横浜の夏は5つの花火大会がおすすめ!都会派ものんびり派も満足の打ち上げ花火

横浜市内で開催される、おすすめの夏の花火大会5選を紹介します。 横浜では夏になると小規模ながら毎週のようにどこかしらで花火大会が開催されます。 病みつきになってしまう打ち上げ花火。交通の便も良い横浜の花火大会なら、アクセスしやすくて頻繁に見に行けそうですね。横浜の花火大会は都会的で洗練された花火が打ちあがることも多く、他の花火大会とは一味違います。おすすめの横浜花火大会、参考にしてみてください。

1.横浜スパークリングトワイライト(中区山下公園)

7月16日(土)・17(日)※2016年予定

横浜スパークリングトワイライトは、2012年から毎年恒例になっているイベントです。

横浜のメインスポットである山下公園周辺で、花火大会をはじめ、パレードやステージライブ、港町らしい海難レスキューデモなどのパフォーマンスを楽しめる他、シーサイドレストラン&バーのような飲食店も出店されます。

打ち上げられる花火は、約3,000発。30分ほどの花火大会ですが、ライトアップされた氷川丸や屋形船、イルミネーションでデコレートされた水上ボートなどとの光の競演は、横浜スパークリングトワイライトならではの見どころです。

会場となる横浜のみなとみらい地区は、普段から夜景が美しいエリア。場所によっては、赤レンガ倉庫やレインボーブリッジに映える打ち上げ花火を見ることもできます。

幻想的な光景に、ほんの短い時間が永遠に感じられるかもしれません。

横浜スパークリングトワイライトでのパレードは、2種類。昔から海外の船を迎えてきた港町ということから、日本と世界の友好をキーワードに掲げた陸上でのパレードが1種類。世界各国の民族衣装に身を包んだ参加者達が、横浜の街を練り歩きます。

もう1種類のパレードは、海上にて。横浜港で働く船のパレードとシーカヤックパレードが行われ、横浜ならではのユニークなパレードを見せてくれます。色とりどりのシーカヤックが海上を規則正しくパレードする光景には、思わず目を奪われます。

横浜スパークリングトワイライトの情報

■会場:山下公園およびその周辺・公園前海上
■問い合わせ電話番号:045-681-2353(横浜スパークリングトワイライト実行委員会運営事務局)
■打ち上げ時間:19:30~20:00
■アクセス:
・みなとみらい線「元町・中華街駅」出口4より徒歩約3分
・JR根岸線「関内駅」南口より徒歩約20分
・JR根岸線「石川町駅」中華街口より徒歩約15分
■開催日:7月中旬(2016年は7月16日(土)・17(日))

http://www.y-artist.co.jp/sparkling/

2.花火シンフォニア(金沢区)

7月中旬から10月中旬の毎月数日間

花火シンフォニアは、横浜八景島シーパラダイスで7月から10月まで開催される花火大会です。毎月、数日間連続で花火が打ち上げられるイベントで、夏以外にはゴールデンウィークにも開催されています。

1 2 3 4