フジロック2016に行くなら知っておきたいこと!初心者向けまとめ

初心者の方向けにフジロックについての説明、服装、持ち物、宿泊、駐車場、フェスの様子をご紹介していきます。 音楽の他にも、大自然、フェスごはんなどの楽しみ、そして夜のフジロックも幻想的でとても楽しめるんですよ。

フジロックとは

フジロックは、山林に囲まれた大自然の中で開催される、日本最大規模の野外音楽イベントです。
新潟県湯沢町の、苗場スキー場で開催されます。

とても広い会場に、国内外のミュージシャンが200組以上出演する音楽フェスです。

会場でチケットをリストバンドと交換するので、みんなリストバンドをつけているんです。

大自然の中で見るライブ、素晴らしいですね!

ステージがいくつもあり、大小複数のステージで同時進行で演奏が行われるので、全てのミュージシャンの演奏をきくことはできません。

見たいミュージシャンをしぼって、ステージを歩いてまわる感じです。

ちなみに、演奏ステージの数は、フェスの回を重ねるごとに増え続けています。

フジロックでは、森林浴やキャンプなどのアウトドアを満喫することができるので、ライブを見るためというよりは、フェスそのものを楽しみに来る方もいるんです。


フジロックには、環境に配慮する姿勢や、社会のことを考えてみたりするきっかけがちりばめられています。

また、世界一クリーンなフェスともいわれ、参加者がゴミの分別や、ポイ捨てをしないことなどに協力的です。

全体的に和やかな雰囲気で、リピーターの多い人気フェスです。
会場が大自然の中にあるため、宿泊費、移動費などがそれなりにかかることもあって、他のフェスと比べると若い世代が少ないです。

フジロックは、「自分のことは自分で」、「助け合い・譲り合い」「自然を敬う」、そして音楽と自然を楽しみ、出演者、来場者、スタッフの全員でつくり上げるフェスです。

大自然の中で音楽を楽しむことができ、治安がよく、参加者の態度もよく、居心地のいいフェスなのですが、分煙されていないことが問題として挙げられます。

どんな服装をしたらいいのか

フジロックにどんな服を着ていけばよいかですが、大自然の中で行われるフェスなので、ハイキングのようなものだと思うとよいでしょう。

夏フェスと言えば、突然雨が降ったり雷が鳴ったりは当たり前ですが、フジロックは山奥で開催されるので、より過酷な状況にさらされます。

ステージごとに距離があり、全体としてかなり歩くので、ピンヒールなどをはいて行くと、痛い目にあいます。

日焼け、虫さされも考慮すべきです。
派手な柄のレギンスをはくのも、可愛いのでおすすめですよ。

急に雨が降ったら、泥がついたら、そういったリスクを考慮して、洋服や靴を選びましょう。

女性は、山ガール系の服装はフジロックにはぴったりですね。

靴は、ブーツをはいている方が多く、おすすめです。
ぬかるんだ道でも大丈夫な上に、とても可愛いデザインのもものありますよ。

1 2 3 4 5