お気に入りのインテリアで寝室を最高にリラックスできる空間にしよう!

1日の中で最も多く時間を過ごす寝室。実はリビングやキッチンより長い時間を過ごしている場所なんですよね。お気に入りのインテリアの中で思いっきり休んで疲れをいやしたいですよね。今の寝室を見直して、自分好みの快適な寝室に近づけましょう!そのポイントとアイデアをご紹介します。

壁の色でイメージを決める

寝室のインテリアを考える時、まずはイメージカラーを決めましょう!
それに合わせて全体のテーマやリネンカラーも決めやすくなります。


ブルーグリーンの壁が鮮やかです。
この壁一面だけペイントしたことで、壁の三角の形と天井の白が映えていますね。
イメージカラーにしたい色を壁一面だけにペイントしてアクセントウォールにすると、部屋が引き締まり、インテリアも決めやすくなります。


全体はラベンダーカラーに、一面だけを花柄のウォールペーパーを貼っています。
一面だけ違うデザインのアクセントウォールは、ベッドヘッド側にするとしっくりきます。


つやのある柄入りの壁紙のお部屋で、ベッドヘッド側一面を藍錆色のアクセントウォールにしています。
濃い色の壁にヘッドボードの木がよく映え、ベッドのデザインが強調されています。


やはりベッドヘッド側を花柄のアクセントウォールにしています。
かなり大ぶりの柄ですが、他の面がグレージュの落ち着いたカラーなので、全体的には派手すぎず、落ち着いた雰囲気のお部屋になっています。
白い窓枠がとても素敵です。
日本ではなかなかこういう窓が手に入らないので、窓自体がインテリアのアクセントになっている外国のお部屋を見ると、ちょっと羨ましいです。

壁を飾ってテーマを決める

壁の色が決まったら、どのように壁をデコレーションするか決めましょう。
ベッドルームのメインはベッドですので、背の高い家具を置くことはあまりないでしょうから、大きく開いた壁をどう飾るかは、お部屋のインテリアを決める大きな鍵となります。

ピクチャーフレーム


全体的にブルーグレーとダークブラウンのベッドルームの壁に、落ち着いたゴールドのフレームにブルー系のヒトデコレクションを入れています。
かなりの数のフレームを並べているので、黒やダークブラウンだと圧迫感がありますが、白みがかったマットゴールドなので、明るい雰囲気になっています。
整然と並んだ様子がいいですね。



落ち着いたグレージュの壁にブラックのフレームを6枚並べて飾っています。
押し花でしょうか、自分で作った物を飾るのもいいですね。
お部屋には生花も飾っていますね。
フレームを縦長に使っているので、隣の縦長の窓とすんなり馴染んでいます。


横に5枚のフレームを並べ、風景画を飾っています。
フレームの間隔をあけていませんが、絵の周りに余白があるので、すっきりして見えますね。
窓を覆うアイアンの飾りと同じようなアイアンの飾りをフレームの上に飾り、お部屋にまとまりを持たせています。


ベージュの壁に、大きさも形も違う真っ白のフレームを沢山並べ、中に蝶のモチーフを飾っています。
フレンチカジュアルな雰囲気が素敵ですね。
フレーム自体を飾るというセンスが良いと思います。

1 2 3 4