カーテンタッセルの作り方をマスターしよう♪

お部屋の雰囲気を替えたいと思ったときに、カーテンを取りかえるのは費用もかかってちょっと大変です。でも、どうしても雰囲気を変えたい方におすすめしたいのが、カーテンタッセルを付ける方法です。カーテンタッセル1つでお部屋の雰囲気がガラリと変わります。そんなカーテンタッセルは自分で作ることもできるので、ぜひ作り方をこの機会にマスターして作ってみませんか?季節の変わり目ごとに付け替えて楽しむのも良いですね♪

カーテンタッセルとは?

「タッセル」とは、房や房飾りのことを言い、「カーテンタッセル」は、房や房飾りのついたカーテンをまとめて束ねておくためのアイテムのことを言います。
ただ、カーテンを実用的に束ねておくだけでなく、お部屋やカーテンのアクセントとして使われます。

カーテンで言う「タッセル」とは、カーテンを束ねておくためのひもや房飾りのことで、装飾ポイントの重要なアイテムと言えます。

カーテンタッセルをリメイクしてみよう♪

既成のアイテムを組み合わせてリメイクすることで、簡単にカーテンタッセルを作ることができます。

既成のカーテンタッセルをリメイクする!

ベースとなる既製品のカーテンタッセルを準備して、お好きなコサージュを取り付けるだけでこんなに華やかなカーテンタッセルが完成します。

http://item.rakuten.co.jp/konpo/885528/?scid=af_pc_etc&sc2id=300014810

ロープにスターフィッシュを付けてリメイクする!

セリアのロープの端をほぐしてタッセル状にして、スターフィッシュをアクセントに取り付ければ、マリンなカーテンタッセルが完成します。

リボンにイニシャルパーツを付けてリメイクする!

黒いリボンにイニシャルパーツを取り付けて、大人のフレンチシャビーシックなテイストを感じさせるカーテンタッセルの完成です。
リネンのカーテンとの相性抜群ですね。

「タッセル」部分の作り方

「タッセル」と言われる房飾り部分の作り方をマスターしましょう。
基本をマスターすれば、素材や色を変えることで色々なカーテンタッセルを作ることができます。

1.準備するもの

1 2 3