名作を読んでみよう♡おすすめ海外小説4選

あなたは海外小説をよく読みますか?知ってるようで知らない海外小説の世界。そこで今回は多くの人に読んでもらいたい名作を厳選して4つ紹介します。読み出したら眠れなくなるほどハマってしまうかも。

①ジョナサン・スウィフト ガリバー旅行記

小人たちの国、巨人たちの国、空飛ぶ島の国、馬たちの国…イギリスに妻子を残し、懲りずに旅を続けたガリバー。彼が出会ったおとぎの国々を、誰もが一度は夢見たことがあるだろう。子供の心と想像力で、スウィフトが描いたこの奇想天外、ユーモアあふれる冒険譚は、けれどとびきり鋭く辛辣に、人間と現実社会をみつめている。読むたび発見を新たにする、冒険旅行小説の歴史的名著。抜群に読みやすい新訳版。

冒険旅行小説の歴史的名著!

もともと社会風刺として書かれた小説で、よくある冒険記のようにストーリー重視の小説ではないのが特徴です。

歪んだ人間が歪んだユーモアで描いている、歪んだ社会と人間の批判って感じが多くの人を惹きつけます。

ヤフーとフウイヌムの国を読み終えた時、それでも自分の欠陥卑しさ悪徳蛮性を認めない人間なんているのだろうか。

信念に従い自分の寿命を自ら削りながら、全ての人間を傷つけていくスウィフトの勇ましさには学ぶところが感動を呼ぶところでもあります。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%98-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%88-ebook/dp/B015GMOHFK?ie=UTF8&btkr=1&ref_=dp-kindle-redirect

1 2 3 4 5