カッパ釣りを楽しんでみませんか!民話のふるさと遠野の観光スポット15選

遠野は岩手県の中東部に位置する人口3万人ほどの街! 酪農や木工業が盛んで、江戸時代には八戸氏の城下町でした。 遠野は周辺に語り継がれた民話を柳田國男が編纂した「遠野物語」で知られています。 のんびりとした街を歩くと、カッパや座敷童子、天狗などが突然現れそう! あなたも民話・伝説のふる里、遠野を訪れてみませんか。 きっと素朴な生き生きとした空気を感じるに違いありません。

1.カッパ淵

#カッパ淵#遠野#カッパ釣り

Naoさん(@naowith7)がシェアした投稿 –

遠野はカッパ伝説で有名、その中でもカッパ淵にはたくさんのカッパが棲んでいたといわれます。
カッパ淵はカッパ狛犬で有名な常堅寺のそばを流れる小川にある淵。
昔武将が馬を洗っていたら、カッパが現れいたずらをしたなど言い伝えがあります。
うっそうと木々が茂るきれいな淵、今にもその水の中からカッパが飛び出して人を驚かせそうな雰囲気があります。

カッパ釣りを楽しむ人とカッパ捕獲許可書

ここでは「きゅうり」を餌に、竿を使ってカッパ釣りをすることができます。
釣りをするには遠野市観光協会が発行するカッパ捕獲許可証が必要です。
しかし残念ながら未だカッパを釣ったという話はないようですネ!

カッパの神を祀る祠

岸辺には夫婦のカッパの神を祀った祠がひとつ建っています。
カッパは乳の神とされ、この祠に願いをすると乳の出がよくなるとも言われています。
カッパに出会ってみたいと思うなら、ぜひ遠野へ行ってみませんか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12