748336b7-78e3-4c3d-8dc2-0fec25ea7313

別府温泉の完全ガイドブック!おすすめ観光名所20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、別府に住んでいた私がおすすめの観光スポットをご紹介いたします! 別府温泉地といえば、国内でも有数の温泉地です。湯出量は日本で1番で、また、数多くの観光地もあります。 美味しい食事に、面白い文化、そして何よりゆったりとくつろげる温泉などをじっくりおすすめしていきたいと思います。みなさんぜひ別府を楽しんでください♪

メニューの少なさはこだわりの証し!

748336b7-78e3-4c3d-8dc2-0fec25ea7313
http://livedoor.blogimg.jp/nsan/imgs/3/0/305475d5-s.jpg

最初におすすめするのは、「湖月(こげつ)」という餃子屋さんです。
しかも、いたってシンプルなお店です。
店内の席はカウンター8席で、メニューは餃子と瓶ビールのみのお店です。
餃子1本のお店なのが分かる美味しさ。
パリパリの餃子を頬張ると、じゅわっと溢れる肉汁がたまりません。
別府に訪れたら、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

湖月(こげつ)の詳細情報

■場所:別府市北浜1-9-4
■TEL:0977-21-0226
■営業時間:14:00~21:30
■定休日:火曜日

http://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44000056/

鮮魚がおすすめ!懐かしの居酒屋さん


http://33.media.tumblr.com/839a5da2f1f7e9881b5a5182e40e228f/tumblr_inline_mxdfanuovG1r5gydt.jpg

別府市で知る人ぞ知る居酒屋が「居酒屋治ちゃん(はるちゃん)」です。
夫婦2人でやっている小さな居酒屋さんなので、座席数が少ないので、予約必須のお店です。
大将が仕入れてきた新鮮な鮮魚や名物関鯵・関鯖はもちろん、その日上がった魚のカマ焼きなど、生ものや焼き物で鮮魚を楽しむことができますよ。
どれも手造りで優しい味の居酒屋さんです。

居酒屋治ちゃんの詳細情報

■場所:別府市秋葉町6-30
■営業時間:18:30~翌0:30
■定休日:日曜日
■TEL:0977-24-7395

http://haruchan.k-server.org/

モーニングならココ!おすすめ喫茶店


http://stat.ameba.jp/user_images/20130825/22/yuca37/4f/9f/j/o0720040512661485942.jpg

「KIHEI CAFE 本店」では、美味しいモーニングを楽しむことができます。
オムレツやトーストなどの王道の洋食メニューなのですが、その素朴さが美味しいのです。
そして、食後の珈琲もおいしく、リーズナブルなお値段で、優雅な朝の一時を過ごすことができますよ。
ぜひ、別府に宿泊の際には「KIHEI CAFE 本店」でモーニングを味わってみませんか?

KIHEI CAFE 本店の詳細情報

■場所:別府市富士見町6-30
■営業時間:8:00~18:00(L.O 17:00)
モーニング8:00~11:00/ランチ11:00~16:00/カフェ16:00~18:00
■定休日:不定休
■TEL:0977-23-1134

http://www.sanyocoffee.com/store/more.php?code=01
http://www.sanyocoffee.com/store/more.php?code=01

郷土料理の味は昔ながらのやさしい味

別府温泉
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-64-84/pm53ul/folder/926344/31/34988231/img_1?1394267822

大分は鶏天が郷土料理として有名ですが、実は「だんご汁」も有名なのですが、大分のだんご汁は、「だんご」ではなく「だんご麺」という麺が入っています。
「味処 よね田」では、昔から大分で食べられている「団子汁」を地獄窯で温泉の蒸気で蒸して取れた出汁を使って作られています。
季節の野菜と味噌の味がとっても優しく、懐かしい気持ちにしてくれますよ。
夏季限定の別府冷麺は、優しい和風だしで夏の暑さを吹き飛ばすさっぱりした美味しさです。
鉄輪の地獄めぐりの「鬼山地獄」の隣にあり、お店の外では地獄蒸しも販売しているので、気軽に立ち寄ることができますよ。

味処 よね田の詳細情報

■場所:別府市御幸5組2
■営業時間:8:30~17:00
■定休日:不定休
■TEL:0977-66-0327

http://r.gnavi.co.jp/4p92gkag0000/

オリジナル香水作りやアロマ体験でさらに癒されてみませんか?

