長岡のおススメ観光スポット15選!近世日本の偉人を多く輩出した町

長岡市はかっては城下町として栄え、現在は新潟県内で2番目の大都市! 幕末に風雲児河合継之助や米百俵で知られる小林虎三郎、連合艦隊司令長官の山本五十六などの偉人を輩出。 悠久山公園、国営越後丘陵公園などではアウトドアスポーツを楽しむのも、美術館や博物館、寺院などの観光スポットを巡るのも良いでしょう。 全国三大花火大会の一つと言われる長岡花火大会や流鏑馬、長岡まつり、梅まつりなどのイベントも楽しみ♪

1.弥彦神社

弥彦神社は標高634mの弥彦山の山麓にある神社!
万葉集にも記述がある歴史ある神社で、御祭神は天香山命(あまのかごやまのみこと)。
1,000年以上も前より越後一宮として「おひこやまさま」の愛称で敬われてきました。
弥彦山を背にそびえる大鳥居は上越新幹線開通を記念して建てられたもの。
高さはなんと30m、額の大きさは畳12枚!

弥彦神社の拝殿は樹齢500年にもなるといわれる杉やケヤキに囲まれて佇んでいます。

明治45年の弥彦の大火では門前町から拝殿まで炎上しましたが、玉の橋のみ難を逃れました。

山頂へはロープウェイを利用すれば、5分ほどで到着することができます。
時間のある人体力のある人は、自力で登ることもよいでしょう。
御神廟(奥宮)へは山頂からから歩いて15分ほど掛かります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11