森見登美彦の厳選おすすめ小説6選!ユーモラス溢れる日常ファンタジーが面白い♪

森見登美彦さんの小説の中から、特におすすめしたい作品を厳選して6冊紹介します。 ユーモラスに溢れた文章や独特の言い回しが特徴的な森見登美彦さんですが、その作品の舞台はほとんどが京都なんです。京都の魅力的な街中で繰り広げられる摩訶不思議な日常ファンタジーの世界をあなたも覗いてみませんか?休日を使って「ほどよくファンタジーの世界に浸かりたい。」という方におすすめな作品ばかりです♪

森見登美彦さんについて

プロフィール


1979年1月7日生まれ。
奈良県出身で京都大学在学中に執筆した「太陽の塔」でデビューした日本の小説家です。

作品の特徴


ほとんどの作品は、京都を舞台に1人の冴えない偏屈な男子大学生を中心に物語が進んでいきます。
基本的にはこの偏屈大学生の視点で物語が展開していくので、それに伴う心情や思考、感情の些細な変化が伝わりやすく、多くの人が共感し作品の世界観に魅了されています。

個性的な言葉の数々

古風でコミカルなクセのあるワードセンスや言い回しがそれら感情の変化をおもしろおかしく、飽きることなく伝えてくれます。
さきほども述べましたが、舞台は京都でそこに実際にある吉田寮(上の画像)、古本市、先斗町、鴨川デルタ、夷川発電所、伏見稲荷大社、熊野神社などの情景を独特の言葉で表現しているので、読めば読むほど京都に行きたくなること間違いなし!

登場人物の浮世離れした魅力

そして何よりも伝えたいことが作中に登場するキャラクターの魅力です。
森見さんが描くキャラクターはその全てが浮世離れした圧倒的な可愛さや面白さを誇っています。
もちろん小説なので顔を見ることはできませんが、作者さんの表現や舞台である京都も相まって一つ一つの行動や台詞からその人物の愛嬌やかわいさ、おもしろさが繊細に伝わってきます。

さて、前置きが長くなりましたが、数ある森見登美彦さんの作品の中からおすすめの作品を6選紹介していきたいと思います。

1:四畳半神話大系


四畳半神話大系 (角川文庫)

1人の冴えない男子大学生が、自らの大学生活をバラ色に輝かせるために何度も過去に戻り大学生活をやり直していくというループものです。

森見登美彦さんの作品の中ではかなり有名な小説なので、どれから読んだら良いか分からないという方におすすめです。

学生の人でもそうでない人でも読めば「こんな学生時代でも面白かっただろうな。」と思わずにはいられないかと思います。最後のオチには思わず拍手するほどでした。

<ココがおすすめ①>クールで知的な黒髪の乙女が登場。そんな乙女が見せるギャップに心がときめきます


四畳半神話大系オフィシャルガイド

この小説には、明石さんというヒロインが登場します。
黒髪のクールで知的な少女ですが、苦手な蛾を目の前にすると「ぎょええええ」と叫び、我を忘れて取り乱す一面も。周りに流されず自分の道を進みながらも、他人を思いやる気持ちを見せたり、主人公の阿呆な行動に付き合う彼女の姿に多くの読者が虜になっています。歯に衣着せぬ真っ直ぐな物の言い方も魅力の1つです。

1 2 3 4 5