本気で泣ける映画!ハンカチ必須の名作洋画ベスト5を紹介

洋画の中から本気で泣ける映画だけを紹介します。思いっきり泣いてすっきりしたい!誰にでもそんな時がありますよね。恋愛悲劇あり、ヒューマニズムありの名作洋画は心から泣ける迫力ストーリが勢ぞろい。感動する名作洋画で思いっきり泣いてすっきりしちゃいましょう!ハンカチとティッシュの用意は忘れずに!

誰にでも「なんだか思いっきり泣きたい!人間だもの!」なんて時がありますよね。

名作洋画には泣ける理由があるんです。
どうにもならない歴史に翻弄される人間模様は、まさに名作映画でいうところの泣きの場面です。
心のモヤモヤを名作洋画で、泣いて一気に解消してしまいましょう。

1. ひまわり


男女の悲しい愛の物語に涙

第2次世界大戦によって引き裂かれた男女の悲しい愛の物語。主演は、イタリアを代表するソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ。第2次世界大戦下、ジョバンナ(ソフィア・ローレン)とアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)は結婚するが幸せもつかの間、アントニオはソ連戦線へ送られてしまいます。終戦後も戻らない夫の行方を追ってジョバンナはソ連へ向かい、アントニオの居所を探し当てました。しかし、戦場で遭難した彼は美しいソ連の娘に助けられ彼女と結婚し、子どもも生まれていたのです。イタリアの鉄道のミラノ駅の風景、広大であふれんばかりのひまわり畑で立ち尽くす妻、美しいヘンリーマンシー二の映画音楽が涙を誘います。泣かずにはいられない名作、イチオシのおすすめです!

1 2 3