散らかりやすいプラレールは飾って収納するべし!収納棚のDIY方法

お子さんに大人気のおもちゃ「プラレール」は、大人も驚くほどのクオリティでついついたくさん買ってしまいがちですよね。ふと気付けば部屋のそこら中に転がっていたり・・・。そんなプラレールは、その見た目の良さを生かしてディスプレイするように収納してはいかがですか?今回はプラレールが見えて、お子さんにも便利な収納棚の作り方をご紹介します。プラレールの収納に関しては『かさばるプラレールをすっきり収納♡プラレール収納術7選』でも解説していますので、合わせて読んで下さいね!

プラレールは見せて収納しよう!

人気のプラレールは、精工に作り上げられた様々なパーツがあり、ついついたくさん買ってしまいますよね。
こんな風に大きなボックスに入れている方が多いと思いますが、これだと目当てのものが見つからなかったり、同じものを購入してしまう場合も・・・。
そんなときは、ディスプレイするように収納してみてはいかがですか?
目に見える形で収納すれば、お子さんも手に取りやすくなり、いつでもプラレールを楽しめます。

購入すると値段が気になる・・・。

もちろんピッタリサイズのコレクションラックも販売されていますが、やはり値段が少々高くなるため、手が出しにくいですよね。
そこで今回は、そんな見せる収納棚の作り方をご紹介します。
手作りなので材料費はかなりお手頃に済みます。
簡単にできるものから、ちょっとした便利な細工まで、きっとあなたもチャレンジしたくなる工夫が満載です!

面倒な採寸は不要!超初心者向けの作り方

ホームセンターに行くと、等間隔に溝とネジ穴が開けられた「レクポスト」という木材が販売されています。
それを支柱として活用することで、面倒な採寸が不要になります。
溝の幅と同じ厚さの木材も、棚板として用意します。
こちらのカットもホームセンターで行ってもらえるので、好きな長さを決めて店員さんにお願いしましょう。
レクポストの溝に、カットした棚板を合わせてネジで固定していきます。
念のため支柱は左右後ろに使用すると、安定感が増してオススメです。

プラレール 収納

後ろの支柱には転倒防止用にL字の金具を使って、壁に固定させておきましょう。
プラレールや棚自体に重量はないものの、お子さんに倒れ掛かって来れば十分危険になりますので、しっかりとした対策をとってください。

完成!

プラレール 収納

あっという間にディスプレイ用の棚が完成しました!
材料はどれも身近なホームセンターで購入できますし、DIY初心者の方にも簡単に作成できます。
好きな色でペイントしたり、たくさん作って壁一面をプラレールにしてしまうのもオススメです!

詳しい作り方はコチラ!

イメージがつかない方は、以下で紹介する方法を実践してみて下さい!詳しい作り方が載っています♪プラレールの収納もこの方法ならキレイスッキリになりますよ!初心者は要チェックです♪

1 2