いたします。

カラーボックスでベッドを作ろう

カラーボックス ベッド

A4ファイルサイズ用の3段 CX-3Fは 商品サイズが幅約41.5×奥行約29×高さ約101.5あります。
ベッドの幅100㎝なので高さを合わせるとちょうどピッタリくらいです。
幅41.5㎝のものを5つ並べると207.5㎝です。
マットレスには問題ありませんが布団サイズですと若干足りないので、もう1つプラスして大きめのものを作るか側面の板だけ利用して利用するのもOKです。
板の厚さは1㎝なので2枚分で2㎝、全体で209.5㎝になります。

ベッドの下の収納

カラーボックスでベッドを作るときに思い浮かべるのは、やっぱりベッド下の収納でしょう。
雑誌やちょっとしたものを置きたいのか、普段使わないものをデッドスペースの有効利用として使うのかにもよります。

1 2