【北海道】札幌で訪れたい観光スポット15選!美しい街を満喫しよう!

札幌というと雪まつり、札幌オリンピックなど冬の銀世界のイメージが強い街! 一転して春になると、様々な花が待ちかねたように競って花を開きます。 夏は快適に過ごせ、秋になると紅葉が美しく四季折々のシーズンを楽しめます。 今回は札幌を訪れたら、ぜひ訪れたい観光スポットを15選んでご紹介いたします。 春夏秋冬、各季節に訪れ札幌の素晴らしさを満喫してくださいね。

1.さっぽろ雪まつり

大通公園会場


雪まつりは札幌で行われる北海道を代表する雪の祭典!
大通公園とすすき野を中心として行われます。
1950年から始まったお祭りは壮大でロマンティック!
毎年国内外から200万人以上の観光客が訪れます。
初めて雪まつりを見る人はそのスケールの大きさに唖然とするに違いありません。


大通公園は昼間は巨大な雪像が設置され明るい雰囲気!
夜になるとライトアップされイルミネーションが輝き幻想的!
ゆっくりと時間をとれる人はぜひ昼も夜も訪れそのムードを楽しんでください。

すすきの会場


すすきの会場では氷の彫刻が展示され、繊細でまさに芸術品!

雪まつりの基本情報

・名称:さっぽろ雪まつり
・大通会場:大通公園西1丁目~西12丁目
・電話:011-281-6400(さっぽろ雪まつり実行委員会)
・すすきの会場:西4条通りから西6条通りまでの西4丁目線
・期間:2月初旬~中旬

http://www.snowfes.com

2.羊ヶ丘展望台

クラーク博士像


北海道らしい広大な風景が広がるのが羊ケ丘展望台!
北海道開拓の父と言われるクラーク博士の有名な彫像が右手を掲げています。
記念撮影にはベストスポットです。

のどかな風景


札幌ドームや市街地を望み羊が草を食む牧歌的な風景がひろがります。
北海道らしい雄大な景色を体験してみたいと思う人にはおススメの場所。

名物「ジンギスカン料理」


歩き回り疲れたら羊ケ丘レストランで本場のジンギスカン料理!
雄大な景色を眺めながら食べるジンギスカンの味は、忘れられない思い出となることでしょう。

羊ケ丘展望台の基本情報

・名称: 羊ヶ丘展望台
・住所: 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1番地
・電話:(011)851-3080(さっぽろ羊ヶ丘展望台 管理事務所) 
・営業時間:季節によって変わります
      5月〜6月 8:30〜18:00
       7月〜9月 8:30〜19:00
       10月〜4月 9:00〜17:00
・定休日: なし
・アクセス: 地下鉄東豊線福住駅よりで10分ほど

http://www.hitsujigaoka.jp

3.大倉山ジャンプ競技場


1972年の札幌オリンピックの会場として使用された大倉山ジャンプ競技場。
日の丸飛行隊が活躍し、日本中を感動のるつぼに巻き込んだジャンプ台は今もなお健在です!

展望台からの眺望


大倉山展望台からは眼下に札幌市内を、遠く石狩湾を望むことができます。
展望台にはリフトで登れますが、後ろを振り返るとビルが林立する札幌の街がみるみるうちに広がりを見せていきます。
ジャンプ台の近くに立つと驚くような急こう配!
谷底へ飛び込むような恐怖心が先に立ち、ただちにその場から離れたくなります。

1 2 3 4 5 6