ドラムの超初心者向けまとめ!基本知識、スティックの選び方など!

ドラムの各名称や基本的な叩き方、ドラムスティックの選び方、自宅での練習方法などを、超初心者の方向けにご紹介します♪

はじめに

ドラムの各部位について、スティックの選び方、基本的なリズム、プロドラマー二人のご紹介、自宅での練習方法、さまざまなドラムセット、の順にご説明して行きます。

この記事を開いたあなたは、やってみようかと考えている、ドラムについて興味がある方でしょうか、それとも、ドラムを始めたばかりの方でしょうか。

バンドと言ったら、まず一番目立つのはボーカルですよね!
そして、二番目に目立つのが派手なフレーズや大きなアンプがかっこいい、ギターでしょう。

そして、バンドを組むにあたって一番やりたがる人が少ないのがベースだ、という話を聞いたことがありますが、どうなのでしょうね。

そんな中でもドラムは、まさに縁の下の力持ちとでも言うような、実はとっても重要なパートなんです!

49488df7-00fc-411a-bbdc-3184c6758815
https://pixabay.com/static/img/no_hotlinking.png

ドラムはかっこいい!

むしろ、ドラムの人が上手で、しっかりとしたリズムキープをしてくれる方であれば、ギターやベースは格段に弾きやすくなりますので、多少の技術の未熟さはカバーされてしまうほどです!

ドラムはただリズムを演奏する、というイメージがあるかもしれませんが、優れたドラマーは、演奏に盛り上がりをつけ、指揮者のような役割を果たし、バンド全体の演奏を支配することもできるんです。

ボーカルの感情移入や歌い方すら、演奏によって指揮してしまう方もいますよ。

ちなみに、やはり一番目立つのはボーカルだとはいえ、実際のところは、どの楽器でもパフォーマンスを意識すれば、同じくらいかっこよくなることができます!

せっかくドラム始めたのなら、かっこいいドラマーを目指してみましょう♪

ちなみに、男性的なイメージがあるかもしれませんが、女性でも問題ないです。
後ほど、女性のプロドラマーの方もご紹介します!

ドラムの各部位

バスドラム


Pearl パール バスドラム MJ-216B No.23 レッド

真ん中にある、一番大きなドラムのことで、ドン、ドン、という一番低い音を出します。
画像では見えていないところにペダルが設置してあり、右足でそのペダルを踏んで、音を出すしくみになっています。

ちなみに、このドラムに当たる部分が二つある、「ツインペダル」というものもあります。
ドコドコドコ、という連続した激しいバズドラムの音を出すことができるのもで、メタルなどによく使われています。

1 2 3 4 5 6 7