思いっきり泣けるドラマ5選!切ない人間ドラマに思わず涙がホロリ・・・。

今回はストレス軽減にも役立つ思いっきり泣けるドラマ5選をご紹介していきたいと思います! あなたは最近泣いていますか?大人になるとどうしても子供の頃のように素直に泣けなくなってしまいます。 しかし悩みがあっても無くても「泣く」という行為は私たちのストレスメーターを下げる効果があると言われています。 泣けるドラマを観てスッキリしたいという方は要チェックです!

「1リットルの涙」


近年の連続ドラマの中で秀作といって名高い作品といえば、若き日の沢尻エリカ主演「1リットルの涙」です。

木藤亜也の同名書籍が原作となり実話を元に制作されました。
またキャストは異なりますが、映画化もなされているようですね。

このドラマは主人公、池内亜也(沢尻エリカ)が突然「脊髄小脳変性症」という難病を発症したことから物語は始まります。

亜也はどこにでもいる15歳の女子中学生。バスケット部に所属し、高校受験を控えていました。

しかしそんな平凡な日常は予期せぬ病魔という衝撃的な現実と共に打ち砕かれてしまうのであります。

中学3年生の少女に突如突きつけられた命の期限・・。
この計り知れない不安は彼女だけでなく、一緒にいる家族にも襲い掛かることとなるのです。

病気の戦う一人の女性の姿に涙

「脊髄小脳変性症」とは小脳、脳幹から脊髄にかけての神経細胞を破壊、そして消失していく難病で、発症者は10万人に7人ほどなのだとか。

残念ながら現代の医学では完治する方法が見つかっていないともいわれています。

しかしこのドラマの素晴らしい所は、それでも明るく前向きに必死で病気と闘う亜也の姿にありました。

だんだんとその時が近づいてきていることを、付けている日記の字でも表現されていることにリアルを感じます。

そしてこうした世間にあまり知られていない難病を知ると共に女優、沢尻エリカの凄さにもぜひ注目してみてください。

このドラマを名作へと導いたその確かな演技力に驚かされることでしょう!

泣いて、泣いて、泣き崩れたい人には特におすすめしたいドラマです。

「星の金貨」


言わずと知れた不朽の名作。大沢たかお、酒井法子、竹野内豊の3人が主演を務めました。

物語は看護見習いの倉本彩(酒井法子)と医者で腹違いの兄弟である長男、永井秀一(大沢たかお)と次男、永井拓巳(竹野内豊)からなる複雑で切ない純愛ラブストーリーです。

生後間もなく捨てられた天涯孤独な彩は耳と口が不自由な女性。
住み込みをしながら看護見習いとして働いています。
そこへ東京から若き医師、秀一が赴任してくるのです。
この二人の出会いこそが今後の人生を、より複雑なものへと導くのです。

初めは警戒していた彩ですが、彼女のハンディキャップのことなど気にしたそぶりも見せず、一人の女性として接してくれる秀一に次第に惹かれていくのでありました。

手話を用いて優しく語りかけてくれる秀一の穏やかなまなざしは、今まで壮絶な人生を歩んできた彩にとってかすかに掴みかけた幸せな光でした・・彼が東京へ戻るまでは。

1 2 3 4