aef2cd54-4e47-4797-9605-bcdd6ec38847

北欧インテリアを生活に取り入れよう!人気アイテムのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北欧インテリアといえば、シンプルナチュラルの象徴! 木の美しさや自然をより美しく見せるそのシンプルさが、和のインテリアと通じる部分があるのだと思います。 そんな日本人にとって取り入れやすい北欧インテリア。 ぜひあなたの生活にも取り入れてみませんか?マンションや一人暮らしなどで使える実例集も合わせて紹介! 世界中で長年愛される人気アイテムを紹介します。自分に取り入れやすい物をぜひ見つけてみましょう♪

北欧ってどこのこと?

aef2cd54-4e47-4797-9605-bcdd6ec38847

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/aef2cd54-4e47-4797-9605-bcdd6ec38847-300×100.jpg

北欧とは、スカンジナビア諸国(デンマーク、スウェーデン、ノルウェー)にフィンランドとアイスランドを加えた5カ国のことを指します。

北欧理事会加盟国はこの5カ国と3地域です。

でも、国連で言う北欧にはイギリスなど他の国も含みますし、ヨーロッパではスカンジナビア諸国=北欧と思っている人もいるそうで、厳密にどこが北欧なのか、理解は分かれる部分もあるようですね。

なぜ北欧はインテリアが有名なの?

6a31e52f-4079-47c6-9150-4cc82ad3b57d

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/6a31e52f-4079-47c6-9150-4cc82ad3b57d-300×220.jpg

北欧は長く厳しい冬を、家族と屋内で過ごすことが多いため、快適に過ごせるよう室内を整え、インテリアに凝るという習慣があるようです。

それに加え、国全体でデザイナーを育てるシステムがあったり、公共施設などでもユニークなデザインを楽しむというセンスが国民全体にあるのも事実です。

fb219cd6-24be-4d34-b74d-e2640831f4a4

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/fb219cd6-24be-4d34-b74d-e2640831f4a4-300×181.jpg

<写真:フィンランドの学校>

それに加え、国全体でデザイナーを育てるシステムがあったり、公共施設などでもデザインを楽しむというセンスが国民全体にあるのも事実です。

日本も今、外で楽しむより家の中の生活を充実させよう、という人が増えてきているように思います。
北欧のシンプルかつナチュラルなインテリアが、今の時代のニーズに合っていることも理由のひとつなのではないでしょうか。

また北欧の人たちは、真面目で地味で努力家が多く、”青い目の日本人”と言われるほど日本人に似ているところがあるとか。
私も仕事でフィンランドとスウェーデンの方たちとお食事を共にしたことがあるのですが、なんかみなさん揃って考え方や価値観などがとても自分似ていて、初対面ながら話していてほっとするような感じがしたのをよく覚えています。
私達が北欧インテリアに惹かれるのは、何かしら共感するところが似ているせいもあるからかもしれませんね。

北欧インテリアと言えば・・・

北欧インテリアといえば、何を想像しますか?

漠然とこんな感じとは想像できるものの具体的に取り入れようとすると難しかったりしますよね!

今から紹介するのは北欧インテリアに欠かせないアイテムとそのアイテムを活用した実例の紹介です。

ぜひ参考にしてくださいね!
家 具 <椅子>
セブンチェア

4db60d52-a609-4a03-bfc0-a0e2c077da8f

ttps://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/4db60d52-a609-4a03-bfc0-a0e2c077da8f-290×300.jpg

アルネヤコブセンの代表作「セブンチェア」。
1955年に発表されてから今に至るまで60年以上も愛され続けています。
その独特のフォルムは身体の線に沿うようにデザインされ、長時間座り続けても疲れを感じないと言われています。
耐久性もあり、家庭のダイニングテーブルだけでなく、学校や図書館など、どんな部屋にもしっくりくるデザインは、広く人々に愛されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/d45dac17-c660-45fa-9f6b-48aa63928b18-300×225.jpeg

人気ブログ「ひよりごと」のひよりさんのダイニング。
ラッカー仕上げのホワイトのセブンチェアが美しいですね。
白とナチュラルカラーに統一された空間がとてもすっきりしていてセブンチェアの美しさを惹き立てていますね。

d815d522-369c-4c7f-a1ca-e123108fec38

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/d815d522-369c-4c7f-a1ca-e123108fec38-300×225.jpg

しまさんのブログ「あたまのなかのいろいろ」で紹介されている子供部屋です。
二人の男の子の勉強机の椅子にリプロダクトのセブンチェアを使っています。
少しがたつきがあるそうですが、それ以外には特に問題なく使えているそうです。
ぱっと見には本物もリプロダクトも区別がつきませんね。
Yチェア

296dbe56-e32f-4b21-8536-5d90a5e9dc84

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/296dbe56-e32f-4b21-8536-5d90a5e9dc84-276×300.jpg

ハンス.J.ウェグナー作品の大ベストセラーであるカールハンセン&サン社製の「CH24 Y チェア」。
一本の笠木の丸棒を曲げて作った背の部分の美しいフォルムが有名です。
背あての部分がYの字の形をしていることからYチェアと呼ばれるようになりました。
座面はペーパーコードで編まれています。
木のような固さはなく、またクッション椅子のような柔らかさや清潔を保つ難しさもなく、適度な柔らかさで包み込まれるような座り心地で、長く世界中で愛されています。

94f3147a-f7cc-4c21-9f5a-426d326c8420

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/94f3147a-f7cc-4c21-9f5a-426d326c8420-226×300.jpg

「happy go lucky」のhanaさんのダイニングテーブルです。
全体的にナチュラル感満載のお部屋にナチュラルカラーのYチェアがよく合っています。

hanaさんも書かれていますが、ヨーロッパ仕様のYチェアだと、座面高さが46.5㎝もあり、日本人には少し高めなので、買う時に間違えないよう気を付けましょう。
日本仕様の物は座面42㎝なんだそうですよ。
ヨーロッパの人たちとは足の長さがだいぶ違うってことですねー。

ec5c4cce-3ef2-425f-a381-a5d3a53a4cb3

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/ec5c4cce-3ef2-425f-a381-a5d3a53a4cb3-300×300.jpg

すっきりしたフォルムなので、たくさん並べても圧迫感はありませんね。
逆にそろっていて整然とすっきりとしてみえます。

3e262b50-fd8a-43fb-bbe0-20e618ad2335

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/3e262b50-fd8a-43fb-bbe0-20e618ad2335-300×300.jpeg

ウォルナットカラーも素敵ですね。
丸テーブルに合わせています。
白い窓枠とシンプルナチュラルなウッドテーブル、そしてシルエットが美しいYチェア。
絶妙のバランスです。

シェルチェア

e4e31c0d-53fe-4e9c-86a2-541a07410976

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/e4e31c0d-53fe-4e9c-86a2-541a07410976.jpg

チャールズ&レイ・イームズのデザインによるシェルチェア。
1948年にMOMAが開催したローコスト家具の国際コンペのためにデザインされた物が元になっています。
その後、リサイクルできない素材であることを理由に製造が中止されていましたが、ハンマーミラー社がポリプロピレンを使って復刻版を作り、今に至ります。

db8f4cd9-f026-44d0-bc64-2e20044bebad

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/db8f4cd9-f026-44d0-bc64-2e20044bebad.jpg

e8296838-36f5-4ead-9f1e-a1e5a152ba47

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/e8296838-36f5-4ead-9f1e-a1e5a152ba47.jpg

3f06c059-51cc-45f9-91f3-13857be89fe4

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/3f06c059-51cc-45f9-91f3-13857be89fe4.jpg

シェルチェアはバリエーションも豊富で、座面カラーが豊富な他、足が木製の物、アーム付きの物、ロッキングチェアなど、色々なパターンがあります。

また、リプロダクトも多く作られ、かなり安価な物も出回っています。

b83e1e84-6e0a-48db-b55c-d3f01737f498

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/b83e1e84-6e0a-48db-b55c-d3f01737f498-225×300.jpg

「日々コーディネート」Teruさんのシェルチェアです。
ロッキングチェアをリビングで使われています。
なんとも美しいお部屋!
シンプルさがシェルチェアともよく合っています。

e25ab839-8620-4ffb-b715-d4c1ff1011d8

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/e25ab839-8620-4ffb-b715-d4c1ff1011d8-225×300.jpg

そしてこちらはブラックのアームレスシェルチェア。
ここは仮置きされただけだそうですが、ワンコもすっかり気に入っているようですね。
実際にはダイニングチェアとして購入されたそうです。

8434b7de-e42b-4ccf-9fb9-ac9f6d40d05b

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/8434b7de-e42b-4ccf-9fb9-ac9f6d40d05b-225×300.jpg

ダイニングに置いた様子です。
この席は長男君の席だそうです。
みなさんそれぞれお気に入りの椅子を使われているようです。
子供が大きくなり、ハイチェアから大人用の椅子に買い替える時に、お気に入りの椅子にそろえていくのも楽しいですね。

e93d8491-a3a6-4bbe-bb3a-b637471a2f76

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/e93d8491-a3a6-4bbe-bb3a-b637471a2f76-225×300.jpg

こちらは雪山田太郎さんのシェルチェアリプロダクト。
畳にだって違和感ないですよ!
デスクワークもシェルチェアで楽々ですね。

実はうちでもリプロダクトのシェルチェア使っています。
本物と比較したことがないので、違いなどはわかりませんが、背中が適度にしなり、身体が包み込まれるようなデザインなので、とても座りやすいと感じますよ。

スツール60

561d8b24-626f-47d4-865b-808eaa0bb794

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/561d8b24-626f-47d4-865b-808eaa0bb794-300×187.jpg

フィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトがデザインしたアルテック社の3本足スツール60です。
このスツールはアアルトがデザインした図書館の椅子として採用されたのが最初でしたが、そのデザインには3年の月日を要したそうです。
その結果、アアルト特有の曲げ木手法が生まれ、のちのアアルトデザインの原点となりました。
自然を生かした美しいデザインでありながら、スタッキングもできる実用的なスツールとして、今も世界中で愛されています。

cef7b15d-a7a9-473c-8286-e78160cdd1c4

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/cef7b15d-a7a9-473c-8286-e78160cdd1c4-300×300.jpg

「わが家のここち。」のwacoさんのスツール60(ジーンズ)。
ベッドサイドテーブルとしても素敵ですね。
どっしりしているので、寝ぼけてぶつかっても大丈夫です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/29f6ed98-e23d-45de-9583-2de44522b4d0-300×225.jpeg

ぜったいスツール60を意識して作ったであろうIKEAのスツールFROSTA。
1000円を切るお値段ですから、違いは当然ですが、比べるとこんな感じ。
右側の4本足がIKEAです。
自分でブラックにペイントしたそうですよ。
スツール60と比べて、座面も足も木材が薄いので、少し頼りない気がします。
でも逆にお値段を思えば、IKEAもなかなかじゃないか!と思いますね。
なんの気兼ねもなく、ペイントしたり、アレンジしたりできるのがIKEA FROSTAのいいところです。
次に行った時は、娘のベッドサイドテーブルと、予備椅子として、私もぜひ複数購入しようと思っています。

ストリングシェルフ

209558d3-b368-4868-a846-fd997a7b6e9e

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/209558d3-b368-4868-a846-fd997a7b6e9e-300×300.jpg

ストリングシェルフは、スウェーデンの建築家ニルス・ストリニングが今から60年以上前にデザインしました。
はしご状のベースを壁に取り付け、棚板を乗せるだけ、という簡単な作りでありながら、そのバリエーションは多様で、ニーズに応じて様々な形に変化させられるシステム家具として、長年北欧諸国ではなくてはならないものとして生活の一部となり、愛用されてきました。

a3828937-5dc0-4afb-b8df-75297ccd4c5e

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/a3828937-5dc0-4afb-b8df-75297ccd4c5e-300×220.jpg

リビングで大型家具として使うことも可能です。
見せたくない物は扉付きのパーツに収納することもできます。

aad52fe7-2106-45b3-97a5-3f1dfbddcf15

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/aad52fe7-2106-45b3-97a5-3f1dfbddcf15-300×300.jpg

