悩んでいる人も思わず笑っちゃう!元気になれる映画8選

もう、どうしても立ち直れない!そんな時に見たい元気になれる映画をご紹介します。画面の中に引き込まれて、思わず笑いたくなってしまう楽しい映画、自分の悩みが小さく見えてくるかも知れませんよ!

アバウトボーイ


www.amazon.co.jp

人生なんて、お金と時間さえあれば1人でも楽しく暮らしていける。そう思っていた主人公が、1人の少年との出会いによって、人との繋がりが大切だと気づくお話。見ているだけで元気になれる映画です。説教臭くなく、さらりとしたコメディタッチで描くイギリス映画、原作はニック・ホーンビィの小説となっています。

主人公のウィルは、36歳の独身男性、親からの父親の残してくれた印税で生活していけるので、働いた経験がありません。そんな彼の前に、学校で苛めにあっているマーカスが現れます。いつもなら、人に興味がないウィルですが、目の前で苛められているマーカスをなんとかして上げたいという衝動にかられ、その事をきっかけにウィルの心が変化し始めます。実際の台詞と思っている事が違うウィルの心の声と、マーカスの本音の声がなんとも可笑しい映画です。

キツツキと雨


www.amazon.co.jp

自分の作品に自信が持てない監督と、何事にも一途で純粋な木こりとの出会いの話。監督を小栗旬、木こりを役所光司が自然な雰囲気で演技、思わずプッと笑いたくなってしまう元気になれる映画です。

木こりとして真面目に働いている克彦、妻とは死に別れ、息子ともそりが合わない生活を送っている。そんな彼の元に、新人監督率いるゾンビ映画の撮影隊が現れ、エキストラとして参加するハメとなる克彦。始めはしぶしぶ動いていたが、次第にいきいきと映画の作る楽しみを知ることとなった。そんな克彦と、自信のない新人監督との面白くおかしい交流、バカバカしくも心温まる映画です。

川の底からこんにちは


www.amazon.co.jp

どうしようもない生活から、這い上がる主人公をみていると、思わず元気になれる映画。
現在、女優として引っ張りだこの満島ひかりの代表作、監督の石井裕也とはこの映画きっかけに結婚しました。

OL5年目となる佐和子は、上司からはいいように使われ、恋人の健一がバツイチで子供がいる真実を告げられる。それでも、仕方ないと妥協だらけの生活を送っていた佐和子が、父親の入院によって、家業のしじみ工業を継がされることから変化が始まる。
健一が、佐和子の友達と浮気し姿消したことを知ると、佐和子が開き直った!「自分は大した人間じゃない、だったら頑張るしかない」と前向きに走り出していく映画、独特の雰囲気の映画観に、どんどん引き込まれていきます。

ブリジット・ジョーンズの日記


www.amazon.co.jp

世界各国で有名になった小説「ブリジット・ジョーンズの日記」を映画化した作品。独身OLが32才になった時、若い時みたいに扱われなくなってくる事実を赤裸々に、日記風に描いたブリジット・ジョーンズの本音は、元気になれる映画そのものです。

1 2