【恋愛編】おすすめの短編小説4選!ロマンティックな気分になりたい♡

あなたは小説を読んでロマンティックな気分になりたいと思ったことはありませんか。一度でも思ったことのあるあなたにオススメの恋愛短編小説を4つ紹介します!これを読むと今すぐにでも恋愛してみたいなという気分になりますよ♡ワクワクドキドキの小説を読んでみてください。

①夜のピクニック

高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するためにー。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

本屋大賞を受賞した永遠の青春小説

主人公の甲田貴子と西脇融を中心に描かれた青春群像に、自分のその時代と思い出させるようなどうしようもなく重なってしまう友人たちの特徴。

夜を徹して80㎞をただ歩く、北高の「歩行祭」で、貴子の胸に秘めた想いが、どう展開するのかもわからない、恩田さんがとても鮮やかに描き分ける、高校3年生たちのどの人物像も見所です。

自分自身の過去の友達が重なってきて胸に迫るものがありますよ。

http://books.rakuten.co.jp/rb/4099707/

②いちご同盟

中学三年生の良一は、同級生の野球部のエース・徹也を通じて、重症の腫瘍で入院中の少女・直美を知る。徹也は対抗試合に全力を尽くして直美を力づけ、良一もよい話し相手になって彼女を慰める。ある日、直美が突然良一に言った。「あたしと、心中しない?」ガラス細工のように繊細な少年の日の恋愛と友情、生と死をリリカルに描いた長篇

1 2 3 4