33069c5f-d25d-4535-8c67-28c1409f7013
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/46/f1/980d3b18a88c4dcda96c8579e044e387.jpg

「大分香りの森博物館」は、その名前のとおり、香りを扱った博物館です。
膨大な量の香水コレクションや、香りと人の歴史などについて展示されています。
体験コーナーでは、好きな香りを選ぶことができるアロマ体験や、オリジナルの香水作成などをすることができますよ。
ぜひ、旅の思い出に自分だけの香水を作ってみませんか?
香水作りは事前の予約が必要になります。

また、香りの森博物館は美味しいランチも有名で、館内には足湯などもあります。
香りを楽しんだ後は、美味しい食事を楽しむこともできますよ。

大分香りの森博物館

■別府市北石垣48-1
■開館時間:10:00~18:00
※カフェエリアは、19:00まで
■休館日:なし
■TEL:0977-27-7272
■入館料:大人500円/大学・高校生:300円/小中学生:200円
※香水作り・アロマ体験は別途料金

http://oita-kaori.jp/

別府市といったらこれ!「地獄めぐり」


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-32-72/xtbyh157/folder/491835/71/11716471/img_0?1320153746

別府市で観光といえば「地獄めぐり」です。
地獄は全部で8ヶ所あり、そのうち4ヶ所は国の名勝に指定されています。
そんな中でもおすすめなのが「血の池地獄」です。
「血の池地獄」は、日本で一番古い天然の地獄で、「赤い熱泥の池」です。
地下で高温・高圧下による化学反応によって生じた酸化鉄や酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出して堆積します。
そのため、池一面が赤く染まるのです。
血の池地獄には限定の血の池プリンなどの限定スイーツもありますので、訪れた際にはぜひ食べてみてくださいね♪

血の池地獄の詳細情報

■場所:別府市野田778
■営業時間:8:00~17:00
■定休日:なし
■TEL:0120-459-554
■入園券:大人400円/高校生300円/中学生250円/小学生200円

http://www.beppu-jigoku.com/chinoike/

別府の自然を味わいたいならココ!別府ロープウェイ


http://www.beppu-ropeway.co.jp/data/img_data/album/20130425173421pdfsxfilx7298.jpg

別府市にある「鶴見岳」は、標高1375mの山で、阿蘇くじゅう国立高原の東側に位置する山です。
別府方面はもちろん、中国・四国地方やくじゅう連山を望む雄大な景色を楽しむことができます。
そんな鶴見岳の自然や風景を眺めながら空中散歩を楽しむことができる「別府ロープウェイ」は絶景です。
四季折々の豊かな自然をぜひお楽しみください。

鶴見岳頂上には遊歩道や七福神めぐり、麓のロープウェイ乗り場には九州焼酎館などもありますので、焼酎のお土産購入を考えている方にもお勧めですよ。

別府ロープウェイの詳細情報

■別府市南立石字寒原10-7
■運行時間:9:00~17:00
※冬季(11月15日~3月14日まで9:00~16:30)
※ナイター営業有り。公式HPにてご確認ください。
■TEL:0977-22-2278
■運賃:大人往復1600円・片道1000円/小人往復800円/片道500円

http://www.beppu-ropeway.co.jp/

木製ジェットコースターはとってもスリリング


http://www.kijimakogen-park.jp/ride/img/jupiter/img2.jpg

城島高原は、温泉・ホテル・ゴルフ・遊園地という複合レジャー施設です。
中でも、日本初の木製のジェットコースター「ジュピター」は、木製と言うことが心理的に働いて、普通のジェットコースターよりもスリリングさを味わうことができます。
他にも、3次元迷路やたくさんのおもちゃを扱ったパビリオンがある「おもちゃ王国」など、一日中楽しむことができますよ。

