おすすめの剣道小説7選!かっこいい剣道の世界に浸る

剣道部が舞台、剣士が主人公、そんな小説をおすすめ7選でご紹介します。剣道といえば、中高生時代に部活を見ていても、大変そうだなとか、きつそうだとか、そんな興味しかなかったかもしれません。実際そうなのかもしれませんが、剣道は人格を究める素晴らしいものでもあるんですよ。といっても小説は面白く読める青春小説ばかり。剣道を知らなくても全く問題ありません。もちろん剣士の方も読んでくださいね♪

武士道シックスティーン 誉田哲也/著

武士道シックスティーン (文春文庫)
誉田 哲也
文藝春秋

シリーズ

・武士道セブンティーン
・武士道エイティーン
・武士道ジェネレーション

☆あらすじ☆

愛読書は宮本武蔵の「五輪書」だという、勝ちにこだわり一生懸命な香織。一方楽しいし好きだからやる、お気楽不動心の早苗。同じ高校剣道部に所属する二人の少女の熱い思い、戦い、成長が描かれます。

☆おすすめポイント☆

文章の書き方がうまいので、とてもテンポよく読み進められます。
剣道を知らなくても本当に面白い小説!
全く趣の違う二人の女の子が、どう成長していくのか。
胸が熱くなる場面も多くて、何度も読み返したくなります。

https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%AA%89%E7%94%B0-%E5%93%B2%E4%B9%9F/dp/4167780011?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ひかりの剣 海堂尊/著

ひかりの剣 (文春文庫)
海堂 尊
文藝春秋

☆あらすじ☆

ドラマや映画でもお馴染み、「チームバチスタ」「ジェネラル・ルージュ」の登場人物の若かりし頃の話です。桜宮・東城大の猛虎と呼ばれた速水晃一と、東京・帝華大の伏龍、清川吾郎の伝説の戦いがありました。それは医学部剣道部の医鷲旗大会。ここで勝ったものは、外科の世界でも大成するという試合です。その熱き戦いを描く青春小説。

☆おすすめポイント☆

これはぜひチームバチスタシリーズを読んでいる人におすすめしたい小説です。
登場人物の青春時代を知ることができてわくわくしてしまうこと間違いなし!
医療も試合も真剣勝負。
物事に対する心構えを教えられる気がします。
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%B2%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%89%A3-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B5%B7%E5%A0%82-%E5%B0%8A/dp/4167790017?ie=UTF8&tag=iremono05-22

1 2 3