かなり使える!無印良品のワイヤークリップ活用法まとめ

無印良品は、あっと驚くようなアイデアやシンプルなデザイン性から、年齢や性別を問わず高い人気を誇っています。いろいろな商品が話題となっていますが、フックやクリップといった小物類もとても便利なものが販売されているんです。その中でも「ワイヤークリップ」という商品は、さまざまな場所に活用できます。今回はそんなワイヤークリップの活用法をご紹介します。皆さんが不便に思っていたところにも活用できるかも!?

無印良品のワイヤークリップとは?


http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315002474

バーに引っ掛けて使うクリップです。レシピやふきん、ゴム手袋などを吊るすのに便利です。
ステンレス製のクリップで、手でつかむ部分が湾曲しているため、バーなどに引っ掛けることができます。
また、ステンレという材質が使用されていることから、さびにくく丈夫で長持ちするため、使用する場所を選びません。
フック×クリップという組合せが非常に便利で、リピート購入する方も多くいらっしゃいます。

ワイヤークリップの活用法!

メニューを吊るして使う


レシピなどを見ながら料理する際、目線をあちこちに送る必要があるため、すごく疲れてしまうことってありますよね。
そんなときにはこのように、レシピを吊り下げて使うととても便利です。
また、調理場から離しておけるため、水や油はねの心配もなく、汚れ防止にもなります。

キッチンツールも、さっと手に取れる!


毎日料理をする方にとって、キッチンツールの収納は特に見直したいポイントですよね。
こちらはキッチンに伸縮性のポールを設置して、ワイヤーフックを活用しています。
ツールスタンドに立てておくと必要のないものまで出てきてしまったり、取り出す際にもたつくこともあります。
しかしこの方法なら使いたい用品が一列に並んでいるため、すぐに手に取ることができます。
意外と場所をとるキッチンツールは、壁に吊るすことで省スペースにも収納できます。

お風呂場で一石二鳥!


洗顔フォームなどのチューブ型の容器や、スポンジ等をかけておくことも可能です。
容器はすぐに手にとって使用できるだけでなく、吊るしておくことで自然と水気が落ちるのでカビ予防にもなります。
またワイヤーフックはステンレス製であることから、サビにも強いため長持ちします。
体を清潔にする場所だからこそ、浴室用品はキレイに保っておきたいですよね。

スポンジの乾燥も!


こちらはシンク上の水切り棚にスポンジ置場を作った例です。
スポンジが吸収した水気をそのままにシンクに置くと、雑菌が繁殖しやすくなります。
こちらではシンクのスペースをとらず、通気性の良いワイヤーボックスを吊るして乾燥させています。
シンク周りはごちゃつきやすいので、物を分散させて収納するとスッキリします。

冷蔵庫でも使える!


わさびやからしなどの調味料チューブは、小さいので行方不明になりがちですよね。
それに残りが少なくなると出しにくくなるのも難点でした。
しかしこのワイヤークリップをこのように使うことで、どちらも解決してしまうんです。
省スペースに収納できるだけでなく、口が下を向くので自然と中身が出やすくなります。

1 2