0f99e23d-e80c-458a-9964-dba5773442ea

歴史と自然を体感できる!天草市のオススメ観光スポット20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本県の観光地といったら、阿蘇や熊本城を連想する方も多いと思いますが、忘れてならないのは「天草」。 青い海でのレジャーや、山林でのトレッキング、美味しいグルメなど楽しめる場所が盛りだくさんにあるんです! 今回は、地元の人にも人気のスポットをまじえて、天草のオススメ観光地を20ヶ所まとめてみました。 お近くの方も、ご遠方の方も、是非参考にされてみて下さい。

■ 天草市とは


http://www.yado.co.jp/hasi/kumamoto/amakusa/amaks5/amaks511.jpg

熊本県南西部に位置する天草市は、本渡市、牛深市の2市とその他8つの町が、平成18年3月に合併し「天草市」となりました。
青い海に架かる天草五橋の眺め、海の幸も豊富な海と緑豊かな山林、天草四郎で有名なキリシタンの歴史を感じる町には、イルカウォッチングなどのレジャーを楽しんだり、教会を巡って歴史を感じたり、そして様々なイベントに挑戦したりと、あなた流の楽しみ方を発見できる場所です。

天草市の情報

住  所: 〒863-8631 熊本県天草市東浜町8番1号
電  話:0969-23-1111 (天草市市役所)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分
閉 庁 日 :土曜日、日曜日、祝日、12月29日~翌年1月3日
料  金:無料(各部署によっては異なる)

http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/

■ イルカウォッチング


https://jitabi.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/01/CIMG0202_r.jpg

イルカと会える確率が、なんと90%以上という「天草イルカウォッチング」は一年を通して大人気の観光スポットです。
船で沖合に出ますが、イルカを間近でみられる漁船タイプと、屋根・トイレ付きのクルーザータイプの2種類から選べます。
春から夏場くらいには、親子で泳ぐ姿や群れで勢いよく泳ぐ姿が見られ、秋から冬にかけては白波の立つ海面をジャンプするように泳ぐ姿が見られます。
おもいっきりイルカを楽しんだ後は、地元漁協の方々が運営する「漁協の店」でお腹いっぱい海の幸を堪能できますよ!オススメはとにかく新鮮な「海鮮丼」です!

イルカウォッチングの情報

住  所:イルカマリンワールド
     〒863-2421 熊本県天草市五和町二江2977
電  話:0969-33-1633
営業時間:9:00~17:00
     出港時間
     10:00/11:30/13:00/14:30/16:00
     ※ゴールデンウィーク、夏休み期間9:00/17:00増便あり
定 休 日 :年中無休(※天候状況により休みになる場合があります)
料  金:・大人(中学生以上) 2,500円
     ・小人(小学生)   1,500円
     ・幼児(2歳以上)    500円
     ・幼児(2歳未満)  無料
     ※インターネット予約の場合は3大特典あり
     ・特典1:イルカウォッチング料金10%割引
     ・特典2:アイスサービス(4月~9月)ドリンクサービス(10月~3月)
     ・特典3:イルカのオリジナルポストカードプレゼント

http://im-world.jp/index.html

■ 天草四郎メモリアルホール


http://livedoor.blogimg.jp/mizumotohiro/imgs/3/8/38aec281.jpg

上天草市大矢野町にある天草四郎メモリアルホールは、自由と平等を唱え戦った”天草四郎”について詳しく学ぶことが出来る施設です。
歴史ファンでなくても、天草・島原の乱がどのようなものだったのか、四郎を取り巻く環境はどんなものだったのか、様々な資料や、映像で見る事が出来ます。
また、最上階は「瞑想室」になっており、歴史の世界へ思いを馳せるもよし、日々の空間から離れた世界を思い浮かべるもよし、静かな世界で瞑想を行うという、ちょっと変わった部屋も人気のようです。

