掃除機の選び方&種類別おすすめの掃除機をご紹介

掃除機の選び方&種類別おすすめの掃除機をご紹介

掃除機といっても、さまざまな種類があるので、どれを選んだらよいのかわからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。 今回は、掃除機の種類や選び方、種類別のおすすめ掃除機をわかりやすくご紹介していきます。

掃除機の種類

紙パック掃除機

紙パックを換えるだけなので、お手入れが簡単です。
ゴミがたまってくるとにおいがしてくるなど、排気はあまりきれいではないです。
一般的な掃除機ですね。

ゴミ捨ての時に埃が舞いにくいですし、ゴミを直接手でさわらなくてよいので衛生的です。

サイクロン掃除機

吸引力が持続しやすいことが特徴です。
このタイプは紙パックを使わないので、エコですね。
紙パックを買うコストもかかりませんし、紙パック式にくらべると排気がきれいです。

しかし、ゴミ捨てをこまめに行うなどの手間はかかります。
スティック掃除機

コードなしのものが多く、スリムな形であり、立てて置けるので、掃除機で場所をとりたくない方におすすめです。

ハンディ掃除機

コンパクトなので、使いたいときにさっと使えることが特徴です。
ケーブルなしのタイプが多い傾向にあります。
普通の掃除機が入らないような場所、ケーブルが届かないところのお掃除におすすめです。

ロボット掃除機

自動で掃除をしてくれるので、便利です。
ものが少ない部屋におすすめです。

吸引力について

吸引力は、やはりサイクロンの方が強いでしょう。

しかし、どちらにしろゴミがつまっていると吸引力は落ちますので、こまめに掃除、紙パックを換えることで、その掃除機吸引力を発揮することができます。

これはどちらのタイプにも共通することであるのですが、紙パック式だと、やはりすぐ捨てるのはもったいないですよね。
いっぱいになってから捨てよう、という方が多いのではないでしょうか。

そういった観点から考えると、紙パックを買う必要のないサイクロンタイプの掃除機の方が気軽にゴミ捨てをしやすく、吸引力が持続しやすい、ということはあります。

しかし手間がかかるので、どちらをとるか、というところでしょう。

コード付き掃除機とコードなし掃除機

コードあり掃除機とコードなし掃除機どちらがよいかということに関しては、用途によります。

例えば、コードが届かないようなところに掃除機をかけたいのなら、コードありがいいですよね。

しかし、途中でバッテリーが切れてしまったりなど、コードがある掃除機に比べて手間がかかる部分もあるでしょう。

そんな時には、パナソニック社の「ハイブリッド電源掃除機 MC-HS700G」のように、コードありでもなしでも使える掃除機もあるのでおすすめです。


パナソニック ハイブリッド方式(交流式・充電式)電気掃除機 MC-HS700G-S メタリックシルバー [並行輸入品]

Supor

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E6%96%B9%E5%BC%8F-%E4%BA%A4%E6%B5%81%E5%BC%8F%E3%83%BB%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%BC%8F-MC-HS700G-S-%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC/dp/B01ABG5Y3K?ie=UTF8&tag=iremono05-22

1 2 3 4 5 6 7