ファンタジー小説の名作おすすめ10選☆読み出したら止まらない!

今回は、おすすめの名作ファンタジー小説をご紹介します。ファンタジーといえば児童書が多く、子供の頃に読んだ記憶がある人もいらっしゃるかもしれませんね。でも、子供時代だけの楽しみだなんてもったいない!名作と呼ばれるものは、何度読んでも面白く、さらに大人になって読むことで昔は分からなかったことに気づくことができるんですよ。時間を忘れて大人の読書を楽しめるファンタジー小説をチェックしてみてください♪

はてしない物語 ミヒャエル・エンデ/著


はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

あらすじ

少年バスチアンが手に取ったのは、「はてしない物語」という本。その中に出てくるファンタージェンという国は滅亡しかかっていました。いつしか現実の世界と本の中の世界が交差し始め、バスチアンはファンタージェンを救う旅に出るのです。国を救うことができるのか、その後バスチアンはどうなっていくのか…

☆ここがおすすめ☆

ぜひこの本はハードカバーで読んでください!
装丁が素敵過ぎるんです。
本の中に出てくる本「はてしない物語」と同じなんですよ。
本当にファンタージェンに入り込んだ気持ちになるはず♪
読みながら自分自身を振り返ることができ、バスチアンとともに成長できます。

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー) | ミヒャエル・エンデ, 上田 真而子, 佐藤 真理子, Michael Ende | 本-通販 | Amazon.co.jp

ナルニア国物語 C.S.ルイス/著


ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)

あらすじ

田舎へ疎開してきたピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人兄弟。ある日ルーシーは、衣装ダンスの奥がナルニアという見知らぬ国へとつながっていることを発見します。そこは、雪に覆われた世界。白い魔女に支配されていたのです。4人は創造主アスランを助け、ナルニアの本当の姿を取り戻すことができるのでしょうか。(ライオンと魔女)

☆ここがおすすめ☆

タンスの奥に別世界への入口があるというだけでわくわくしませんか。
信じるものしか行けないのです。
出版されている物語と、その物語の時間軸は異なりますので、出版順に読んでもよし、ナルニアの歴史順に読んでもよしという2つの楽しみ方があります!
やはり、ナルニアが作られる巻と最終巻ははずせません。
そして衝撃のラストは、読んだ人の心に染み渡ります。

Amazon.co.jp: 「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り (岩波少年文庫): C.S.ルイス, C.S. Lewis, 瀬田 貞二: 本

ゲド戦記 アーシュラ・K. ル=グウィン/著


影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)

あらすじ

潜在的にすごい能力が備わっていることを見いだされたゲド。さらに魔力を高めるために学校へいきます。しかしそこで禁断の魔法を使ってしまい「影」を生み出してしまうのです。ゲドと影との戦い。どう決着していくのでしょうか。(影との戦い)

1 2 3 4