幕末の表舞台に立った会津若松!感動の観光スポット15選

福島県の猪苗代湖のそばにある会津若松市は歴史の街。 大河ドラマ「八重の桜」の舞台になるなど、幕末の歴史を語るときには外せない街です。 会津藩の松平家は薩長連合の維新勢力に対して、徳川幕府のために最後まで戦い抜きました。 悲しみに色塗られた会津若松の美しい街並みを歩けば、きっと深い感動を覚えるに違いありません。 今回は会津若松を訪れたら、ぜひ訪れたい観光スポットを15選んでご紹介いたします。

1. 鶴ヶ城(会津若松城))

再建された赤瓦の鶴ヶ城

会津は戦国時代より要衝として有名な大名が収めてきた街。
鶴ヶ城は難攻不落の城とされ、戊辰戦争では新政府軍の大軍を相手に籠城し戦いました。
1965年に多くの人々の寄付により再建され、2011年には幕末の頃の美しい赤瓦がよみがえりました。

桜とマッチする鶴ヶ城

お城と桜というものは非常に似合うものですが、鶴ヶ城の桜は秀逸!
日本桜の名所百選にも選ばれ、種類が多いので長期間楽しむことができます。

ライトアップされた鶴ヶ城

夜になると1000本もの桜がライトアップされ、お堀に映えて幻想的な姿を浮かび上がらせます。

鶴ヶ城の(若松城)基本情報

・名称:鶴ヶ城(会津若松城)
・住所:福島県会津若松市追手町1-1
・電話番号:0242-27-4005
・営業時間:8:30~17:00
・料金:大人―大人:400円 、高校生以上400円
    子供―子供:150円 、小中学生150円
・アクセス:バス停鶴ヶ城北口県立博物館前より鶴ヶ城までは徒歩6分ほど
・駐車場: 200台(西出丸駐車場)有料、他に120台

http://www.tsurugajo.com/

2.飯盛山

飯盛山は鶴ヶ城の見える標高314mの山。
麓にはお土産屋が並びます。

動く坂道

250円支払って、動く坂道を使えば楽に上れます。

白虎隊自刃の地

飯盛山の中腹にあるのが白虎隊自刃の地!
鶴ヶ城を望む場所にあります。
鶴ヶ城が幕府軍に攻められ落城したと思いこみ、ここで自刃しました。

白虎隊十九士の墓

自刃した白虎隊十九士の墓は同じ飯盛山にあり、線香の絶えることがありません。
無念であったろう少年たちのことを思うにつけ涙を禁じえないでしょう。

会津さざえ堂

会津さざえ堂は正式な名前は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」と言い1796年に飯盛山の中腹に建てられたお堂。
高さは16.5m、六角三層となっています。

らせんのスロープには観音像が安置されていて、順路に従って歩くと三十三観音参りが可能。
このさざえ堂は一方通行になっていて、一度も同じ個所を通ることなくすべての観音像を拝観することができます。
独特の建築様式が認められ、1996年に国重要文化財に指定されました。

戸ノ口堰洞穴

戸ノ口堰洞穴は飯盛山にある洞穴!
400年ほど前に猪苗代湖から会津に水を引くために作られました。

戸ノ口の戦いで維新軍に負けた白虎隊の中二番隊が、鶴ヶ城に帰るためにこの洞穴を利用し通過しました。
しかしその後飯盛山より鶴ヶ城が炎上していると間違えて自刃することとなりました。

1 2 3 4 5