城島高原パークの詳細情報

■場所:別府市城島高原123番地
■開館時間:時期によって変動するため、公式HPをご確認ください。
■TEL:0977-22-1165(9:00~17:00)
■入園料:大人1200円/小人400円
※遊園地内乗り物券は別途料金

http://www.kijimakogen-park.jp/

昔ながらの「竹製温泉冷却装置」を使っている温泉


http://www.owl.ne.jp/shibunoyu/photos/007.jpg

別府市にはたくさんの立ち寄り湯である大衆浴場があります。
そんな中でも、昔ながらの竹製温泉冷却装置「湯雨竹」を使用している温泉が「渋の湯」です。
源泉掛け流しの温泉で、高温の温泉が竹の枝を伝う間に冷やされることからその名前がつきました。
昔ながらの温泉の温度調節方なのです。
昔の人の知恵が活かされている温泉で旅の疲れを取ってみませんか?

渋の湯の詳細情報

■場所:別府市鉄輪町風呂本1組
■営業時間:6:30~21:00
■泉質:ナトリウム塩化物泉
■入湯料:観光客の利用は100円コインロッカー代金が入湯料となっています。

http://www.owl.ne.jp/shibunoyu/index.html

長い歴史のある湯治地の大衆温泉浴場


http://livedoor.blogimg.jp/oyu_buccho2675/imgs/5/7/57e2e1b8.jpg

色々な温泉を楽しみたいという方におすすめなのが、「柴石温泉(しばいしおんせん)」です。
柴石温泉の歴史は古く、895年に醍醐天皇や1044年に後冷泉天皇などが湯治の場所として使用した温泉地でもあります。
療養効果が高いので、「最近疲れが取れないな…。」という方におすすめの温泉です。
温泉は、内湯・露天のほかに家族湯や蒸し湯などもありますので、ゆっくりと温泉で癒されてください。

柴石温泉の詳細情報

■場所:別府市野田4組
■営業時間:大浴場7:00~20:00/家族湯9:00~20:00(最終受付19:00)
■定休日:第2水曜日
■TEL:0977-67-4100
■泉質:内湯・露天・家族湯:単純温泉/蒸し湯:塩化物泉
■入湯料:大人210円/小人100円/家族湯1620円(1時間4人まで)

http://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/02shiei/14shibaseki/shibaseki.html

別府の街中にある公園横の大衆温泉浴場


https://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/10photo/07kaimonji/images/05_01.jpg

別府駅前の大通りの横道に入ると海門寺公園(かいもんじこうえん)があり、その直ぐ横に「海門寺温泉(かいもんじおんせん)」があります。
昭和11年に市営温泉となり、現在でも別府市民に愛されている温泉です。
平成22年にリニューアルが完了しており、バリアフリーになっています。
温泉は「あつ湯」と「ぬる湯」の2種類のうち湯があるので、熱めのお湯が苦手な方でも安心して入ることができますよ。

海門寺温泉の詳細情報

■場所:別府市北浜2丁目3番2号
■営業時間:6:00~22:30
■定休日:年末大掃除日・不定休
■TEL:0977-22-3625
■入湯料金:100円
■泉質:炭酸水素塩泉

http://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/02shiei/07kaimonji/kaimon.html

海岸線を眺めながら砂湯でデトックスはいかが?


https://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/10photo/09kaihin/images/01_01.jpg

砂湯でデトックスはいかがですか?
専用の浴衣に着替えて、砂かけさんから丁寧に砂を掛けてもらえば、42℃に保たれた砂が心地よく、じわじわと体があったまって思いっきり汗をかくことができますよ。
1人10分ですが、夏場だと少し熱中症が心配になるので、砂湯に埋まる前と埋まる後できちんと水分補給をしてくださいね。
波の音を聞きながら、気持ちいい汗をかきたい方におすすめですよ。

別府海浜砂湯の詳細情報

■場所:別府市上人ヶ浜
■営業時間:3月~11月8:30~18:00(最終受付17:00)/12月~2月9:00~17:00(最終受付16:00)
■定休日:毎月第4水曜日(祝日の場合、翌日)
■TEL:0977-6-5737
■入湯料:1030円
■泉質:塩化物泉

https://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/02shiei/09kaihin/kaihin.html

水着で入れる温泉の複合施設


https://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/10photo/08kitahama/images/01_01.jpg

ラテン語で「浴場」という名前を持つ「別府テルマス」は、色々な温泉を楽しむことができます。
内湯・露天や打たせ湯、ミストサウナに蒸し湯など、色々な種類の温泉があります。
また、水着着用の混浴エリアでは、ドライサウナや屋外にある塩湯などを楽しむことができます。
海沿いにあるので、屋外健康浴エリアでは海風に吹かれながら温泉を楽しむことができますよ。

別府テルマス温泉の詳細情報

■場所:別府市京町11-1
■営業時間:10:00~22:00(最終受付21:00)
■定休日:毎週木曜日(祝日の場合は翌日)
■TEL:0977-24-4126
■入湯料:大人510円/小人250円
■泉質:塩湯・飲泉以外:単純温泉/塩湯:炭酸水素塩泉

https://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/02shiei/08terumas/terumas.html

別府市の眺望を楽しめる癒しの宿「眺望の宿 しおり」


http://www.yado-shiori.jp/room/img/img1b.jpg

別府湾から高崎山まで海と山を部屋からならがめることができる素晴らしい眺望の宿です。
庭園にでれば、その絶景を眺めながら足湯も楽しむことができます。
お部屋は、別府湾を望む海側と緑を眺めることができる山側のお部屋の2タイプがあり、全室和室なので足を伸ばしてゆっくりと寛ぎましょう。
温泉は、美人の湯ともよばれており、とろとろのお湯で肌はツルツルの美肌になることができますよ。
内湯・露天の他にも家族風呂があり、好みの温泉に入ることができますよ。
食事は、大分の「豊後牛」や「関鯵」などの地元の特産品である食材を活かした和食懐石です。
四季折々の食材を目と舌で楽しんでください。

眺望の宿 しおりの詳細情報

■場所:別府市大字南立石2218番5
■TEL:0977-22-9771
■泉質:ナトリウム・塩化物・硫酸塩泉
■チェックイン/チェックアウト:15:00/11:00

http://www.yado-shiori.jp/index.html

美湯で美肌を手に入れたい方にお勧めの宿「美湯の宿 両築別邸」


http://ryoutiku.com/common/img/dinning/a_15/1_01.jpg

別府の高台にある「観海寺温泉」にある宿です。
お部屋は全部で50室あり、オーシャンビューのお部屋です。
部屋タイプは、洋室・和洋室・和室・特別室と人数やシーンごとにお部屋タイプを選ぶことができます。
温泉は、広々とした浴室に昔から湯治場として利用されていた良質な温泉で、美湯としても有名です。
内湯・露天・打たせ湯のほかに有料の貸切風呂などもありますよ。
料理は、四季折々の旬の食材を活かした和食のコース料理を楽しむことができます。
予算に応じてコースを選ぶことができますので、コース内容に応じて選択することもできます。

美湯の宿両築別邸の詳細情報

■場所:別府市観海寺3
■TEL:0977-26-0022
■泉質:アルカリ単純温泉
■チェックイン/チェックアウト:15:00/10:00

http://ryoutiku.com/

神秘的な青い温泉の宿「明礬温泉 岡本屋」


http://www.okamotoya.net/hotspring/img/img002.jpg

創業が明治8年という年季の入った温泉宿が「明礬温泉 岡本屋」です。
硫黄や湯の花などが有名な明礬エリアですが、岡本屋の青磁色の温泉が岡本屋の特徴です。
お部屋は全室和室の16部屋で、源泉掛け流し内湯つきのお部屋もあります。
時間を気にせず気兼ねなく温泉を楽しみたいという方におすすめのお部屋です。
温泉は、庭園露天風呂となっており、青磁色の神秘的な露天風呂にゆったりと柔らかな温泉につかることができる内湯もあります。
お料理は、大分ならではの食材にこだわった料理で、料理長が一品一品を丁寧に作られた懐石料理を楽しむことができます。

明礬温泉 岡本屋の詳細情報

■場所:別府明礬4組
■TEL:0977-66-3228
■泉質:単純硫黄泉
■チェックイン/チェックアウト:15:00~10:00

http://www.okamotoya.net/index.html

全室オーシャンビューの絶景お宿「潮騒の宿晴海」


http://www.seikai.co.jp/onsen/img/shiosai_01.jpg

温泉宿の大浴場って入浴時間が決まっているけれど、「もっと自由に温泉に入りたい!」という方におすすめの宿が「潮騒の宿晴海」です。
全室オーシャンビューで露天風呂がついているので、いつでも好きな時間に温泉に入ることができます。
真夜中の温泉タイムから朝風呂まで好きな自由に温泉をご堪能ください。
料理は、和食・海鮮・創作料理を選ぶことができ、いずれも大分の食材と美味しさを極めた料理を舌や目で楽しむことができますよ。

潮騒の宿 晴海の詳細情報

■場所:別府市上人ヶ浜街6-24
■TEL:0977-66-3680
■泉質:ナトリウム塩化物泉
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/11:00

http://www.seikai.co.jp/index.html

地獄めぐりの中にある温泉お宿「鬼山ホテル」


http://www.oniyama-hotel.co.jp/spa/images/sec1_4.jpg

鉄輪温泉の地獄めぐりの真ん中にある温泉宿が「鬼山ホテル」です。
お部屋は和室・洋室・特別室の3タイプから選ぶことができます。
料理は、美味しい旬の食材を使った和懐石や鉄輪エリアの名物料理である温泉の蒸気を使って食材を蒸す「地獄蒸し」などの料理を楽しむことができます。
温泉は、「空の湯」といわれる鶴見岳や扇山、別府市街や別府湾を一望できるホテルの屋上にできた開放感溢れる温泉を楽しむことができます。
内湯や家族風呂もあるので、温泉でリラックスすることができますよ。

鬼山ホテルの詳細情報

■場所:別府市鉄輪335-1
■TEL:0977-66-1121
■泉質:塩化物泉
■チェックアウト/チェックイン:15:00/10:00

http://www.oniyama-hotel.co.jp/

プライベート重視の温泉宿「和み月」


http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pict3L/Y2/Y372952/Y372952072.jpg

観光も程ほどに、宿でゆったりと過ごしたいという方におすすめなのが「和み月」です。
お部屋は和室・和洋室のアジアンテイストを取り入れたモダンな作りのお部屋で、全室源泉掛け流しの露天もしくは、半露天の温泉がついているので、いつでも好きな時間に温泉を楽しむことができます。
お部屋にはコーヒーミルなど、女性が嬉しい小物やアメニティーなどが揃っています。
食事は、自家製菜園でとれたての野菜や大分の旬の食材をしようした創作懐石を楽しむことができます。

和み月の詳細情報

■場所:別府市上人本町411-5
■TEL:0977-66-7766
■泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/10:00

http://www.nagomituki.com/

全室源泉掛け流し温泉付きの素泊まり宿「徳の宿 ふぶ庵」


http://fubuan.com/img/guestroom/yotoku/images/image3.jpg

一歩敷地内に入れば、別荘のようなたたずまいの宿です。
それぞれ独立しており、メゾネットタイプとフラットタイプのお部屋から選ぶことができ、それぞれ和室・洋室・アジアンテイストのモダンなお部屋があります。
お風呂は、源泉掛け流しの露天と半露天のついたお風呂が着いています。
何にも邪魔されず、寛ぎの空間でゆったりと過ごしたい方にお勧めです。
素泊まり宿なので、食事は食べたいものを自由に食べることができるのも宿泊の楽しみが増えますよ。

徳の宿 ふぶ庵の詳細情報

■場所:別府市春木1組1
■TEL:0977-75-8950
■泉質:ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉
■チェックイン/チェックアウト:16:00~/11:00

http://fubuan.com/index.html

別府観光のまとめ

別府は古くから湯治の場所としても有名です。
そんな別府には有名な観光地からちょっと穴場なスポットやマニアックな場所までたくさんあります。
王道のスポットもいいですが、ちょっとマイナーな温泉などコアな別府観光はいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします