おすすめの剣道小説7選!かっこいい剣道の世界に浸る

剣道部が舞台、剣士が主人公、そんな小説をおすすめ7選でご紹介します。剣道といえば、中高生時代に部活を見ていても、大変そうだなとか、きつそうだとか、そんな興味しかなかったかもしれません。実際そうなのかもしれませんが、剣道は人格を究める素晴らしいものでもあるんですよ。といっても小説は面白く読める青春小説ばかり。剣道を知らなくても全く問題ありません。もちろん剣士の方も読んでくださいね♪

武士道シックスティーン 誉田哲也/著

41tEyaZYKXL

https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%AA%89%E7%94%B0-%E5%93%B2%E4%B9%9F/dp/4167780011?ie=UTF8&tag=iremono05-22

武士道シックスティーン (文春文庫)
誉田 哲也
文藝春秋

シリーズ

・武士道セブンティーン
・武士道エイティーン
・武士道ジェネレーション

☆あらすじ☆

愛読書は宮本武蔵の「五輪書」だという、勝ちにこだわり一生懸命な香織。一方楽しいし好きだからやる、お気楽不動心の早苗。同じ高校剣道部に所属する二人の少女の熱い思い、戦い、成長が描かれます。

☆おすすめポイント☆

文章の書き方がうまいので、とてもテンポよく読み進められます。
剣道を知らなくても本当に面白い小説!
全く趣の違う二人の女の子が、どう成長していくのか。
胸が熱くなる場面も多くて、何度も読み返したくなります。

1 2 3 4 5 6 7