天草四郎メモリアルホールの情報

住  所:869-3603上天草市大矢野町中 977-1
電  話:0964-56-5311
営業時間:9時00分~17時00分
     最終入館時間 4月~10月:16時35分、11月~3月:16時20分
定 休 日 :年末年始(12月29日から1月1日) 1月第2水曜日、6月第二水曜日
料  金:大人 600円 中学生以下 300円 幼児:無料
     ※20人以上は団体割引あり(1割引)

http://kami-amakusa.jp/spot/spot.php?spotId=62

■ 天草パールライン観光


http://www.seacruise.jp/teiki/spot/images/image-4.jpg

大小合わせて30の島々が数多くある天草市松島は5つの橋で結ばれており、天草五橋の名で親しまれています。この橋に架かる島々(大矢野、永浦島、池島、前島、天草上島)を”パールライン”と呼び、陸からだけではなく、船で海上から遊覧を行うのがこの「パールライン観光」です。
天草を代表するこの5つの橋を下から眺める雄大さは、自然の背景と折り重なって、なかなかのスケールです!

パールライン観光の情報

住  所:861-6102熊本県上天草市松島町合津4610
電  話:0969-56-0678
営業時間:8:30~17:30
     運航時間
     9:00(3~11月/10:00/11:00/13:00/14:00/16:00
     ※天候の状況により欠航する場合があります。
定 休 日 :年中無休
料  金:大人1,500円 子供700円 20名以上の団体は1割引

http://hpgjp.main.jp/pl-kankou/

■ 崎津天主堂


http://pds.exblog.jp/pds/1/201412/12/45/d0238245_16470692.jpg

「海の天主堂」とも呼ばれるこの崎津天主堂は、河浦町の漁村の中にひっそりと佇んでいます。細い路地をクネクネと進んで行くと、尖塔の上に十字架を掲げたゴシック様式の教会が目に入ってきます。
畳敷きの珍しい堂内と、美しいステンドグラスで飾られた内装は、ここが天草だという事を忘れてしまいそうになります。
小さな漁村と教会のこじんまりとしたのどかな風景は、「国の重要文化的景観」に選ばれています。

崎津天主堂の情報

住  所:863-1204  熊本県天草市河浦町崎津539
電  話:0969-79-0015
開館時間:9:00~17:00
     ※毎週日曜日はミサのため、開館時間が午前9:30となります。
休 館 日 :教会の諸事情により急遽休館となる場合があります。
料  金:無料

http://www.t-island.jp/p/spot/detail/86

■ 妙見浦

★IMG_3625妙見~国道から (1)
http://amakusa-web.jp/Sozai/Mg/FileAccess.aspx?aplUseNo=5016&angoFolderKey=KX%2B8oIYuHL%2B%2F4IE1juclqg%3D%3D&angoFileKey=YMiOWiEUoBtDtdu4HXRiX96ozNgtyl%2BQ5z48%2FmAeFRXFdCMMqF57Yw%3D%3D

高さ20mから80mに及ぶ断崖が連なり出来た妙見浦は国の天然記念物として指定を受けています。
昼間は深さ50mの洞門や像のように見える「妙見岩」の奇岩を見てまわったり、透明度の高い海でスキューバダイビングを楽しんだり出来ます。また、夕方になると日本の夕日百選に選ばれた素晴らしい夕日を見る事が出来ます。近隣にもこの夕日を見るスポットとして「鬼海ケ浦展望所」や「西平椿公園」があり、休日にはカメラを構えた人たちの姿も見られます。

妙見浦の情報

住  所:天草市天草町下田南
電  話:0969-42-1111(天草市天草支所 まちづくり推進課産業建設係)
営業時間:通年
定 休 日 :無休
料  金:無料

http://www.t-island.jp/p/spot/detail/69

■ 妖怪「油すまし」の里

06d51b18-0881-4c0e-b2ab-855165f6f14e
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/_ylt=A2RA0Np9wtdWyXoAfw2U3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD/SIG=12k3s8kk4/EXP=1457067005;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUVIwWTY5U09aSXMySlppUnRYdWZYU1BjNnZlc3pBZ3pWU2pPb0pNanNCZU94YzFQWTVlYnZWYzhzBHADNWFhVzVvQ3FJT1drcWVpTmlTRG1zcm5qZ1puamdiN2pnWmZqZ2E3bG9wTS0EcG9zAzIxBHNlYwNzaHcEc2xrA3Nmc3QEdHVybAM-/**http%3a//amakusa-tontonbyoushi.info/cgi-bin/powerspot/img/27-2.jpg

