コーヒーをもっと美味しくする入れ方を伝授致します!

忙しい朝のひと時、仕事や家事のちょっとした休憩時にコーヒーを飲んだことがありますか。 コーヒーの独特なあの香りが気持ちを落ち着かせてくれますよね。 今やコンビニでもその場で引いた豆で本格的でとても美味しいコーヒーが飲めるようになりました。 あの味を家で飲みたいと思いませんか? そんな方は必見!入れ方一つでいつも飲んでいるコーヒーが格別に美味しくなるんです。 その入れ方をご紹介いたしましょう。

コーヒーの種類

3つのタイプのコーヒー

コーヒーには大きく3つのタイプに分けられます。
豆がすでにひいてあるインスタントコーヒー、一杯ずつ抽出できるドリップタイプ、豆のままで使うときにひくレギュラーコーヒー。


インスタントコーヒーですね。コンビニやスーパー等どこにでも売ってます。簡単に作れて便利ですよね。


ドリップタイプ。カップに取り付けて作れる優れものです。コーヒーの粉が一人用に小分けされているので作るのが簡単です。


これがコーヒー豆。この豆を挽いて作るのがレギュラーコーヒー。香りが抜群にいいんです。

それぞれ入れ方が違いますので、ちゃんとマスターして美味しいコーヒーを作りましょう。

入れてみましょう!!

インスタントコーヒー編

手軽にすぐ飲めるのはインスタントコーヒーですね。

最初にカップは温めておいてください。

大体ティースプーン一杯分(2gぐらい)のインスタントコーヒーを入れて140~150CCぐらいのお湯を注ぎます。

濃い薄いの好みがあるかと思いますのでコーヒーの量は調整してみてください。

飲むときは熱すぎない温度で。ミルクや砂糖をいれてもおいしいですね。

注意としてはインスタントコーヒーは湿気は厳禁なので、使うときは乾いたスプーンで。また開封後は中フタシールはきちんと取り除いてからキャップをしっかり締めてくださいね。


このように少しだけ開けておくのはいけません。全て中フタシールは取り除いてください。

ここで小耳情報。
インスタントコーヒーをカップに入れた後、極少量の水を入れコーヒーを練ってからお湯をいれるとさらに美味しくなりますよ。ためしてみてください。

ドリップタイプ(一個抽出型)コーヒー編

ドリップコーヒーはよく贈答品とかでも送られてくるので家にある方は多いかもしれませんね。

ペーパードリッパーをまずパッケージに書かれてある組立方に沿って正しくカップに取り付けてください。


お湯を一気にそそぐのではなく少量のお湯を含ませてから10秒前後ぐらい蒸らしてください。

その後2~3回に分けてお湯を注いでください。


注意としてはやはりカップはあらかじめ温めておくことと沸かしたてのお湯を使った方がよりおいしいかと思います。

本格派レギュラーコーヒー編

レギュラーコーヒーはまず、器具が必要になりますね。
ドリッパー・ペーパーフィルター・サーバー・ポットでしょうか。


サーバーといわれるものです。これはオーソドックスなタイプですね。

1 2