【超エキセントリック!】名優ジョニー・デップのぶっ飛びキャラクター映画作品9選

今年2016年には「アリス・イン・ワンダーランド」の続編、来年2017年には「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編が控えているジョニー・デップの、ぶっ飛んだ濃いキャラクターが印象的な映画を9作品厳選してご紹介します。マッドハッターにジャック・スパロウ、エドワード・シザーハンズにウィリー・ウォンカ、どのキャラクターも一癖もふた癖もある強烈で個性的な役柄で、一度見たら絶対に忘れられません!

①クライ・ベイビー(1990)


クライ・ベイビー [Blu-ray]

後の「性格俳優」ジョニー・デップの基礎を作った初主演ミュージカル作品

カルト映画として有名な「ピンク・フラミンゴ」のジョン・ウォーターズ監督の作品で、当時テレビシリーズ「21ジャンプストリート」のアイドル路線で人気だったジョニー・デップが、殻を破るため挑戦した一風変わったパロディ風ミュージカルです。
初主演作品が27歳の時で、しかも高校生の役というのも驚きです!この映画ではジョニー・デップの歌声は吹き替えですが、彼がテンション高めに踊ったりギターを弾いている姿は貴重です。

Cry-Baby (1990) Official Trailer – Johnny Depp, Ricki Lake Movie HD by youtube

【クライ・ベイビーを知るためのキーワード】

〈1〉ウェイド・“クライ・ベイビー”・ウォーカー
リーゼント、マッスルカー、革ジャン、バイクと、いかにも1950年代のアメリカテイストなアイテムだらけのこの作品!舞台はアメリカのボルチモアで時代設定も50年代、ジョニー・デップが演じる主人公“クライ・ベイビー”ことウェイド・ウォーカーもリーゼントと革ジャンという出で立ちで、不良グループ“ドレイプス”のリーダーです。
彼は幼い時に、凶悪犯の父親が電気椅子で死刑になったことで孤児になり、その悲しみのあまり左目からポロっと一粒涙を流すようになりました…それが“クライ・ベイビー”の由来!実は仲間思いで恋人一筋の心優しき不良少年なのです。


〈2〉50年代の不良たちとミュージカル・パロディ
ウェイドが一目惚れするアリソンは金持ちグループ“スクエアズ”のお嬢様で、まるで「ロミオとジュリエット」みたいなお話…と思いきや、監督がジョン・ウォーターズなのでそんな悲恋物語ではありません!
“ドレイプス”の超強烈で個性的な面々、アリソンの意外なはっちゃけぶり、そしてクライ・ベイビーの歌って踊る姿!確かにミュージカル、でも何だかどこか変なのです。
「アメリカン・グラフィティ」や「グリース」のような印象を受けつつも、オマージュなのかパロディなのか、出演者が全員ぶっ飛んでいる絶妙に奇妙なミュージカル作品となっています。

Cry-Baby (5/10) Movie CLIP – King Cry-Baby (1990) HD by youtube

②シザーハンズ(1990)

1 2 3 4 5 6 7 8