31TCTguX5mL

ベースの初心者向け♪種類や必要なものまとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベースは、バンドの中の縁の下の力持ちとも言いますか、力強い低音でぐっと迫力を出してくれる楽器です。 好きなベーシストのプレイをきっかけにして、ベースを始めたくなる方もいるのではないでしょうか。 ミュージシャンのインタビューなど読んでいますと、「じゃんけんで負けてベース担当になった」と言っていらっしゃる方もいましたが、弾いているうちにどんどん楽しくなっていったのでしょうね。 興味を持ったのなら、ぜひ!

ベースの成り立ち

ベースは、そもそもコントラバスという楽器から生まれたそうです。
この、大きいバイオリンのような形の楽器ですね。
とても深みのある低音を奏でてくれます。
大きさとしてもかなり大きいです。
大人の身長とそう変わらないのではないでしょうか。
もちろん、重いです。

31TCTguX5mL
https://www.amazon.co.jp/Hallstatt-%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9-WBS-800-4%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/dp/B000WMAFTM?ie=UTF8&tag=iremono05-22

画像だとなんだか小さそうに見えますが、とても大きいです。

主流なエレクトリックベース

プレシジョンベース

314B8nwgHKL
https://www.amazon.co.jp/Fender-Japan-PB-STD-%EF%BC%88VWH%EF%BC%89/dp/B0016NXELW?ie=UTF8&tag=iremono05-22

プレベ、と略して呼ばれることもあり、愛用者の多い、主流なベースです。
パワフルであり、低音がよく出るため、ロックやパンクなどのジャンルを弾きたい方に、おすすめのようです。
ネックが太いので、初心者の方ですと、扱いにくく感じる場合もありますので、自分がどう感じるのか持って確かめてみるとよさそうです。
その分、音も太めの印象のよう。

ジャズベース

41H2vn7gQ1L
https://www.amazon.co.jp/Bacchus-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%B9-BJB-1R-%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%EF%BC%81%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BD%9CBacchus-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%EF%BC%8F-%E5%89%B5%E3%82%8A%E3%81%AE%E8%89%AF%E3%81%84%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/dp/B00VDU65TG?ie=UTF8&tag=iremono05-22

プレジジョンベースと同様に、主流なベースです。
「プレジジョンベース」、「ジャズベース」、これらの2つのベースが主流なのだそう。
ジャズベースは、パワーはあまりないようですが、色々な音を出すことができるので、さまざまなジャンルを弾きたい方におすすめのベースなのだそうですよ。
ネックは細めなので、手の小さい方でも比較的握りやすそうです。

初心者の方には、この2つあたりがおすすめといえるようです。
さまざまなメーカーから出ていますので、きっと気に入ったベースが見つかるかと思います!
とは言ってもやはり、気に入ったベースを選ぶのが一番ではないかな、と思います。

その他のベース

PJベース

プレベとジャズベのいいとこ取り、と言えるようなベースだそうです。
太く重いサウンドから、ロックに向いているベースのようです。

リッケンバッカー

多くの有名なベーシストが使用しているそうです。
独特の、硬質な音を持つベースのよう。
ネックは太めで、比較的重いベースだそうですよ。

Spector

タイトでクリアな音、という声もあるベースです。
低音がよく鳴るそう。

スタインバーガー

見てわかるように、ヘッドのないベースです。
個性的な外見ですね。
あまり持っている人のいない、特殊なベースだそうです。

ヴァイオリン・ベース

ヴァイオリンに似た外見で、軽めのベースのようです。
暖かみのある音がするのだそう。

ミュージックマン・スティングレイ

ノイズの少ない太い音であり、多様な音を作ることができる、オールマイティーなベースだそうです。
プリアンプという、ベースに内蔵された回路によって、強力な低音、高音のコントロールができるベースです。

買いそろえるといいもの

ギタースタンド

31yD8UjUtkL

https://www.amazon.co.jp/KC-%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89-GS-103B-BK/dp/B000TV16HQ?ie=UTF8&tag=iremono05-22

お部屋に大切なベースを置いておくにあたって、ガタン!と倒してしまい、傷をつけたくない方も多いのではないかと思います。
自分のもの、という印?実感?を得るために、傷をつけたがる方もいるようではありますが。
(なんだか歪んでいる気がするのは、気のせいでしょうか…)
まあ、それは一人一人の好みによるものとしましても、ギタースタンドを使うと、お部屋にインテリアのようにあなたのお気に入りのベースをディスプレイすることができます。
もちろん、転倒から守ってあげることもできますよ。
500円程度でも売っています。

ギグバッグ、ケース

ベースを持ち運んだり、長く保存しておくためには、ギグバッグ及びケースが必要となります。
ベースをはじめたならもちろん、お友達とバンドを組んでスタジオに通うこともあるでしょうし、そういったときに必須のアイテムとなります。
お値段もピンキリであり、ギグバッグ、ソフトケース、セミハードケース、ハードケースがあります。

31LYOQLZIhL
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E4%BB%98%E3%81%8D-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A8-%E3%82%AE%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-HGMB100-HGM/dp/B00D3CRUOG?ie=UTF8&tag=iremono05-22

41T-uth8oXL
https://www.amazon.co.jp/basiner-%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A8%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC-ACME-EB-DB/dp/B012ZCC5BM?ie=UTF8&tag=iremono05-22

31PDF4+-ONL
https://www.amazon.co.jp/KC-%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A8-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9-EB-130-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B000TUZ60U?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ソフトケースは布に覆われただけのような状態であり、衝撃に弱いので、ギグバッグやセミハードケース辺りがおすすめです。
ハードケースは触った感じとても固く、いかにもベースを守ってくれそうですが、重いです。
見た目はかっこいいのですけどね。

ちなみに、ケースやギグバッグにも、エレキギター用とエレキベース用があるので、十分確認してから買うようにしてくださいね。
心配な方は、楽器店で、実際に自分のベースを入れさせてもらってもよいと思います。

シールド

ベースを、チューナーやアンプに繋ぐコードのことです。
これがないと、アンプやチューナー、エフェクターに繋ぐことができません。
3メートルか、5メートルくらいのものを選ぶとよいと思います。
また、シールドによって音が変わったりするそうです。
初心者であるうちは気にならないかもしれませんが、だんだん音へのこだわりが出てくるかもしれません。

413-mCp-qhL
https://www.amazon.co.jp/Aria-JG-10X-10ft-%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%B8%A1%E7%94%A8-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%EF%BC%81/dp/B007HMWF3E?ie=UTF8&tag=iremono05-22

チューナー

ベースの弦の音を正しい音程に合わせるための機械です。
音程が合っていないと、他の楽器とアンサンブルができません。
音痴のようなものですね。
ベースを練習するときには、毎回チューニングをすることをおすすめします。
シールドをさして使うタイプのチューナーや、エフェクターのような形をしたペダルチューナー、クリップチューナーなど、いろいろな種類ががあるんです。

41SMdZ3LxfL
https://www.amazon.co.jp/KORG-%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%B6%B2%E6%99%B6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E6%8E%A1%E7%94%A8-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%94%A8%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E5%9E%8B%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-PitchHawk-G2-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B00NFQ499O?ie=UTF8&tag=iremono05-22

画像は、クリップチューナーです。

51xNIabnKAL
https://www.amazon.co.jp/KORG-%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A0-TM-50-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B00923H7MA?ie=UTF8&tag=iremono05-22

こちらは、シールドを差し込むタイプのチューナーです。
メトロノームの機能もついています。

41kx2lgpKtL
https://www.amazon.co.jp/KORG-%E3%83%9A%E3%83%80%E3%83%AB%E5%BC%8F%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-pitchblack-%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-PB-01/dp/B0015RIN6U?ie=UTF8&tag=iremono05-22

さきほど、シールドがないとチューナーに繋ぐことができない、と書きましたが、
「クリップチューナー」というものなら、ベースにクリップのように取り付けることで、チューニングをすることができますよ。
お値段としては、クリップチューナーが一番お手頃だと思います。

弦の劣化にともなって音が劣化してくるので、定期的に張り替えることをおすすめします。
しかしこれにも好みが分かれるようで、張りたての音が好き、と言う方も、張りっぱなしにした弦の音が好き、という方もいるそうなので、一概に言えないところではあります。
弦交換がまだ自分でできないのであれば、知り合いの方に頼んでみたり、楽器店で(有料です)してもらってもよいですね。
また、弦によっても音が違うので、楽器店で相談してみることもおすすめです。
太さがたくさんありますので、わからなければお店の方にきいてみましょう。

51XYMMqdSoL
https://www.amazon.co.jp/DAddario-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB-045-105-EPS165-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B0006Z4B6I?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ストラップ

ベースを立ったまま演奏するときの、必需品です。
お家では座って弾くかもしれませんが、バンドなどでは大抵立って弾くため、そちらにしろいずれ必要になりそうです。
お値段もピンキリで、素材もナイロンだったり皮だったりです。
お安いものは、千円ちょっとで買うことができますよ。
ストラップは、ベースの色と合わせてコーディネートすることをおすすめします。
同じベースを持っている方がいたとしても、どのストラップを選ぶかによって、あなたのオリジナル感を表現できるでしょう。

41Ykm33XoCL
https://www.amazon.co.jp/Harrys-HARRY%E2%80%99S-STRAP-RUBBER-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC-%EF%BC%882%E5%80%8B%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%89%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8/dp/B004BDAF2A?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ちなみにストラップが外れてベースが落ちてしまわないようにするアイテムもあり、おすすめのものが、「ストラップラバー」です。
色も選べます。
ポップで可愛らしいです。

メトロノーム

リズムはドラムに任せればよさそう、と思う方もいるかもしれませんが、リズムはドラムとベースで作るものです。
リズム隊としての意識を持って、リズム感のしっかりしたベーシストになることができれば、バンドで重宝されそうです♪
昔風の、針が動くメトロノームももちろんあるでしょうが、最近は画面に針が動く表示が出る、デジタルのものも売っています。
小さいということもあり、おすすめです。
チューナーとメトロノームの機能が両方ついたものも売っていますよ。

51MIgN-fsQL
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-DB-30-%E3%80%90BOSS%E3%80%91-Dr-Beat/dp/B000RVWVAY?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ピック

ピックは使う方と使わないかたがいますので、あなたの弾きやすい方でよいと思います。
必ずしも必要、というわけではないです。
ピックは、厚みや素材によって、出る音が変わってきますので、好みのものを選ぶとよいでしょう。
デザインも豊富で、見ているだけで楽しいです。
楽器屋さんなどで、一枚100円程度で売っています。

41QW69J72WL
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91-Gibson-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB-MEDIUM-BLK-%C3%9710%E6%9E%9A%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/dp/B002BI5UF4?ie=UTF8&tag=iremono05-22

エフェクター

エフェクターとは、音をいろんな風に変えることができるものです。
とっても面白いですよ!
ギターを弾く方は大抵使うように見受けられますが、ベースならなくてもよいかと思います。
しかし、もしエフェクターを使ったことがないのなら、試奏だけでもしてみてはどうでしょうか。
初心者の方に嬉しい、さまざまなエフェクトが一つのエフェクターに入っているものもあります。

41QU63lD8TL
https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%A6%E8%A1%8C%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81-Zoom-MS-60B-MultiStomp-Bass/dp/B00JEFFIIQ?ie=UTF8&tag=iremono05-22

こちらは、ZOOM MS-60B。
さまざまなエフェクトが入っています。

クロス

41W1vkvu1gL
https://www.amazon.co.jp/PICK-BOY-%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4-%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3100%EF%BC%85%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%EF%BC%81-%E6%AF%9B%E7%8E%89%E3%81%8C%E5%87%BA%E3%81%AA%E3%81%84%E6%A5%BD%E5%99%A8%E7%94%A8%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%EF%BC%81/dp/B00607D4MI?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ベースのボディを拭いてあげる、お手入れ用品です。
素材も値段も色も、さまざまなものがあります。

ポリッシュ

41qFIhGF-bL
https://www.amazon.co.jp/Aria-%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%84%E3%83%BC-%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-%E6%8A%97%E8%8F%8C%E6%88%90%E5%88%86%E9%85%8D%E5%90%88/dp/B0040KIFB2?ie=UTF8&tag=iremono05-22

汚れがよく落ちたり、輝きが長く保てる、などの効果がある、お手入れ用品です。
ポリッシュをかけたあとに、クロスで拭きます。
ラッカーフィニッシュやオイルフィニッシュなどのベースには、使用できないものもあるので、あなたのベースは使っても大丈夫な塗装をなのかを、確認してから使いましょう!

