6畳のお部屋を模様替えで広々使おう♪6畳部屋の模様替えポイント

<2017年9月 最新情報を追記しました!>

1人暮らしに多い6畳ワンルームというケース。自宅の場合でも「6畳の一室を自分の部屋にしている」という人がたくさんいますよね。この6畳のお部屋を広々と使っていくためには、いくつかの模様替えポイントがありますよ♪6畳だって大丈夫♪ポイントを押さえて、上手に6畳部屋を使っていきましょう♪今回は模様替えポイントだけでなく、模様替えにぜひ参考にしてもらいたい実例集もご紹介していきますね♡さらに6畳のレイアウトを極めるために『新生活を快適に!6畳ワンルームの素敵なレイアウトアイデア集8選!』も合わせて読んでみてくださいね!

6畳を広々と使うための模様替えレイアウトポイント

ベッドは壁側に置くのが基本!


個性的なお部屋にしたいからとベッドを部屋の真ん中にどーんと置いてしまうのはNGです。
同じ大きさのベッドでも真ん中に置くだけで、部屋を狭く見せてしまいます。
壁側でも窓側でも、ベッドは壁にぴったりとくっつけるのが基本です。

この時のベッドも大きいベッドを選ぶのではなく、6畳に合うサイズのものを選べばより部屋を広く使うことができます。

また、収納棚を減らすためにも、ベッド下に収納スペースがあるものを選ぶのもいい方法ですね♪
模様替えの際は、ベッドを置く位置にまずは気を付けていきましょう。

ベッドもテレビもソファーも置きたい!そんな時は「コの字型」にレイアウト


ソファーも置いてくつろぎ空間を充実させたいという人は「コの字型」レイアウトがおすすめ!
この時、テレビボードとソファーの幅を揃えれば、よりすっきりとした部屋にまとめることができますよ♪

たくさんの家具でごちゃごちゃしているというお宅は、コの字の模様替えを実践していきましょう。

ベッドをソファー代わりに使う!そんな時は川の字レイアウトがおすすめ♪


ソファーがないお部屋は、川の字になるように模様替えしていきましょう。
動線も広く取ることができ、家具もすっきりまとまるので、6畳空間にとってもおすすめなレイアウトです♪

6畳生活をスタートさせる人のために♡家具ポイントも教えます

「低め」家具を選ぶと空間が広くなる


「低め」家具とは、高さの低い家具のこと。
ベッドの高さやテレビボードの高さに注目してください。
よく見るベッドやテレビボードに比べ、とっても低めな家具ですよね。
これが部屋を広く見せるためのポイント♪
6畳のお部屋でこれから生活するという人は、ぜひ「低め」家具を選んでみて下さい。

模様替えにおすすめ♪6畳部屋実例集

模様替えポイントを押さえたところで、実際の模様替えに取り入れてほしい、オシャレな6畳部屋のいくつかをご紹介していきましょう♪

オシャレ男子・クール女子におすすめ!黒でまとめられたラグジュアリーなお部屋


全面黒にしてまうと重い雰囲気になるのですが、ブラウンと黒を上手に組み合わせることで、高級感あふれるお部屋に仕上げることができます。
コの字レイアウトでお部屋もすっきりです。是非実践してみてくださいね♪

女子力UPの素敵なお部屋♡


1 2