b14709a4-009e-4472-a5f9-2373433b1841

夏も冬にも訪れたい網走の観光スポット15選!真っ青な大空に映える流氷が素敵♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

網走というとまず思い浮かぶのが「網走刑務所」ではないでしょうか。 なんとなく暗い印象のする地名ですが、網走という街はイメージとは異なり、実際は北海道らしい明るく雄大な大自然が残っている地域です。 また網走はオホーツクの海の幸・北の大地の山の幸が堪能できるところでもあります。 ここでは網走を代表する観光地を15選んでご紹介いたします。 ぜひ網走の雄大な自然と味覚を満喫してくださいね。

1.能取岬

能取岬灯台

b14709a4-009e-4472-a5f9-2373433b1841
http://tontokaimo.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_ce3/tontokaimo/IMG_1172-a29f9.JPG?c=a0

網走市の北10kmほどの地、真っ青に透き通ったホーツク海に突き出した緑豊かな能取岬!
網走を代表する観光スポットとなっています。
岬の先端の断崖の上には八角形の白と黒のモノトーンの灯台が、凛とした美しい姿で立っています。

牛が放牧されるのどかな風景


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a7-32/chi_hiro_yuki/folder/481316/78/6820578/img_2?1347760720

夏は岬の周囲には牛や馬が放牧され、のんびりとした風景が広がります。
能取岬を周遊する「岬の道」はオホーツク海、能取湖、田園風景などさまざまな景色を楽しめるドライブウェイとして人気があります。

接岸する流氷


http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/4655e826bbf227185a950c712547034e4a63290a.93.2.9.2.jpeg

能取岬はオホーツク海に抱かれ、東に知床連山の峰々が連なるすばらしい眺望!
冬になると一面氷の世界となり、能取岬は流氷見物の名所にもなります。

能取岬の基本情報

名称:能取岬
住所:網走市美岬
電話:0152-44-5849(網走市観光協会)
アクセス:車でJR網走駅から約20分

http://abashiri.jp/tabinavi/02spot/notoromisaki.html

2.天都山

天都山展望台からの一大パノラマ


http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/306c7cd2ce20884fe8f0d2969a7222abb528c7b9.93.2.9.2.jpeg

天都山は網走市の南西にある207mの低い山。
山頂の展望台からは東に濤沸湖や遠く知床連山、南に阿寒の山々、北にオホーツク海、西に能取湖・網走湖などを眺望する一大パノラマが広がります。
1938年には国の名勝にも指定されています。

「感動の径


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/994/63/N000/000/000/_MG_5043.jpg

「感動の径」は網走市から天都山へと向かうルート。
雄大な北海道らしい農村風景が、訪れる人の目を楽しませます。
ジャガイモの白い花が一面花を開き、山吹色の小麦畑と緑のビート畑が区分けされ、素晴らしいコントラストが続きます。

天都山の基本情報

・名称:天都山
・住所:網走市天都山
・電話番号:0152-44-5849(網走市観光協会)
・営業時間:常時開放
・駐車場:150台(無料)

http://www.ryuhyokan.com/museum/index.html

3.オホーツク流氷館

オホーツク流氷館の外観


http://www.360navi.com/photo/01hokaido/09abashiri/04okhotsk/10photo22.jpg

天都山山頂には流氷をテーマにしたオホーツク流氷館が設置されています。

「流氷」と「クリオネ」


https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a6/130713_Okhotsk_Ryu-hyo_Museum_Abashiri_Hokkaido_Japan05s.jpg/1280px-130713_Okhotsk_Ryu-hyo_Museum_Abashiri_Hokkaido_Japan05s.jpg


http://find-travel.cdn-dena.com/picture/articlebody/113731

オホーツク流氷館には5つの展示場があります。
本物の流氷に触れたり、流氷の天使といわれる「クリオネ」を観察したり、マイナス15度のシバレを体験したりすることができます。

オホーツク流氷館の基本情報

・名称:オホーツク流氷館
・住所:北海道網走市字天都山245-1
・電話番号:0152-43-5951
・営業時間:8:00~18:00 (11~3月は9:00~16:30、12月29日~1月5日は10:00~15:00)
・休業日:12月29日~1月5日
・料金:大人540円 / 高校生430円 / 小中学生320円
・アクセス:JR網走駅より網走バス天都山行きで12分

http://www.ryuhyokan.com/

4. 濤沸湖(とうふつこ)

のんびりした放牧風景が広がる濤沸湖


http://www.tofutsu-ko.com/image/lake03.jpg

濤沸湖は網走市と小清水町の間にある海跡湖、斜里岳を望む地にあります。
この湖はオホーツクの海水が混じり様々な動植物生息する好環境で、ラムサール条約にも登録されています。
初夏になるとヒオウギアヤメやハマナス、センダイハギなどの咲き誇るお花畑となり、湖畔では牛や馬がのんびりと放牧されるのどかな風景が広がります。

渡り鳥の中継地ともなる濤沸湖


http://www.tofutsu-ko.com/image/lake01.jpg


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-f5-e4/ruro_jin2007/folder/680797/18/34642918/img_2?1223276419

晩秋になると遥かシベリアからオオハクチョウやカモなどの渡り鳥が飛来します。

濤沸湖水鳥・湿地センター


http://www.abakanko.jp/seen/images/shichicenter02.jpg

白鳥公園に隣接する地あって、周辺の自然や文化などについてのさまざまな展示がされています。
バードウォッチングに最適の地です。

濤沸湖水鳥・湿地センターの基本情報

・名称:濤沸湖水鳥・湿地センター
・住所:北海道網走市字北浜203−3
・電話番号:0152-46-2400
・営業時間:9:00~17:00
・休業日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月31日~1月5日)
・料金:無料
・アクセス:網走市中心部から車で国道244号を南東へ約15分

http://www.tofutsu-ko.jp/lake-tofutsu/

5.流氷


http://hokkaido-labo.com/wp-content/uploads/2014/11/8ea1eac8215d88bfac74980556e4614f.jpg

流氷は夏の間は天都山山頂の「オホーツク流氷館」でしか体験することができませんが、冬は海岸に出れば直接見て触れることができます。
1月下旬から2月にかけて北海道のオホーツク海沿岸海岸に接岸します。
氷塊にアザラシが遊び、オジロワシがゆったりと空を舞う姿を見れば、北の海にいることを実感できることでしょう。

流氷砕氷船「おーろら」


http://hokkaido-labo.com/wp-content/uploads/2014/11/3f46a86405fd1e2b690105a448a301c1.jpg

海岸から見るのも良いですが、砕氷船「おーろら」に乗れば流氷の醍醐味を味わえます。
流氷を砕き進むと氷と船が激しくぶつかって振動し迫力は十分!
流氷が漂う海を間近に見れば、新たに感動することでしょう。

網走流氷観光砕氷船「おーろら」の基本情報

・名称:網走流氷観光砕氷船 「おーろら」
・住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東107番地
・電話番号:(0152)24-2147
・料金:硫黄山航路…大人3,100円
・所要時間:約1時間半

https://www.ms-aurora.com/abashiri/index.html

6. 呼人半島

ミズバショウの群生


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-59-2b/clematis_gdn/folder/1848385/39/68297839/img_6?1372645007

網走の西側にある網走湖に突き出した半島が呼人半島。
ここではでバードウォッチングを楽しんだり、群生するミズバショウを満喫することができます。
散策路の入り口には国内最大級の約50ヘクタールミズバショウの群生地があります。
春になり雪解けともに純白の花が一斉に花を開き、訪れる人を喜ばせてくれます。

バードウォッチング


https://cdn.kaumo.jp/element/8681aa2d-cbf1-4627-ad8a-cdff3b9163f3.jpg?w=700&h=700&t=resize&q=90


http://www.pref.hokkaido.lg.jp/image.jsp?id=63939

この半島には木道が設置されていて、散策しながら野鳥を観察することができます。
大自然が色濃く残る遊歩道をゆったりと散策すれば、都会の喧騒を忘れきっと心が洗われることでしょう。

呼人半島の基本情報

・名称:呼人探鳥遊歩道
・住所:北海道網走市呼人
・電話番号: 0152-44-6111(網走市観光課) 
・アクセス:網走バスターミナルまたは網走駅から美幌線を利用し養護学校入口下車。

http://abashiri.jp/tabinavi/02spot/yobitotanntyouyuuhodou.html

7.網走湖

網走湖のワカサギ釣り


http://abablog.jp/files/IMG_8366.jpg


http://www.hokkaido-life.net/wp/wp-content/uploads/2015/11/wakasagi011.jpg

ワカサギ釣りの聖地といわれる網走湖!
テントの中での釣りですので、寒さもさほど堪えることはありません。
釣りたてのワカサギをてんぷらにして食せば、身も心も温まることでしょう。
北海道の思い出に氷上のワカサギ釣りを是非試していただきたいと思います。

網走湖のワカサギ釣り基本情報

名称:網走湖
住所:網走市網走湖
電話番号:0152-44-5849(網走市観光協会)
期間:1月上旬~3月中旬
料金:遊漁料大人800円、用具・エサ計600円、穴あけ料300円

http://www.abakanko.jp/news/event/wakasagi.html

「あったか網走」


http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/img/event/000011942.jpg


http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/img/event/000011941.jpg

「あったか網走」は、網走湖の氷上で行われる一大イベント。
若い人や家族連れがスノーモービルやスノーダッキーなど冬のアクティビティを満喫します。
夜はライトアップされ熱気球を楽しんだり、氷の滑り台を楽しむ子供たちの歓声が聞こえます。

「あったか網走」基本情報

・名称:網走湖「あったか網走」
・住所:北海道網走市 網走湖畔特設会場(呼人浦キャンプ場周辺)
・電話番号:0152-44-6111(網走市観光課)
・開催日:1月下旬~3月上旬
・駐車場:80台

http://abashiri.jp/tabinavi/01events/ryuhyoslider.html

8.博物館 網走監獄


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tarotsakurako/20120913/20120913113204.jpg


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tarotsakurako/20120913/20120913121030.jpg

博物館 「網走監獄」は明治時代から実在した網走刑務所の野外博物館。
最古の建築物は今からおおよそ109年までのもので、網走湖の周辺の広大な敷地に再現されています。
中には囚人服を着たリアリティある人形も展示されていて、過酷であったであろう監獄での生活が推測されます。
北海道開拓時代の歴史を知るためにもぜひ訪れてほしい博物館です。

博物館網走監獄 の基本情報

・名称:博物館網走監獄
・住所:網走市呼人1-1
・電話番号:0152-45-2411
・定休日:なし
・営業時間:4月~10月 8:00~18:00
      11月~3月 9:00~17:00
・駐車場:有(無料)
・料金:大  人 ¥1,080円(税込)
•アクセス:JR網走駅から博物館網走監獄まで約4km。
      バスで約10分、博物館網走監獄で下車

網走刑務所


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tarotsakurako/20120913/20120913082326.jpg

博物館「網走監獄」を取り上げたら、触れなくてはならないのが現行の網走刑務所。
正門は大正13年にできたレンガ作りの堂々としたもの。
刑務所の前では囚人が作った木工製品などの民芸品が販売されています。

網走刑務所の基本情報

名称:網走刑務所
住所:北海道網走市三眺
電話番号:0152-43-3167
アクセス:網走駅から歩いて約25分
駐車場:あり .
売店:あり

http://www.kangoku.jp/

9.能取湖のサンゴ草


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/994/63/N000/000/000/122541124485316317900.jpg


https://farm6.staticflickr.com/5687/21735528741_7d2192a20c_b.jpg

能取湖は網走市の西方に位置するオホーツク海とつながる塩水湖。
湖畔周辺には初夏には色とりどりの原生花園が広がりますが、南岸の卯原地区はサンゴ草の群生することで知られています。
8月下旬から9月下旬には、能取湖サンゴ草祭りが開催され、青く澄み切ったオホーツクの空を背景にサンゴ草は真っ赤に染まります。

能取湖サンゴ草の基本情報

・名称:能取湖
・住所:網走市字卯原内
・電話番号:0152-45-2411(卯原内観光協会)
・開園期間:8月中旬~10月中旬
・駐車場:無料
・料金:無料
・アクセス:網走駅からバス利用、サンゴ草入口下車

http://www.yukoyuko.net/guide/spot/P01/S010010/SP01211ac2100007899/?id=WG02104

10.北海道立 北方民族博物館


http://m-bike.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2014/11/mbhcc_a1_38/24.jpg


http://yo6.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/07/30/r0086909.jpg

この博物館は天都山にあって北海道のアイヌ文化のみならず、世界の北方民族の文化を展示しています。
建物の正面は北方民族の住宅を連想させ、内部にはテーマ別に分けられた世界各地から蒐集した品々が展示されています。
北欧からグリーンランドまでの北方民族についての展示やビデオが充実し、世界に誇る内容となっています

北海道立北方民族博物館の基本情報

名称:北海道立北方民族博物館
住所:網走市潮見309の1
電話番号:0152-45-3888
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)※7月~9月、2月は無休
営業時間:9:30~16:30(7~9月は9:00~17:00)
駐車場:100台
料金:大人…550円、高校生と大学生200円、中学生以下及び65歳以上は無料

http://hoppohm.org/index2.htm

11.網走「感動朝市」


http://abashiri.jp/tabinavi/picture/event/large/H19-1Img_0875.jpg


http://uu-hokkaido.jp/images/corporate/tourism/abashiri/abakanko/event3.jpg

「感動朝市」とは7月ころから9月ころまで開かれる観光客向けの朝市。
網走漁港の倉庫を利用した会場では網走近辺で取れたばかりの新鮮な水産物や農産物を販売し、多くの観光客が集まります。
食堂では新鮮な刺身が載った海鮮丼をはじめ、カニやホタテなどを堪能することができます。

「感動朝市」の基本情報

・名称:網走感動朝市所在地
・住所:北海道網走市港町4
・開催期間 :夏期限定開催
・アクセス:JR石北本線「網走駅」から車約5分
・電話:0152-43-7670(感動朝市実行委員会事務局 )

http://www.abakanko.jp/news/event/2015asaichi.html

12.「フラワーガーデン はな・てんと」


http://gih2008.com/wp-content/uploads/2015/04/5-13_1.jpg


http://www.hokkaido1.jp/images/gallery/sub/1171-2.jpg

「はな・てんと」は網走の南にある天都山にあるフラワーガーデン。
冬は網走レークビュースキー場となる約 3.5haの斜面は、サルビアやマリーゴールドなど色とりどりの 約8万株のカーペットに変わります。
丘の上の展望台に登ればお花畑だけでなく、はるかオホーツク海や知床連山を望み、近くには網走湖や田園風景を見下ろすことができます。
新鮮なソフトクリームをたべながら花のじゅうたんを散歩すれば、心身ともに生き返ることでしょう。

「フラワーガーデン はな・てんと」の基本情報

名称:「フラワーガーデンはな・てんと」
住所:網走市呼人15-2
電話番号:0152-44-6111(網走市観光課)
開花期間:8月中旬~10月中旬
定休日:なし
営業時間:6:00~20:00
駐車場:有

http://abashiri.jp/tabinavi/19hanatento/index.html

13. 小清水原生花園


http://www.jinendo.net/wp-content/uploads/%E5%B0%8F%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%8E%9F%E7%94%9F%E8%8A%B1%E5%9C%92%EF%BC%92.jpg


http://pds.exblog.jp/pds/1/201107/12/82/b0172482_9375774.jpg

小清水原生花園はオホーツク海と濤沸湖の間の東西8kmに伸びた海岸草原。
網走から知床に向かう途中にあり駐車場も整備され、知床連山を望む素晴らしい眺望が開けます。


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-cd-3d/kobori_0511/folder/1550065/14/64459114/img_2?1404634249

初夏になるとクロユリやエゾスカシユリ、エゾキスゲ、ハマナスなどの花が黄色や紫などのお花畑となります。
見ごろは6月から7月で、2004年に北海道遺産に登録となりました。

小清水原生花園の基本情報

・名称:小清水原生花園
・住所:北海道斜里郡小清水町字浜小清水
・電話番号:0152-63-4187
・営業期間9:00~17:00 4月下旬~10/31
・休業:11/1~4月下旬
・アクセス:JR釧網本線 原生花園駅前

http://www.stv.ne.jp/webcam/koshimizu/index.html

14.駅の道「流氷街道網走」


http://pds.exblog.jp/pds/1/201408/15/21/b0128821_6231059.jpg

「流氷街道網走」は網走川の河口にある駅の道。
オホーツク海に目をやれば漁船が航行し、かもめが優雅に空を舞います。
ここからはオホーツク海や知床連山を一望することができます。

休憩所には足湯コーナーもあって、ゆったりと浸かれば旅の疲れも取れることでしょう。


http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/2751b0ac4b5624a101371f9a9d939f696efed15e.89.2.9.2.jpeg

「流氷街道網走」では地元特産品や農水産物直売コーナーがあり、新鮮な海の幸・山の幸をお土産にしたり、料理に舌鼓を打つのも楽しみです。
ここには天都山や博物館網走監獄などの観光スポットにも近く、周辺の様々な観光情報を得ることができ便利です。

「流氷街道網走」の基本情報

・名称:「流氷街道網走」
・所在地:北海道網走市南3条東4丁目
・開館時間:9:00~18:30
・休館日:年末年始(12/31~1/1)
・電話番号:0152-67-5007

http://www.hokkaido-michinoeki.jp/data/105/each.htm

15.網走市立郷土博物館


http://2.bp.blogspot.com/-IAJj1B-nrtY/VAPqWxNGxaI/AAAAAAAAA7E/Ejt319KtrYw/s1600/IMG_3805.JPG

網走市立郷土博物館は北海道の建築物に大きな影響を与えた田上義也の設計した美しい建物。
昭和11年に作られた建築物でステンドグラスや調度品がレトロな雰囲気を醸し出しています。


http://f.st-hatena.com/images/fotolife/e/eolith/20101010/20101010022453.jpg

入館すると正面には北海道の代表的な動物であるヒグマ、エゾシカ、キタキツネなどの剥製が出迎えてくれます。


http://cccpcamera.photo-web.cc/My_Picture/Naiyou/Abashiri/P9211370.jpg

展示物は博物館にはモヨロ貝塚から出土した素朴な感じのオホーツク土器や江戸時代からの漁業などの資料、郷土の産業、自然など多彩。
なお網走市立郷土博物館の分館として1996年にモヨロ貝塚館が開館し、モヨロ文化についての展示物を鑑賞できます。

網走市立郷土博物館の基本情報

・名称:網走市立郷土博物館
・住所:網走市桂町1丁目1-3
・電話:0152-43-3090
・開館時間:5~10月は9:00~17:00、11~4月は9:00~16:00
・休館日:夏期間は無休、11~4月は月曜・祝日、年末年始
・料金:大人100円、小中学生50円

https://www.city.abashiri.hokkaido.jp/270kyoiku/050kyoudo/

走周辺の観光スポットのまとめ

以上網走周辺の観光スポットを15選んでご紹介いたしました。
オホーツク海に抱かれた網走は他にも見所がほかにもイッパイあります。
厳しい冬をとっぷりと満喫するのも良いですが、寒い時期を抜けると緑の大地が出迎えてくれます。ぜひ四季折々の網走を堪能してください。
駆け足で回ることもできますが、じっくりと余裕を見て廻れば、きっと新しい発見があり思い出に残ることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします