カラーボックスがフカフカ座面のベンチに変身?!目から鱗のアイディア集

カラーボックスは縦て設置して収納としてのみに利用するだけは勿体無いアイテムです。実は、横向きに設置することで簡単にベンチが完成するんですよ!カラーボックスは安価で手に入れることが出来る上に、女性1人でも簡単に組み立てることが出来る手軽さがとっても人気です。今回は、目から鱗のカラーボックスをフカフカ座面のベンチに変身させたアイディアを集めてみました!

カラーボックス

色もサイズも豊富なカラーボックスは、アイディア次第で驚きの変化を遂げるアイテムです。
DIY愛好者の間でも、様々なアイディアでカラーボックスが変身を遂げています。

アイリスオーヤマ カラーボックス 3段 幅41×奥行29×高さ87.1cm ホワイト ECX-3
アイリスオーヤマ(IRIS)

基本的なカラーボックスのベンチの構造

基本的な構造は、カラーボックスを横に倒して上に板を乗せて座面を作ればベンチの完成です。

収納する部分が見えるように置くか、座面が蓋の役割になるように置くかはお好みで大丈夫です。

この基本の作り方をマスターしたら、いよいよフカフカ座面のベンチを作ってみましょう♪
今回はカラーボックスをベースとして使って作られたベンチに関する内容ですが、特にフカフカ座面に拘ったアイディアを絞ってご紹介します。

フカフカ座面の基本的な作り方を見てみよう♪

座面部分にスポンジの役割をするものを入れれば、フワフワの座面にすることができます。

カラーボックスのサイズに合わせた板にスポンジを乗せて、お好きな布地で包み込み、裏側をタッカーで留めれば完成です。

これが基本的なフカフカ座面の作り方になりますので、しっかりマスターしてくださいね♪

※このときに使う布地は、ストライプ柄でないものを使うと歪みを気にせずに作ることができます。

こんなアイテムを使えばフカフカ座面が完成します♪

座面にウレタンフォームを入れれば座り心地も抜群!

1 2