こんな風に机としても使えるんです。
上の方までの棚でも、はしご状のベースがすっきりとしているので、圧迫感は全く感じられませんね。
子供部屋にも合いそうです。

64a011e5-d5db-44c1-b62c-5af4c41f43c0

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/64a011e5-d5db-44c1-b62c-5af4c41f43c0-300×200.jpg

写真左:扉付き収納にはガラス扉もあるんです。
    埃を避けたい物や食器等の収納もばっちりです。

写真右:こんな美しい書斎が欲しい!
    窓の外の風景とストリングシェルフの美しいたたずまい、窓辺に積もった雪の白さとシェルチェアの白がマッチして、絶妙なバランスで絵のような部屋ですね。

将来、海外に移住してこんな部屋を持ちたい!と希望を持たせてくれるお部屋です。

憧れの北欧インテリアもここまで丁寧に実現できたら素敵ですよね!

照明

ビーハイヴ

d3939810-0d9d-4fb4-b813-7d9f51e6196c

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/d3939810-0d9d-4fb4-b813-7d9f51e6196c.jpg

アアルトデザインによるアルテックのビーハイヴ(ハチの巣)です。
色は他にも真っ白な物、ラインがクロームの物があります。
ダイニングテーブルの上によく似合う素敵な照明で、とても人気があります。

82497f6b-0d78-4f9d-a362-7e6214548484

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/d3939810-0d9d-4fb4-b813-7d9f51e6196c.jpg

リビングでも素敵ですね。
インパクトがあるので、北欧インテリアの中心的アイテムになります。

16b54338-cda8-4bad-86b8-f4152fd7d4d7

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/16b54338-cda8-4bad-86b8-f4152fd7d4d7-300×300.jpg

なんとアアルトさんご本人の自宅リビングにもビーハイヴが!
フィンランドでは自宅が公開されているそうです。
こうして実際に暮らしていた様子を見ると、ますます我が家にもお迎えしたい!と思ってしまいます。

9b5a71ba-4913-438c-912b-3ba593f37dc0

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/9b5a71ba-4913-438c-912b-3ba593f37dc0-300×225.jpg

ポスターも人気ですよ。
照明を持っていなくても、ポスターを飾るだけでその美しいシェイプを共有できた気がして、何だかうれしくなります。

ルイス・ポールセン

5b61bc27-f49d-4221-8f80-19f6bb22d388

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/5b61bc27-f49d-4221-8f80-19f6bb22d388-300×192.jpg

beccf878-072f-4864-948c-3e1b7bfdbde4

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/beccf878-072f-4864-948c-3e1b7bfdbde4-300×300.jpg

デンマークのデザイナー、ポール・ヘニングセンのデザインです。
下に柔らかい明かりを集めるデザインなので、ダイニング照明に適しているそうです。
上から漏れる明かりは、照明自体を美しく見せ、周囲の空間に美しく映えて見えます。

スノーボール

7bbd2cd1-5c77-4ea2-af95-32cd075494bd

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/7bbd2cd1-5c77-4ea2-af95-32cd075494bd-300×187.jpg

少し形が違いますが、こちらもルイス・ポールセンです。
雪の玉のようなイメージなのですね。
大振りなのでインパクトがあり、白い姿が素敵です。
8枚のシェードの内と外を光沢とマットに塗り分けているため、独特の光の放ち方をするそうです。
実物を見たら惹かれてしまうんだろうなぁ、と思います。

bba73871-de0d-49e9-86f7-2fb8485385c0

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/bba73871-de0d-49e9-86f7-2fb8485385c0-199×300.jpg

IEbiyoriのmkさんのお宅です。
ダイニングテーブルの上に取り付けたスノーボールですが、取り付けた途端にダイニングはおろか、リビングの中心にもなってしまったとか。
すごい迫力ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/b23bbd51-8f90-466a-b46b-27e20d82e2cc-300×225.jpg

「白いお家ができるまで」のjingo29さんのダイニングルームです。
真っ白いお部屋に明るい陽射しが射し込んでいます。
その中に、ナチュラルウッドのダイニングテーブルと真っ白のスノーボール。
とっても美しくてうっとりしてしまいますね。

フラワーベース

イッタラ アアルトのフラワーベース

d2c6e5c4-19ee-4660-8fab-4e6539feee0a

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/d2c6e5c4-19ee-4660-8fab-4e6539feee0a-300×200.jpeg

湖のような形のフラワーベース。
イッタラの人気の北欧インテリアのアイテムです。
もちろんお花を活けてもいいのですが、その他にもキャンドルホルダーにしたり、雑貨入れにしたり、そのものをオブジェとして飾ったりと、様々な使い方ができます。

303b1de5-3fd3-4b98-a441-6b6c348fdfad

ttps://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/303b1de5-3fd3-4b98-a441-6b6c348fdfad-300×200.jpeg

こんな風に飾っても素敵ですね。
北欧グッズ満載のこのコーナー、うらやましい限りです。
うちにもいるのはくまさんの貯金箱だけです。

ホルムガードのフローラ

f7ff81b6-2e2a-47ef-a8ee-acc458348ad1

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/f7ff81b6-2e2a-47ef-a8ee-acc458348ad1-300×300.jpg

デンマーク王室御用達のグラスウェアブランド、ホルムガードのフラワーベース「フローラ」です。
サイズは大(24㎝)と小(12㎝)、デザインはロング、ミディアム、ショートがあります。
色はクリアとスモークがあります。

10f7e1eb-4863-4eab-9356-39abd9408e53

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/10f7e1eb-4863-4eab-9356-39abd9408e53-300×214.jpg

クリアの大ロングに太い枝を挿しています。
こんなに太い枝を挿せるのも下が太くなっているフローラだからこそ。
どっしりしていて安定感は抜群です。
だからこの枝のように右側に葉が集中している物でも、美しく飾ることができます。

47b0e112-ce2d-49f1-96ca-1aabdcddbd92

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/47b0e112-ce2d-49f1-96ca-1aabdcddbd92-300×204.jpg

お庭やベランダでハーブを育てていたら、今日のお料理に使う分だけ摘んできて、水をはったフローラに無造作に挿しておくだけ。
それだけなのに、なんだか美しいです。
緑だけでも絵になるのはフローラならではでしょう。

リサラーソンのフラワーベース

1369f4ec-cb65-4c97-a3b6-6a576e5f09f8

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/1369f4ec-cb65-4c97-a3b6-6a576e5f09f8-300×199.jpg

ドレスをはじめとした洋服デザインのフラワーベース。
小ぶりのサイズですが、その存在感はばっちり。
お花を活けていなくても、それだけで十分インパクトのあるオブジェとして楽しむことができます。

7a40bf2d-cf3a-4a78-8265-f6d5835774ee

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/7a40bf2d-cf3a-4a78-8265-f6d5835774ee-225×300.jpg

おそらく一番人気があるデザイン「ドレス」。
色は淡い水色と濃いブルー、ホワイトがあります。
どちらも素敵ですよね。
100均の花瓶だとどんなに工夫してもうまく活けられないのに、このドレスにはどんなお花を挿しても素敵になっちゃうところがいいですね。

13337496-be21-4a4a-ad46-5dbc0ecd8c50

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/13337496-be21-4a4a-ad46-5dbc0ecd8c50-243×300.jpg

黄色い花が可憐です。
どんなお花でも似合いますが、やっぱり素朴で可憐なお花はよく似合いますね。
同じリサラーソンの陶器のライオンやネコと一緒に飾られています。

86f6b0b0-f964-44d7-87d6-0c732d66267c

https://findy.jp/wp-content/uploads/2016/06/86f6b0b0-f964-44d7-87d6-0c732d66267c-300×168.jpg

それぞれの色に合わせたお花を活けています。
どれも素敵でどの色にするか迷っちゃいますね。

あなたの生活にも北欧インテリアを取り入れて素敵な空間を♩

北欧インテリアアイテムは、素晴らしい物がたくさんありすぎて、とてもここですべてを語ることはできませんが、中でもおすすめの物をご紹介しました。
少しのテイストを生活に取り込むだけで、北欧のシンプルナチュラルを楽しむことはできますよ。
ぜひあなたの生活にも北欧テイストを取り入れてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします