学び方にもコツがある!イギリス英語の勉強におすすめの海外ドラマ5選

イギリス英語の勉強におすすめの海外ドラマを5つご紹介します。日本に居てもイギリスの作品を積極的に英語学習に取り入れることで、イギリス英語特有の格式高いRP(容認発音)が自然と身に付きます。ドラマをただぼーっと観ているのではタメになりませんから、勉強に役立つ学習ポイントと共に各作品の特徴をチェックしていきましょう。

海外ドラマで英語を勉強する際のポイント


日本ではアメリカ英語が浸透していますが、格式高いイギリス英語を学びたいと思う人が多いようで、アメリカでもイギリス英語に憧れる人が沢山います。面白いのはイギリスの隣国フランスですらアメリカ英語を話す人が多いことで、それはやはりハリウッド映画やアメリカのドラマを観て英語を上達させた人が多いことが関わっているでしょう。特にイギリス英語特有のポッシュ(上流階級)性にはRPと呼ばれる発音様式が関わっており、それを学ぶにはやはりイギリスの作品を選ぶ必要があります。

海外ドラマで英語を学ぶ際の心得としては、発音をメインに学ぶということです。手順はまずは日本語字幕で内容を理解する必要があり、その後字幕も英語にして発音を細かくチェックしていきましょう。リスニングの強化をしながら反復練習によるスピーキングで上達を目指すのがよいのではないでしょうか。その際に聞きなれない単語やフレーズがあれば習得が可能です。また、個々のレベルに合った作品選びをしましょう。

この勉強法は単語や文法はある程度身に付いていないとついていけませんし、字幕なしでも内容はある程度理解できることが前提ですので、最低でもTOEIC450点〜600点が目安でしょうか。自主学習も必要ですし聞き流しているだけで英語をマスターすることは不可能と言えます。

ダウントン・アビー

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%93%E3%83%BC-DVD-%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%8D%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB/dp/B00JO2NC2I?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ダウントン・アビーは日本にイギリス英語ブームをもたらした作品と言えるでしょう。ただ、ダウントン・アビーで使われているクイーンズ・イングリッシュは、現代のイギリス社会で一般的に使われている英語ではなく、女王や一部の上流階級の人が使うものです。実際に、日本でダウントン・アビーから英語を学ぶレッスンが流行っているとデイリー・メール誌が報じた記事には「実用的ではないのに」や「ポッシュな英語を話す必要があるのか」などの批判的なコメントが多く寄せられていました。現国民の3パーセント程にしか使われていないので無理もありません。とはいえ、イギリス英語の格式の高さ「ポッシュ性」を学ぶのが目的ならこの作品はおすすめです。英語学習初心者は他のイギリス英語と聞き比べながら観るのがよいでしょう。

1 2 3 4