アンプ

ベースの場合、そのまま弾いてもおとがわかりにくいようですので、アンプを買うことをおすすめします。
家に置くことができるような、小さいアンプもありますよ。
ベース用とギター用では違うので、選ぶ時には気をつけましょう。

51S3FJ0Gn8L
https://www.amazon.co.jp/Roland-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97-CB-20XL-20w/dp/B004J24YSE?ie=UTF8&tag=iremono05-22

画像は、Roland(ローランド)のベースアンプです。

また、「VOX amPlug」という、シールドなしでベースに差し込み、そこにヘッドフォンを繋いでアンプサウンドを楽しむことができるものもあります。
周りを気にせずに音量を出せるので、おすすめです。
この商品についても、ギター用が圧倒的に多いので、買う時には注意してください。
ヘッドフォンがないと音を出すことができないので、そこも注意です。
ベース用のものには、「BASS」と書いてあります。

41u7cCzVzCL
https://www.amazon.co.jp/VOX-%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97-amPlug/dp/B001GH4H3W?ie=UTF8&tag=iremono05-22

ヘッドフォン

41rBs5KZ96L
https://www.amazon.co.jp/audio-technica-SOLID-%E5%AF%86%E9%96%89%E5%9E%8B%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%B3-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AB-ATH-WS77/dp/B009FRPN4M?ie=UTF8&tag=iremono05-22

「VOX amPlug」につなぐヘッドフォンは、千円程度のものではなく、少し高いモニタリングヘッドフォンなどを買ってみると、より音を楽しめるかもしれません。
お値段もピンキリで、一万円しないものもありますよ。

ベース初心者用の本

51PaLcb6gRL
https://www.amazon.co.jp/DVD-CD%E4%BB%98-%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B-%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%85%A5%E9%96%80-%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AF%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%A6%E5%BC%BE%E3%81%91%E3%82%8B/dp/4285116979?ie=UTF8&tag=iremono05-22

こちらは、DVDとCDがついている教則本です。
普通の本と比べて、わかりやすそうですね。

多弦ベース

31MaXZz8HeL
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F-Yamaha-TRBX305-WH-5%E5%BC%A6%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9/dp/B00GEC05NU?ie=UTF8&tag=iremono05-22

こちらは、5弦まであるベースです。
5弦ベースと呼ばれ、「Low-B」、もしくは「High-C」が追加されているベースのことです。
教則本も販売されています。

51grYy9hd2L
https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%99-5%E5%BC%A6%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%83%E3%83%89-CD%E4%BB%98%E3%81%8D-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%B8%E3%83%B3-%E5%89%8D%E7%94%B0%E2%80%9CJIMMY%E2%80%9D%E4%B9%85%E5%8F%B2/dp/4845619970?ie=UTF8&tag=iremono05-22

4172hrxhofL
https://www.amazon.co.jp/Conklin-Groove-Tools-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3-%E4%B8%A6%E8%A1%8C%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81/dp/B018QVYP46?ie=UTF8&tag=iremono05-22

「Conklin Groove Tools GT-7 Wine」です。
こちらは、7弦ベースです。
ぱっと見ただけだと、ギターに間違える方もいそうですよね。

変形ベース

31umzzzh-qL
https://www.amazon.co.jp/B-C-Rich-WBBK-%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9-Warlock-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B000BYVQYO?ie=UTF8&tag=iremono05-22

「B.C.Rich WBBK エレキベース Warlock Bass ONE/Black 」です。
クールでかっこいい印象です。
尖っているところにぶつかったら、痛そうですね。

41w-00AcPNL
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC-Killer-KB-DAGGER-JJ%E3%80%90%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%91-Sparkling/dp/B00V4OGWEO?ie=UTF8&tag=iremono05-22

「キラー Killer/ベース KB-DAGGER JJ キラー Sparkling Purple」です。
なんだか、人工的な印象の不思議なフォルムをしていますね。

いかがでしたか?

ベース初心者の方向けに、種類や必要なものなど簡単に説明をしてみましたが、わかりやすかったでしょうか。
やはり、あなたの気に入ったベースを選ぶことが、一番の上達のコツなのではないかな、と思います。

もし弾き方に困ったなら、初心者用の本を探してみるのもよいかと思いますよ。
最近のものは、DVDがついていたりして、わかりやすそうです。

今回は専門的なことは書いていませんので、練習しはじめて興味がわいてきたら、調べてみると楽しめるでしょう。

最初からそのつもりで買う方もいるかもしれませんが、アンサンブルはとても楽しいものですので、
ぜひバンド活動をしてみることをおすすめします。

ベースを始めてみることで新しい人脈ができたりして、毎日の生活がより豊かで、充実したものになるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします