実はちゃんと意味がある!ホワイトデーのお返しの品物の選び方♪

大昔のホワイトデーではキャンディーがお返しのデフォだってご存じでしたか?でも今は他にも色々な品物をお返しにあげていますよね。実は、お返しの品物には意味があるんです!それを知らないであげてしまうと、後々面倒なことになる場合も・・・。それを防ぐ為にも、ちゃんとホワイトデーのお返しの意味を覚えておきましょう♪

そもそもホワイトデーって何?

ホワイトデーとは、簡単に言うとバレンタインデーの一ヶ月後にバレンタインデーにチョコをくれた人へお返しを渡す日の事です。

元々諸外国にはホワイトデーという習慣は無く、近年日本で産まれた習慣になります。
1980年3月14日に全国飴菓子工業協同組合がバレンタインデーのお返しに飴を送る日として定めたのが、ホワイトデーの始まり。
まだまだ歴史は浅いのですが、日本ではもうしっかりと習慣として根付いているので、バレンタインデーにチョコを貰ったらきちんとお返しをしましょう!

クッキーにキャンディーにマシュマロ・・・それぞれの意味は?

ホワイトデーのお返しで有名な物は、クッキーにキャンディー、マシュマロの三種。
他にもマカロンやアクセサリー、下着などもお返しとして人気がありますが、まずは基本の三種についてご説明します。

実は、この三種にはちゃんと意味があります。その為、それを知らないでお返しをしてしまうとトラブルの元になりかねないんです!
義理チョコのお返しの時などは、特に気をつけないと大変!しっかりそれぞれの意味を覚えておきましょう。

キャンディーの意味は?

・キャンディー:あなたに好意があります

つまり、本命の人へはキャンディーをお返しするのが正解!
ただ、既に付き合っていて相手の好みが分かっているのであれば、それ以外をあげても大丈夫です。
やっぱり、ホワイトデーを制定したのが全国飴菓子工業協同組合だから本命にはキャンディーってなったのかもしれません。
そのせいか、80~90年代はホワイトデーのお返しと言えばキャンディー!と決まっていたようで、殆どの売り場ではキャンディーが売られていました。
当時お返しでキャンディーを貰った女性も多いのではないでしょうか?

最近のホワイトデーギフトでは焼き菓子の詰め合わせなどもあるので、甘いのが好きな彼女へお返しするのにオススメ!キャンディーだけではちょっと寂しいな、と思ったらこういった焼き菓子のギフトと一緒に渡すのもGOOD!
大抵の焼き菓子ギフトはマドレーヌやパウンドケーキが多くクッキーが入っていない物も多いので本命へのお返しにはもってこいです♪

クッキーの意味は?

・クッキー:友達として好きです

義理チョコのお返しに最適なのがこちら。コンビニ等でも売っていて入手がし易く、種類も豊富なのがとても嬉しいですよね♪
義理チョコは職場や学校でも貰う機会がとても多いので、誤解を招かないようきちんとクッキーでお返ししましょう!
義理チョコで無くても、お付き合いする気がない人からチョコを貰った場合のお返しはクッキーにしておくのが無難です。

1 2 3 4 5