「油すまし」という妖怪をご存知ですか?おなじみ、水木しげる氏の漫画ゲゲゲの鬼太郎では、すまし顔でちょっと博識な「村長?!」として登場したことがある妖怪なんですよ。
その油すましの銅像が、ここ栖本町河内地区にあります。逸話やお墓まであるという事で、静かな小道を歩きながら「油すましの里」一帯をぶらぶらと散歩をするのも楽しいですよ。

「油すまし」の里の情報

住  所:天草市栖本町河内
電  話:0969-66-3111(天草市栖本支所産業建設係)
営業時間:通年
店 休 日 :無休
料  金:無料

http://www.t-island.jp/p/spot/detail/367

■ 海中水族館シードナツ


https://i.ytimg.com/vi/3u0G–wDan4/maxresdefault.jpg

海中水族館シードーナツは全国でも珍しい「海に浮かぶ水族館」で、こじんまりとしていますが、数十年もの間地元の人たちに親しまれているアットホームな水族館です。
館内はドーナツ型になっており、一周するうちにアジア、ヨーロッパ、寒冷地、南米、北米、アフリカ、オセアニアの7つのゾーンの魚が見られるようになっています。
また、ヒトデやウニ、ナマコを触れる「タッチングプール」や真鯛のエサやりなどの体験コーナー、間近で見られるイルカショーなども行われ、毎週土曜日に行われている幻想的な”ウミほたる”を手に取って見られる「ナイト水族館」は特に人気があります。

海中水族館シードーナツの情報

住  所:〒861-6102 熊本県上天草市松島町合津6225-7
電  話:0969-56-2570
営業時間:11月1日~3月19日 9:00~17:00(最終入館は16:00)
     3月20日~10月31日 9:00~18:00(最終入館は17:00)
店 休 日 :無休
料  金:大人1,300円 中高生800円 小学生500円 幼児(3歳以上)400円
     ・団体15名以上の場合は大人200円引き、中学生から幼児まで100円引き
     ・団体50名以上の場合は大人300円引き、中学生から幼児まで200円引き
     ・団体100名以上の場合は大人900円、中学生500円、小学生250円、幼児150円

http://www.amakusapearl.com/sea-donut/

■ 千厳山


https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=560×10000:format=jpg/path/s65d425032b99b757/image/icf5cf76715486aa1/version/1428299694/%E4%B8%8A%E5%A4%A9%E8%8D%89-%E5%8D%83%E5%8E%B3%E5%B1%B1%E5%B1%95%E6%9C%9B%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

天草松島の絶景を望むならここ「千厳山」がオススメです。以前は天草四郎が出陣の際に杯を交わした場所として「手酌山」と呼ばれていましたが、あまりにも奇岩石が多い事から「千厳山」と呼ばれるようになりました。
桜、さつき、あじさいなど春の花も多く咲き、トレッキングに訪れる方も多いのですが、歩くのに自信が無いという方でも、途中までは車で行くことも出来るので安心です。山頂の展望台では大パノラマを見る事ができ、爽快感は100%以上です!

千厳山の情報

住  所:〒861-6102 熊本県上天草市松島町合津
電  話:0969-56-3133(天草四郎観光協会松島観光案内所)
営業時間:(所要時間)1.7㎞ 約40分
店 休 日 :無休
料  金:無料

http://www.t-island.jp/p/spot/detail/171

■ 道の駅 有明 リップルランド


http://yuyu-kankan.asablo.jp/blog/img/2013/06/07/29ad48.jpg

国道324号線を挟んで、四郎ヶ浜ビーチそして対面に道の駅リップルランドの物産館、温泉施設さざ波の湯、ちびっこ広場にサンタマリア館など周辺には様々な遊べる施設が集合しています。
また、国道沿いには「祈りダコ」「ありあけタコ入道」の像があるので、初めて来られる方にも目印的存在となっています。
特に人気の季節は夏場で、海で思いっきり遊んだ後はゆっくり温泉に入ったり、買い物を楽しんだりと一日中楽しめます。

道の駅有明 リップルランドの情報

住  所:天草市有明町上津浦1955
電  話:0969-53-1565
営業時間:9:00~18:00 
     ※温泉 10:00~21:30(受付21:00まで)
定 休 日 :無休  
     ※温泉 第2水曜日が休館(祝日の場合は翌日)
料  金:一般(高校生以上):500円 高齢者(65歳以上):350円 
     中学生:250円 小学生:200円

http://www.rippleland.com/index.html

■ 大江天主堂


http://livedoor.blogimg.jp/oyu_buccho2675/imgs/0/3/0320882d.jpg

大江町の丘に立つ真っ白なロマネスク様式の教会は、緑の山と重なって美しい姿を見せてくれます。
島原の乱にも参加ができず、隠れキリシタンとして密かに信仰を守ってきた人々が、ようやく信仰の自由の元暮らせるようになり、昭和8年フランス人の神父ルドビゴ・F・ガルニエによって建立されました。
毎年クリスマスの時期になると、美しいイルミネーションに包まれます。歴史の重みを感じながら幻想的な世界に浸るのも、素敵な時間かもしれません。

大江天主堂の情報

住  所:〒863-2801 熊本県天草市天草町大江1782
電  話:0969-22-2243
開館時間:9時~17時
     毎週日曜日はミサの為、開館時間は午前11:30からとなります。
休 館 日 :毎週月曜日
     ※月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館日となります。
     ※教会の事情により、臨時に休館する場合があります。
料  金:無料

http://www.t-island.jp/p/spot/detail/74

■ 瀬戸歩道橋


http://www.kokuta.com/08-9shu/ph03-ama/910-hodokyo.jpg

橋は125m、昇開部は 58m。はねあげ式ではなく、水平のまま上下する可動式の橋で、車の通る橋は「天草瀬戸大橋」自転車や歩行者は「瀬戸歩道橋」というように分けて使っています。
通称「赤橋」とよばれるこの橋の昇開は、橋のたもとの制御室に係員が常駐しており、船が接近したらその都度昇開しているようです。
この珍しい可動式の橋は、福岡と佐賀を流れる筑後川沿いにももう一つあります。

瀬戸歩道橋の情報

住  所:〒863-0042 熊本県天草市瀬戸町
電  話:0969-23-1111(天草市役所代表)
営業時間:(昇降時間)6時~20時30分(4月1日~9月30日)
     6時30分~20時(10月1日~3月31日)
定 休 日 :気象状況、事故などのトラブル時は通行止め
料  金:無料

http://www.yado.co.jp/hasi/kumamoto/amakusa/seto_hodou/

■ リゾテラス天草


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-67-e9/nana45nb/folder/517701/22/14441422/img_0

天草4号橋を渡ってすぐに左折すると、広い駐車場と共にリゾテラス天草の建物が目に飛び込んできます。平成27年7月にオープンしたこの施設はリゾート観光施設として、レストランやカフェ、お土産物や雑貨店、ベーカリーなどが入っています。
特に、天草天然塩を使った「塩パンは」イチオシで、時間をかけて遠くから買いに来られる方もある程で、高菜ちりめん、明太子、レモン、キャラメルなど味も豊富に選べます。

リゾテラス天草の情報

住  所:〒861-6102 熊本県上天草市松島町合津6215-16
電  話:0969-56-2458(代)
営業時間:8:30~17:30
定 休 日 :3月~11月 無休
     12月~2月 水曜日(年末年始を除く)
料  金:無料(各ショップでのお買い物分のみ)

http://www.lisolaterrace.com/index.html

■ 奴寿司


http://www.t-island.jp/wp-content/uploads/7812008b6278b65f65d5bb3b336267776.jpg

このお寿司屋さん、どこかで見たことある?!と感じた方は意外と多いかもしれません、大将自慢のガーリック風味の炙りやバルサミコ酢を使った天然アワビのバター焼きは、テレビでも取り上げられ、芸能人も通う程です。
とにかく新鮮なねた使ったお寿司と、気さくな大将の笑顔にお腹も気持ちも大満足の時間が過ごせること間違い無しです!ただ、来店される場合は必ず予約を入れて下さいね!

奴寿司の情報

住  所:熊本県天草市東町76-1
電  話:0969-23-4055
営業時間:12:00~14:30 17:30~21:00
定 休 日 :月曜(祝日の場合は翌火曜)
料  金:ランチ750円~  他4,000円~

http://www.higonavi.net/shop/shop.shtml?s=594

■ 下田温泉

86ade1d1-2ab4-471d-ba09-d382082dea0e
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/_ylt=A2RA0Myf9dhWgWcAlgeU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD/SIG=13am3oqne/EXP=1457145631;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUVlRVmhjWm5xQlhWSkROcFhsRkZXcGFGR1gwZjl0UTJianY1R21HQ1NndklYZHNhVElFdHktS1B4OARwAzVhU3A2STJKSUNEa3VJdm5sTERtdUtubXM0bmpnSURtdUtubXM0bm9vWmMtBHBvcwMxMjQEc2VjA3NodwRzbGsDc2ZzdAR0dXJsAw–/**http%3a//sanraizukankou.co.jp/wordpress/wp-content/themes/hotaru/images/spa/spa_01_l.jpg

天草西海岸に面している下田町は、真っ白な陶石が豊富なため「唐津十朗窯」「高浜焼寿芳窯」などの窯元でも美しい焼き物が盛んに作られています。日本の白磁はその80%がこの天草の陶石を使っていると言われます。
また、下田温泉は夕日の美しさと、ゆっくりくつろげる温泉宿が癒しのスポットとして多くの人達が足を運ぶ場所でもあります。下田温泉の中でも特に有名なお宿が「五足のくつ」です。
北原白秋が残した紀行文からその名前が付いたお宿で、テレビでも紹介されました。
Villa.A・BとVilla.Cの離れがあり、春夏秋冬の味、スパ、ライブラリ、お土産、そして天然温泉とくつろげる志向が盛りだくさんに用意されています。

下田温泉の情報

住  所:〒863-2803 熊本県天草市天草町下田北1310-3
電  話:0969-42-3239(下田温泉旅館組合)
営業時間:9:00~17:15
定 休 日 :水曜日(1月1日は休業)
料  金:無料

http://amakusa-shimoda-onsen.jp/

牛深ハイヤ大橋


http://100road.sonysonpo.info/share/image/wd/photo/07_097.jpg

住  所:天草市牛深町
電  話:0969-73-2111(天草市牛深支所産業振興課)
営業時間:通年
定 休 日 :無休
料  金:無料

全長883mの牛深ハイヤ大橋は、弧を描いている景観も美しい橋で、新熊本100景にも選ばれています。橋の上からは牛深の町を眺められるよう、高低差のある歩車道があり、街の夜景を楽しんだり、橋の下からはライトアップされたハイヤ大橋を見たりと、その景観を楽しむ人で人気があります。

牛深ハイヤ大橋の情報

http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_1666.html

■ 明徳寺


http://5.travel-way.net/~niemon/kumamoto/hondo/meitokuji7.jpg

この重厚な造りの桜門は天草の中でも随一とされており、山門に立たれているお地蔵様の顔はどこか異人さんっぽい事から「異人地蔵」と呼ばれています。さらにもう一つの天草らしい特徴が、石段に十字の彫り物がされているんです。踏み絵と同じ意味合いがあるらしく、十字架を踏みながら登るようになっています。
キリスト教を布教させようとする教徒の思いとは逆行し、改宗させようとして建てられた寺院の歴史との背景を想いながら訪ねてみるのも趣がありますね。

明徳寺の情報

住  所: 〒863-0002 熊本県天草市本渡町本戸馬場1148
電  話:0969-22-3203
営業時間:自由
定 休 日 :無休
料  金:無料

http://www.t-island.jp/p/spot/detail/12

■ 牛深海中公園


http://kumamototusin.main.jp/wp-content/uploads/2015/08/%E7%89%9B%E6%B7%B1%E6%B5%B7%E4%B8%AD%E5%85%AC%E5%9C%92-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%884.jpg

牛深の海は透明度が高く、サンゴ礁やクマノミ、ウミウシなどの熱帯魚も見られる美しい海です。ダイビングでも人気の場所ですが、ライセンスが無くても「グラスボート」が1日5回運航しているので、ダイビングをしているかのように海の魚たちを見る事が出来ます。
また、船上からが楽しめる「夕陽クルージング」や、冬場にはカモメのエサ付けなどが体験できる「カモメウィッチング」も人気です。

牛深海中公園の情報

住  所: 〒863-1901 熊本県天草市牛深町2286
電  話:0969-73-1173(株式会社ブルーマリンサービス)
営業時間:・グラスボート出航時間:9時30分、11時10分、13時00分、14時30分、16時00分
     ・夕陽クルージングは15時までに要予約、出航時間は日没時間により変動
定 休 日 :毎週火曜日(祝祭日、7月、8月は営業)
     ※天候により運休あり
料  金:・グラスボート・海中公園遊覧
      (大人)2,000円、(小中学生)1,000円、幼児(3~5歳)200円、(2歳以下)無料
     ・夕陽クルージング(2名様より)
      (大人)2,800円、(小中学生)1,400円、幼児(3~5歳)600円、(2歳以下)無料
     ※カモメウォッチングは海中公園遊覧や夕陽ウォッチングの途中でお楽しみいただいてい
      る為、カモメウォッチングのみの運航はありません。

http://blue-marine-srv.co.jp/index.html

■ 天空の船

be7a1e85-53dc-48d9-97ab-5f491a393475
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/_ylt=A2RiouHjHtlW3j0AYQyU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD/SIG=13kfji8g4/EXP=1457156195;_ylc=X3IDMgRmc3QDMQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU0lPaVF2UWpmNGhweHcyZEh0UWtVancwSTg0N1FNeFdQLXdndUpJQUVHZGtmck5LOVExS2N2MVFqOARwAzVhU3A2STJKSU9Xa3FlZXB1dU9CcnVXZmpnLS0EcG9zAzcEc2VjA3NodwRzbGsDc2ZzdAR0dXJsA2h0dHA6Ly9tc3AuYy55aW1nLmpwL3lqaW1hZ2U_cT1zNEpWc3dBWHlMR3dTRThGNWwubk1pU1hBb3NrUmdab3N4WlN2NGphOVJuZXdhcWZ5cWkwS2xDRnpkbE5XbTZld2NXZkpKQTdCczVJNFE2S01PaURaMTFNTUxFclk4TzlVZjJFRW1JdVNjVHRKTTlPMnYwMWNnVzEyYWU3c0IuU0NkM1g5M01FSzVNOEZJc2lBOS5MJnNpZz0xM2ExazA1Mmo-/**http%3a//img.guide.travel.co.jp/article/604/20150726090432/FB3381247101472F8915AA5B5298C840_LL.jpg

ちょっと優雅な時間を楽しみたい時には「ホテル 天空の船」がオススメです。
天草だから出来る、新鮮な魚介類を使った本格イタリアン料理は特別な日のお料理に最適で、それをいただくレストランは、豪華客船のデッキで食べているかのような造りになっており、目前の松島の眺めにうっとりしながら食事を楽しめます。
お泊りの時は、ツイン、ダブル、スイートと2つのヴィラが利用できます。

天空の船の情報

住  所:〒861-6102 熊本県上天草市松島町合津5984-2
電  話:0969-25-2000
営業時間:チェックイン: 15:00~20:00 チェックアウト: 11:00
     レストラン:ランチ 11:30〜13:30 ディナー 17:30~21:00
定 休 日 :無休(レストランは不定休)
料  金:21,600円~54,000円
     レストラン:ランチ 3,000円~6,500円 ディナー 6,000円~13,000円程

http://www.tenku-f.jp/

■ ミューイ天文台


http://stat.ameba.jp/user_images/20150720/13/hoshineko-blue/43/dd/j/o0800045013371238854.jpg

龍ヶ岳山頂にあるミューイ天文台は、天体観測室・プラネタリウム・映像ホールを楽しむ事が出来ます。「ミューイ」とは「見よう」という意味があり、カセグレン式反射型望遠鏡を備えた天文台で、惑星、星雲、星団など自分の眼で楽しむ事にこの施設の意義があると言えます。
天草にお泊りの夜には、龍ヶ岳周辺の光害のない環境が生み出す星の世界を見に、ミューイ天文台を訪ねてみてはいかかでしょうか。マスコットキャラクターの「キララちゃん」が待っていますよ!

ミューイ天文台の情報

住  所:熊本県上天草市龍ヶ岳町大道3360−47
電  話: 0969-63-0466
営業時間:午後 1:00 〜 午後 9:00(午後9時以降の入館はできません)
     プラネタリウム:午後2時・3時・4時
      ※昼の晴天時は太陽の黒点観測を行うためプラネタリウム上映は中止
      ※夜、天体観測ができない場合は午後7時、8時にプラネタリウム上映
休 館 日 :月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)、12月29日〜31日/1月1日
料  金:・入館 大人(高校生以上) 200円  小・中学生 100円(幼児無料)
     ・望遠鏡観測・プラネタリウム 大人(高校生以上) 400円 (入館料を含む)
       小・中学生 200円 (入館料を含む)(幼児無料)
     ・団体割引 25名以上10%割引

http://ryugatake.net/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A4%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%8F%B0.html

■ 太郎丸嶽・次郎丸嶽

d9e8a28b-53a1-4dd1-b7bb-42cc062dc4f1
http://ord.yahoo.co.jp/o/image/_ylt=A2RA0hQNI9lW9jIAjQCU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD/SIG=125edecd9/EXP=1457157261;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjU19IeGpVUEFLLXZFQlpaSUR4NDJOMUVUaHg1STZMMlJrdGxldjF3YnVzQU5Qcm0zWEt0X1FWb1BhaARwAzVhU3A2STJKSUNEbHNiRWc1YVNxNllPTzVMaTQ1YmE5BHBvcwMxMwRzZWMDc2h3BHNsawNzZnN0BHR1cmwD/**http%3a//www.geocities.jp/yamamori2011/jirouA24.jpg

九州百名山にも選ばれている太郎丸嶽・次郎丸嶽はちょっと珍しい兄弟岳です。登山道もユニークで、遠見平・長寿の湧水、急勾配ではロープを握りしめて登り、ジグザグの上り坂に、岩場などがあり、途中の分かれ道で太郎丸嶽に登るのか、次郎丸嶽に登るのか選びます。
高さは次郎丸嶽の方が116m高いので、頂上からの見晴らしを楽しみたい時は次郎丸嶽がオススメです。奇岩が突き出ている「亀次郎岩(ライオン岩)」の上から眺める景色は、スリリングな怖さも加わり特別な景色に映りますよ!
ただし、山頂にはトイレが無いので事前に済ませておきましょうね。

太郎丸嶽・次郎丸嶽の情報

住  所:〒861-6103熊本県上天草市松島町今泉
電  話:0964-26-5512(上天草市役所 経済振興部 観光おもてなし課 観光振興係)
営業時間:(最適な時期)春~初夏(秋口からは日没が早くなる為)
定 休 日 :無休
料  金:無料

http://kami-amakusa.jp/spot/spot.php?spotId=214

素敵な観光地「天草」を満喫しに出かけよう!

天草の旅はいかがでしたか?思いっきり身体を動かしたり、思いっきりキリシタンの歴史に触れたり、思いっきり海の幸を味わったり!あなた流の楽しみ方を発見してみて下さいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします