a2759d1b-0c65-4c48-81e5-46e64df4abe2

【2016年】関東のおすすめ花火大会9選!迫力満点の花火を見よう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年に見たい関東のおすすめ花火大会を9選紹介します。 真夏の風物詩、花火大会は関東地方でもあちこちで開催されます。 一度は行ってみたかった関東の花火大会なら、早めに情報を押さえておくのがキーポイント! 上手くスケジューリングすれば、毎週のように興奮と感動を味わえるかもしれません。 関東の花火大会で、元気な夏を迎えましょう!

1.第38回足立の花火(東京都足立区)

開催時期:7月23日(土)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-8e-6f/watasihashinya/folder/1243391/67/38313667/img_0

明治時代から続く足立の花火は、100年以上の歴史を誇る関東屈指の花火大会です。

60万人以上もの見物客が訪れるほど注目されていますが、花火の打ち上げ数は約12,000発。

あれ?それほど多くもないような…と侮っていると、ド肝を抜かれます。

12,000発の花火は、たった1時間で打ち上げられるのです。
密度の高さ&スピード感に、圧倒されない人はいません。

同時に何発も打ち上がる花火には、興奮しっぱなし!
そんな花火大会が夏の幕開けに開催されるのですから、見に行けば夏中花火大会のトリコになってしまうのは無理もありません。

足立の花火の情報

■会場:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋〜西新井橋間)
■問い合わせ電話番号:03-3880-5853(一般財団法人足立区観光交流協会)
■打ち上げ時間:19:30~20:30
■アクセス
・JR常磐線・東京メトロ千代田線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス「北千住」

・東武伊勢崎線「梅島」駅・「五反野」駅などから徒歩15分
■開催日:2016年7月23日(土)
http://hanabi.adachikanko.net/38hanabi/

2.葛飾納涼花火大会(東京都葛飾区)

開催時期:7月26日(火)(予定)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-8e-6f/watasihashinya/folder/1243391/38/39149538/img_3?1406300379

足立区並みの打ち上げ数とスピード感で人気なのが、葛飾納涼花火大会です。

寅さんや矢切の渡しで有名な柴又寄りの江戸川河川敷が会場に設定されています。

打ち上げられる花火の数は、12,000~13,000発。
ファミリー層の多い葛飾区らしく、地域に因んだこち亀の両さんなどのキャラクター花火もお楽しみです。

1時間ほどの間に10ステージもの演出が繰り広げられるので、瞬きする暇もないかもしれません。

当日は、柴又川の江戸川河川敷は人でいっぱい。
のんびり眺めたいなと思ったら、対岸の千葉県松戸市側に行ってみるのもオススメです。

葛飾納涼花火大会の情報

会場:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
問い合わせ電話番号:03-6758-2222(葛飾区コールセンター)
打ち上げ時間:19:20~20:20
アクセス:JR常磐線各駅停車:京成金町線「金町」駅から徒歩15分、京成柴又線「柴又」駅から徒歩10分
開催日:7月26日(火)(予定)

http://www.katsushika-kanko.com/

3.鎌倉花火大会(神奈川県鎌倉市)

開催時期:7月20日(水)

http://tabinoteitaku.jp/wp-content/uploads/2014/03/278a0624ddd94735c39b16477e69a556.jpg

地元で出た廃材などを用いて火薬を作り、環境に配慮した花火大会を行っていることで一目置かれている鎌倉花火大会。

2015年は高波のため中止になってしまっただけに、2016年の開催を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

関東での海上花火大会は限られており、都内で大人気だった東京湾大華火祭が2016年からしばらく休止になってしまうことから、鎌倉花火大会には一層の期待が寄せられています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5a/09/384ba0f02328f20de8ba5212f7b8edb3.jpg

鎌倉花火大会といえば、船から投げ込まれる水中花火が見もの。

天空に上がる花火とは一味違い、水上に半円に花開く様に歓声が上がります。

海水浴場でもある浜辺だけに、水着で花火を見物するチャンスです!

第68回鎌倉花火大会の情報

■会場:鎌倉海岸(由比ヶ浜海岸/材木座海岸)
■問い合わせ電話番号:0467-23-3050(鎌倉市観光協会内)
■打ち上げ時間:19:20~20:10
■アクセス
・JR 横須賀線「鎌倉」駅から徒歩15分
・江ノ島電鉄「由比ヶ浜」駅・「和田塚」駅から徒歩5分
■開催日:2016年7月20日(水)19:20~20:10
※雨天・荒天・高波の場合は翌日21日に順延。
 両日ともに開催出来ない場合は中止。

http://www.kamakura-info.jp/

4.隅田川花火大会(東京都台東区)

開催時期:7月26日(土)(予定)

http://mitoken.asia/blog/images/2012/07/120729-1.jpg

毎年、100万人近い人出でにぎわう、隅田川花火大会。

テレビ中継も恒例で、関東では知らない人がいないというくらい有名な花火大会です。

2016年の予定は第39回とはいえ、隅田川の花火のルーツは江戸時代にまで遡るほどの歴史の長さ。

東京の三大花火大会の1つに数えられるのも納得です。

毎年、約20,000発の花火が打ち上げられ、両国に縁のある花火業者と全国の優秀な業者が合計10社ほどで花火コンクールを競い合うのも見どころです。

http://tokyo-hotels.jp/hanabi/images/hanabi_main.jpg

既に定着したスカイツリー越しに花火を見られるのも、隅田川花火大会の新名物といえそうです。

ライトアップされたスカイツリーに、江戸の伝統花火が見事にマッチング。
どことなくSFチックな光景を目前にして、外国人観光客もエキサイティングしています。

隅田川に浮かぶ屋形船からの花火見物は、早めの予約が必要。
打ち上げポイント周辺は人出が多いので、少し離れた場所から見上げてみるのもいいかもしれません。

隅田川花火大会の情報

■会場:隅田川桜橋下流~言問橋上流、駒形橋下流~厩橋上流
■問い合わせ電話番号:03-5246-1111(隅田川花火大会運営本部)
■打ち上げ時間:19:05~20:30
■アクセス
・東京メトロ・都営線・東武線「浅草」駅から徒歩15分

・都営線「蔵前」駅から徒歩5分
■開催日:7月26日(火)(予定)

http://sumidagawa-hanabi.com/

5.芦ノ湖夏まつりウィーク花火大会(神奈川県足柄下郡箱根町)

開催時期:7月31日(日)~8月5日(金)

http://www.hoshinoresort.com/images/2015/05/9026966s.jpg

芦ノ湖夏まつりは、1,000年以上続く箱根神社の祭事として、7月31日の湖水祭を皮切りに行われる一連のお祭り週間です。

湖水祭は、芦ノ湖の守り神である九頭龍を奉る祭事。

この日から、4日間に渡って合計約10,000発の花火が打ち上げられます。

普段は夜間に出ることのない遊覧船や海賊船が運行し、湖上の花火を船の上から眺めることも可能です。

宿泊して、お部屋からのんびり花火を見られるホテルもありますよ。

芦ノ湖夏まつりウィーク花火大会の情報

■会場:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根
■問い合わせ電話番号:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)
■打ち上げ時間:20:00~20:30
■アクセス
・箱根登山鉄道「箱根湯本」駅から箱根登山バスまたは伊豆箱根バス元箱根港・箱根町行きで40分

・元箱根港下車すぐ
■開催日:7月31日(日)~8月5日(金)

http://www.hakone-ashinoko.net/special_page002.html

※リンク先は、2015年の公式サイトです。

6.江戸川区花火大会&市川市民納涼花火大会(東京都江戸川区・千葉県市川市)

開催時期:8月6日(土)

e61ee445-23e3-4606-a039-442d86fc8abc

江戸川区花火大会と市川市民納涼花火大会は、国内でも珍しい川の両岸で同時に開催される花火大会です。

開催日がかぶっているわけではなく、江戸川区と市川市が共同開催をしています。

打ち上げられる花火の総数は、国内最大級の14,000発。

テーマに沿ったBGMがかかり、ストーリー性のある花火が展開されます。
オープニングの5秒1,000発打ち切りからして壮観で、ハートを撃ち抜かれること間違いなしです。

市川市側の花火も、盛大!

江戸川区花火大会&市川市民納涼花火大会の情報

■会場:江戸川河川敷(都立篠崎公園先・千葉県市川市大洲3丁目地先)
■問い合わせ電話番号:03-5662-0523(江戸川区花火大会実行委員会事務局)
■打ち上げ時間:19:15~20:30
■アクセス
・都営新宿線「篠崎」駅から徒歩15分

・JR総武線「市川」駅から徒歩15分
■開催日:8月6日(土)

https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/

※リンク先は、2015年の情報です。

7.足利花火大会(栃木県足利市)

開催時期:8月6日(土)

http://eventsearch.jp/eventimg/event1/yui_14678.jpg

明治時代から100年以上続く花火大会で、関東の花火大会で101回以上の題目が付くのは足利花火大会のみ。

規模も壮大で、20,000発の打ち上げ花火が上がるのを見に、35万人以上の見物客が集まります。

打ち上げ時間も、2時間近くとたっぷり。
フィナーレの大ナイアガラの迫力にスターマインが競演する様には、興奮&感動がマックスに押し寄せます。

http://yataijyouhou.com/wp-content/uploads/2015/04/6f89fe07a55500c849f427f8aa9cf1f9_s-e1430403170183.jpg

足利花火大会は、屋台の数がスゴイことでも有名です。
土手沿いにズラリと並ぶ屋台は、まるで異国の風景のよう。
美味しい屋台フードをいっぱい買い込んで、花火を堪能しましょう!

足利花火大会の情報

会場:渡良瀬川田中橋下流河川敷
問い合わせ電話番号:0284-21-1354(足利商工会議所)
打ち上げ時間:19:00~20:45
アクセス:JR両毛線「足利」駅から徒歩5分
開催日:8月6日(土)

http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/page/ashikaga-hanabi.html

※リンク先は、2015年の情報です。

8.熊谷花火大会(埼玉県熊谷市)

開催時期:8月上旬

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-69-0b/keisuke55keisuke/folder/1347838/04/41658504/img_1?1408200825

熊谷花火大会の特徴は、約10,000発打ち上げられるの中にメッセージが込められていること。

結婚や誕生日など、お祝いのメッセージを花火で伝えることができます。

そんなアットホームな花火の打ち上げもありながら、花火業者によるスターマインコンクールも開催。

花火も盛大ですが、300~500集まるという屋台の数も圧巻です。

夏のイベントは、これでなくっちゃですね。

熊谷花火大会の情報

■会場:荒川河畔(荒川大橋下流)
■問い合わせ電話番号:048-524-1111(熊谷市商業観光課観光振興係)
■打ち上げ時間:19:00~21:00
■アクセス
・JR「熊谷」駅南口・秩父鉄道「熊谷」駅から徒歩5分
■開催日:8月上旬(2015年は8月8日)

http://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/matsuri/kumagayahanabitaikai/

※リンク先は、2015年の情報です。

9.幕張ビーチ花火フェスタ(千葉県幕張市)

開催時期:8月上旬

6afaf28a-2586-4bd1-b568-c6b17f0dc36d

タレントのグっさんが歌う公式ソングまである、幕張ビーチ花火フェスタ。

千葉県内では最大級の15,000発が、1時間の間に一斉に打ち上げられます。
中には、海上花火もあり。

全国花火競技大会で優勝したオリジナル花火やフィナーレの10分間3,800発花火、大空中花火など、見どころが満載です。

花火大会に合わせて、お笑いライブなどのイベントも開催され、一日中遊べるのもポイント。
幕張周辺には、ショッピングモールやランチブッフェが人気のホテルも多数。

丸一日遊ぶつもりでお出掛けするのが、オススメです。

幕張ビーチ花火フェスタの情報

■会場:幕張海浜公園(千葉市美浜区美浜1)
■問い合わせ電話番号:(千葉市民花火大会実行委員会)
■打ち上げ時間:19:30~20:30
■アクセス:JR京葉線「海浜幕張駅」から徒歩15分
■開催日:8月上旬(2015年は8月1日)

http://chiba-hanabi.jp/

※リンク先は、2015年の公式サイトです。

関東の人気花火大会の場所取りはお早目に!

2016年に開催予定の関東花火大会情報、いかがでしたでしょうか?

時が過ぎるのは、あっという間。

夏はまだまだ先なんて思っている隙に、花火大会のシーズンがやって来てしまいます。

目当ての関東花火大会は、早めに予定を立てて良い場所を見つけておくのがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします